ホンダ・パートナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パートナー(Partner)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたライトバン型の商用車である。

なお、プジョーが欧州で販売している商用車のプジョー・パートナー(パルトネール)とは無関係である。

初代 EY6/7/8/9型(1996-2006年)[編集]

ホンダ・パートナー(初代)
EY6/7/8/9型
Honda Partner 1996.jpg
販売期間 1996年 - 2006年
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドア ライトバン
エンジン D13型:1.3L 直4 SOHC
D15型:1.5L 直4 SOHC
D16型:1.6L 直4 SOHC
変速機 5速MT/4速AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,570mm
全幅 1,695mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,080-1,190kg
先代 ホンダ・シビックプロ
-自動車のスペック表-


2代目 GJ3/4型(2006-2010年)[編集]

ホンダ・パートナー(2代目)
GJ3/4型
2006 Honda Partner.jpg
販売期間 2006年 - 2010年
乗車定員 2/5名
ボディタイプ 5ドア ライトバン
エンジン L15A型:1.5L 直4 SOHC i-DSI
変速機 5速AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
全長 4,350mm
全幅 1,695mm
全高 1,515mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 FF:1,150kg
4WD:1,220kg
-自動車のスペック表-
  • 2006年3月10日 - エアウェイブをベースに、10年ぶりにフルモデルチェンジをおこなった(同年3月17日発売)。ライトバンタイプで初めて5速ATを搭載した他、乗用車をベースにしたことで、全席パワーウィンドウなどの快適装備やタコメーター、サイドエアバッグ等も標準装備され、このクラスの車種としては異例とも言えるほど装備が充実した(国産ライトバンでは唯一のタコメーター搭載車である)。エアウェイブではトランクを開けるレバーが低く不評であったが、これはナンバープレートと共に上に位置変更されている。搭載するエンジンは、L15A型 1.5L 直4(90PS)を採用。FFは「平成22年度燃費基準+15%」を達成しており、2009年4月から開始している「環境対応車 普及促進税制」にも適合している。
  • 2006年7月20日 - 4WDが追加設定された。
  • 2010年8月末にエアウェイブと共に生産終了。ホンダのライトバンはL700/800から45年、パートナーは14年の歴史に幕を下ろすことになる。これにより、ホンダのラインナップからライトバンが消滅した。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]