三菱・タウンボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タウンボックスTOWN BOX)は、三菱自動車工業が販売するワンボックス型の軽自動車(軽キャブワゴン)であり、ミニキャブの乗用車バージョンに当たる。

初代モデルは1999年4月から12年7か月間にわたって生産・販売され、一旦は生産・販売を終了していたが、2014年2月にスズキが発売しているエブリイワゴンOEMモデルとして約2年3か月ぶりに復活した。

本稿では、1999年6月から2001年3月に生産されていた普通自動車登録のタウンボックスワイドTOWN BOX WIDE)もあわせて記述する。

初代 U61W/62W型(1999年-2011年)[編集]

三菱・タウンボックス(初代)
U61W/62W型
後期型(2007年12月-2011年11月)
Mitsubishi Town Box.jpg
Mitsubishi Town Box rear.jpg
販売期間 1999年4月 - 2011年11月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバーワンボックスカー
エンジン 3G83型 SOHC12バルブ 直列3気筒 657cc
インタークーラーターボ (RX)
変速機 4AT/5MT
駆動方式 RWD
フルタイム式4WD (RX)
パートタイム式4WD (LX)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,890mm
ホイールベース 2,390mm
車両重量 970 - 1,030kg
先代 三菱・ブラボー
-自動車のスペック表-

概要[編集]

ブラボーの後継として1999年に登場。ミニキャブをベースにしているが、軽ワンボックス車としては初の5ナンバー車となった。初期の広告などでは「T-BOX」、「T-BOXワイド」と呼ばれていた。

駆動形式は、スズキ・エブリイダイハツ・アトレーなどと同様にフロントタイヤが前方に移動し、エンジンを運転席下に搭載するキャブオーバーのフロントエンジンリヤドライブ方式を採用しているが、エンジンルーム後方を若干えぐり後席足元空間を拡大することで差別化を図っている。

リアシートはベンチタイプではなく独立したキャプテンシートとリアラゲッジのウォークスルー機能(タウンボックスワイドで活用された)を装備していた。ブラボーよりも小さなリアシートは快適性に乏しく、後席格納時はカーゴルームに穴ができてしまうことから、2000年のマイナーチェンジで一般的な分割格納型ベンチシートに変更されている。(モトクロスなど二輪車愛好家の中には、格納時にできる穴に二輪車のタイヤを落とし込み安定して輸送できるとして、あえて前期型を探す者もいる)

リアコンビネーションランプは、丸型4灯式が採用されている。さらに通常は一体型が採用されるテールランプ(尾灯)ブレーキランプ(制動灯)がそれぞれ独立しており、これは軽自動車としては唯一の例である。上下に分割された円形のランプが左右で2つずつ横に並んでおり、外側2灯がテールランプとウィンカー(方向指示器)、内側2灯がブレーキランプとバックアップランプ(後退灯)として点灯する。

タウンボックスには、パワーウィンドウやセンターロックなどの快適装備は他のライバル車同様、標準装備だがブラボーに設定されていたスライドドアパワーウィンドウは搭載されなかった。

ラインナップ[編集]

通常グレード[編集]

  • RX - ターボエンジン搭載モデル
    • 1999年のデビュー当時は4気筒DOHC20バルブ・インタークーラーターボエンジン(4A30型)を搭載していたが、グリーン税制や自動車排出ガス規制強化などの関係上、2002年8月に3気筒SOHC12バルブ・インタークーラーターボエンジン(3G83型)に換装される。
  • LX - 自然吸気エンジン搭載モデル
    • 最量販グレード。
  • SX - 最廉価モデル
    • タコメーターやトリップメーターは未装備。2005年12月のマイナーチェンジ時に廃止された。

特装車[編集]

  • キャンパー - キャンピングカー
    • 街乗りにも遠くへの旅にも重宝する軽自動車規格の本格キャンピングカー。標準ルーフ仕様の他に、立って着替えることができる手動開閉式のポップアップルーフ仕様も用意される。また、オプションとして、水ポンプ&タンク、室内照明、サブバッテリー(サブバッテリーチャージャー付)、インバーター、AC100V出力コンセントなどを備えるギャレー&シンクやテーブルカウンターなどが用意されている。2011年12月以降はミニキャブベースに変更となった。
  • ROAR Complete
    • 専用フロントグリルやエアロバンパー、センターパネル専用エンブレムなどを備えるドレスアップ仕様車。

沿革[編集]

