ホンダ・エアウェイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・エアウェイブ
GJ1/2型
前期型(ノーマルルーフ仕様)
Honda Airwave.jpg
Honda Airwave Rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2005年2010年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
エンジン L15A型:1.5L 直4 SOHC VTEC
最高出力 110PS/5,800rpm
最大トルク 14.6kgf·m/4,800rpm
変速機 CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
全長 4,350mm
全幅 1,695mm
全高 1,530mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,160kg
燃費 18.0km/L(10・15モード
後継 ホンダ・フィットシャトル
プラットフォーム ホンダ・グローバルスモールプラットフォーム
-自動車のスペック表-

エアウェイブ(Airwave)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたステーションワゴン型の小型乗用車である。

概要[編集]

オルティアの発売終了以降 ホンダに該当する車種がなかった5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴンとして、2005年4月に登場した。燃料タンクを車体中央に配したセンタータンクレイアウトを採用した初代フィットのシャーシをベースに、ホイールベースを100mm延長しており、後席および荷室には余裕のある空間が確保されている。低床であるため荷物の積み下ろしが容易であり、後席を倒す際は座面ごと下に沈んで荷室床をほぼ水平にできるなど、ステーションワゴンとしての使い勝手は優れた車である。

特徴は、流麗なフォルムと前席頭上から後席まで広がる「スカイルーフ[1]で、いつでも青空や星空が見え、開放感が味わえるようになっている。スカイルーフは、プライバシーガラスと熱線吸収UVカットガラスの合わせガラスを採用している。スカイルーフはガラス部分の面積が非常に大きいが、ガラス部分を囲むルーフ部のフレームやテールゲート開口部を囲むフレームなどは閉断面化されており、剛性および衝突安全性を確保している。ちなみにメーカーの衝突実験においては50km/h以上で側面衝突を受けてもスカイルーフのガラスは1度も割れなかった。スカイルーフのないノーマルルーフも存在する。ドアミラーはデザイン上の理由から、S2000用のものが流用されている。

オルティアの姉妹車であったパートナーライトバン)の2代目はエアウェイブがベースとなっているため、オルティアの後継車と思われがちだが、シビックベースだったオルティアと比べ1ランク下の車格にあたるため、実質的には異なるシリーズの車である。

搭載エンジン[編集]

初代 GJ1/2型(2005 - 2010年)[編集]

  • 2005年4月7日 - 発売された。
  • 2006年3月9日 - 一部改良を実施した。全車にイモビライザーアレルフリー脱臭フィルターを標準装備とした。「L」に標準装備されているオートエアコンを、「G」に注文装備できるようにした。
    • 7月6日 - 特別仕様車の「HID エディション」と「HDDナビ HID エディション」を発売した。
    • 12月21日 - 特別仕様車「スタイル エディション」と「HDDナビ スタイル エディション」を発売した。
  • 2007年6月29日 - 一部改良を実施した。「G」「L」によるグレード名を廃止し、新たに用途別にノーマルルーフの「M」(「M」はスカイルーフがオプション)とスカイルーフ標準の「SKY」の名称になった。オートエアコンを全車に標準装備した。
    • 12月6日 - 「M」特別仕様車「HDDナビ エディション」、「HDDナビ HID エディションII」、「HDDナビ スタイル エディションII」を発売した。
  • 2008年4月24日 - マイナーチェンジを実施した。「M」とエアログレードの「ST[2]」の2タイプに変更(スカイルーフは両グレードにオプション設定)した。「M」に、ドアミラーウインカーやカラードテールゲートスポイラーなどを装備した「Sパッケージ」を設定した。エクステリアでは、新デザインのフロントグリルやフロントバンパーなどを採用した他、マイクロアンテナを採用。その結果、全高が1,530mm(FF)、1,545mm(4WD)に変更した。インテリアはブラックカラーで統一され、新シート表皮(起毛トリコット)やシルバー加飾されたメーター類などで、よりスポーティ感を演出した。
  • 2010年8月末 - 生産終了した。同時に、エアウェイブがベースとなっているライトバンのパートナーも生産終了となる。これにより、2011年6月にフィットシャトルが発売されるまでは、ホンダの5ナンバーステーションワゴンはストリームのみとなった。

車名の由来[編集]

  • 空気の流れ(風)が感じられる、洗練されたスタイルで、明るく、広く、開放感あふれる室内空間を持ち、自然との一体感を創造する爽快感あふれるクルマ、という意味。

脚注[編集]

  1. ^ 天井ガラスは固定されているが、室内側のシェードは開閉した。
  2. ^ Stylish Tourer(スタイリッシュ ツアラー)の略である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]