  • 1999年4月 - 販売開始。グレードは「RX」・「LX」・「SX」の3種類を用意し、全グレードで4ATまたは5MT2WDまたはパートタイム式4WD、ハイルーフまたはサンルーフが選択可能であった。
  • 2000年1月 - 特別仕様車「セレクト」「セレクトターボ」を追加。
  • 2002年8月 - 「RX」のエンジンが4気筒DOHC20バルブから3気筒SOHC12バルブに、4WDがパートタイム式からフルタイム式に換装される。
  • 2004年10月 - 衝突安全ボディー「RISE」を採用。エンジン改良や新触媒の採用により「LX」と「SX」が平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」認定を取得。あわせて、サンルーフが廃止された。
  • 2005年12月 - 「SX」を廃止。標準装備のオーディオがようやく1DINカセットデッキからCDプレーヤーに変更される。
  • 2006年12月 - サイドミラーをメタリック調のワイド型から本体色のピボットタイプ(縦長)に変更、左ドアミラー下側にアンダーミラーを追加するなどのマイナーチェンジ。
  • 2007年6月14日 - 年間4000台規模で日産自動車へ「クリッパー・RIO(リオ)」の名称でOEM供給。[1][2]
  • 2007年12月20日 - マイナーチェンジ。フロントグリルのデザインを一新したほか、インストパネルを2トーンカラーに変更、撥水・撥油機能付きシート生地の採用、液晶トリップメーターのA・B2区間切替の対応、ボディーカラーに「ドーンシルバー」を追加、「RX」に合成皮革巻ステアリングを採用、運転席シートベルトリマインダーを追加、などの改良を施した。また、追加装備「ラグジュアリーパッケージ」の内容を変更して「エクシードパッケージ」に変更した。
  • 2008年12月19日 - 一部改良
    • 8月 - 5MT車の生産を終了
  • 2009年12月25日 - 一部改良(2010年1月13日販売開始)。インパネとメーターのデザインを一新し、インパネとステアリングホイールにシルバーの装飾を追加。インパネの両側にカップホルダーを新設。オーディオはAUX端子を装備した2DIN AM/FM CDプレイヤーに変更。シート生地もブラウン色に変更し、フロンドドアトリムに生地を装飾。ボディカラーにはオプションカラー2色(ミスティックバイオレッドパール、ホワイトパール)を追加。また、「エクシードパッケージ」を廃止した。
  • 2010年8月5日 - 一部改良。「LX」はエンジンのフリクション低減などの改良により、燃費を向上。ボディカラーは従来の「ミディアムグレーメタリック」に替わり「チタニウムグレーメタリック」を追加した。さらに、5年目以降の車検入庫時に保証延長点検(24か月定期点検相当)を受けることを条件に適用される「最長10年10万km特別保証延長」の対象車種となった。同時に特装車として、軽自動車規格の本格キャンピングカー「キャンパー」を発売した。
  • 2011年11月 - 販売終了。入れ代わりに11月24日にマイナーチェンジしたミニキャブにレジャーユースを想定した「ブラボー」を追加。

タウンボックスワイド[編集]

三菱・タウンボックスワイド
Mitsubishi Townboxwide.JPG
販売期間 1999年6月-2001年5月
乗車定員 6人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバーミニバン
エンジン 4A31型 SOHC 直列4気筒 1.1L
変速機 4AT/5MT
駆動方式 RWD
フルタイム式4WD
全長 3,605mm
全幅 1,535mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,390mm
車両重量 990-1,050kg
-自動車のスペック表-

パジェロJr.トッポBJワイドと共通の4A31型4気筒SOHC16バルブエンジンを搭載して1,100ccとし、樹脂製大型バンパーやオーバーフェンダーを装備して小型乗用車登録として1999年6月に登場した小型ワンボックスカー。ラインナップは1グレードのみで、2WD(後輪駆動)とフルタイム4WDが用意されていた。本家と異なり、カープラザ店でも扱われた。

座席は3列シートで定員は6人であるが、サードシートはタウンボックスのラゲッジスペースに後付けされたかたちで装備されており、折りたたんでサイドパネルに格納可能とした補助席(エマージェンシーシート)のような構造であった。このため実際には4+2である。

オーバーフェンダーを採用しアクの強い顔や補助席のような小振りの3列目シートはユーザーに敬遠されダイハツ・アトレー7発売後は三菱リコール隠しも手伝って販売台数が月間100台以下と低迷した。

1999年7月には、ピレネーブラックパールの車両をベースに、渡辺二巳秀の、エアブラシ技法による手描きスタイル「イルカが雲海を泳ぐ」絵柄が特徴的な「ボディアート・スペシャル」(限定10台)が限定販売された。予約はカープラザ店でのみ、7月の1か月間で受け付けられた。

2000年末にタウンボックスと同時にマイナーチェンジが実施され不評だったサイドブレーキのセンター配置などが行なわれたが、販売台数回復となるグレード追加やフロントフェイス変更など商品強化は一切行なわれなかった。

スズキ・エブリイプラスダイハツ・アトレー7といった新規格軽自動車ベースのリッタークラスのワンボックスカーの先駆だったが、三菱の経営再建を理由に2001年5月に生産中止となり、ライバル2車よりも短い製造期間に終わった。2年間の販売台数は約3,450台。

2代目 DS64W型(2014年 - )[編集]

三菱・タウンボックス(2代目)
DS64W型
販売期間 2014年2月 -
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバーワンボックスカー
エンジン K6A型 DOHC 658cc 12バルブ 直列3気筒 インタークーラーターボ
変速機 4AT
駆動方式 FR/4WD
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,795 - 1,880mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 970 - 1,040kg
製造事業者 スズキ
姉妹車 スズキ・エブリイワゴン(2代目)
マツダ・スクラムワゴン(2代目)
日産・NV100クリッパーリオ(2代目)
-自動車のスペック表-

概要[編集]

2014年2月のミニキャブのフルモデルチェンジに合わせ、約2年3か月ぶりに復活。2代目はスズキ・エブリイワゴンのOEM車種となっており、外見上ではエブリイワゴンからエンブレム類を変更した程度である。リアの車名エンブレムは左上に配置される。

新たに、エアロバンパー(フロント・リア)とスポイラー(サイドアンダー・ルーフエンド)を採用したことでスタイリッシュなエアロフォルムとなり、同時に、フロントグリル・フロントフードガーニッシュ・フォグランプベゼル・ドアハンドルにメッキを採用し、フォグランプやアルミホイールを装備することでより上質な印象としている。

内装色にはベージュを採用。フロント・リアともにセンターアームレスト(リアセンターアームレストはカップホルダー付)を備えたほか、リアシートは150mmの前後スライドとリクライニング機構を備えたことでワゴンとしての快適性を高めた。また、リアシートは初代・後期型同様に分割可倒式となっているが、フロントシートも倒してフルフラットにするなど多彩なシートアレンジが可能となった。収納スペースに関しては、インパネボックス、インパネセンターポケット、運転席リッド付インパネポケット、助手席インパネトレイ、グローブボックス、センターコンソールトレイ、オーバーヘッドコンソールなどを備え、使い勝手を高めている。

装備面では専用リモコンキー、運転席スイッチ、ドアハンドルの3通りの方法で開閉できる電動スライドドア(グレードにより、後席助手席側のみまたは後席両側に装備)と軽い力で全閉できるスライドドアイージークローザーを新たに標準装備。併せて、後席スライドドアに連動して出現・格納し、乗り降りをスムーズにする電動オートステップを上級グレードに標準装備したほか、フルオートエアコン、リアヒーター、運転席シートヒーター(4WD車のみ)も標準装備された。また、キーレスエントリーキー以外の操作でドアを開けるとハザードランプとホーンなどで警告して盗難被害を防ぐセキュリティアラームシステムも採用された。

パワートレインはターボエンジンと4ATの組み合わせのみとなり、エンジンはDOHC化された。

なお、ミニキャブの場合同様、マツダ日産自動車にもOEM供給が行われていることから、日本の自動車市場では稀な4兄弟車種となった。

沿革[編集]

  • 2014年2月27日 - フルモデルチェンジを行い、約2年3か月ぶりに復活[1]
グレード体系は標準ルーフ車の「G(エブリイワゴン「PZターボ」に相当)」とハイルーフ車の「Gスペシャル(同「PZターボスペシャル ハイルーフ」に相当)」の2グレードを設定するが、エブリイワゴンの廉価グレードである「JPターボ」に相当するグレードは設定されない。また、ボディカラーの「ブリーズブルーメタリック」と「ミステリアスバイオレットパール(オプションカラー)」はタウンボックスでは設定されていない。装備内容に関してはエブリイワゴンの各該当グレードに準じる。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]