ホンダ・クイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・クイント
SU型
フロント(画像はローバー・クインテット)
1983-1985 Rover Quintet hatchback 01.jpg
リア
1983-1985 Rover Quintet hatchback 02.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1980年1985年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン EP型:1.6L 直4 SOHC CVCC
最高出力 90PS/5,500rpm(グロス値)
最大トルク 13.2kgf·m/3,500rpm(グロス値)
変速機 5速MT/3速ホンダマチック
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:マクファーソンストラット
全長 4,110mm
全幅 1,605-1,615mm
全高 1,355mm
ホイールベース 2,360mm
車両重量 865-900kg
燃費 14.5km/L(10モード)
別名 欧州名:ホンダ・クインテット
オーストラリア名:ローバー・クインテット
後継 ホンダ・クイントインテグラ
-自動車のスペック表-

クイント(Quint)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたハッチバック型の小型乗用車である。

概要[編集]

クイントは、同社の「アコード」と「シビック」の中間的な存在として位置付けられ、1980年に発売が開始された。

ワゴン風5ドアハッチバックで、販売チャンネルであった「ベルノ店」の性格から、幅広い用途での使用を想定しながら、よりスポーティな走行性能を備える車種としての性格付けがなされていた。

搭載されたエンジンはアコードにも搭載されていたEP型 1.6L SOHC CVCC(90PS:グロス値)1種類のみで、組み合されたトランスミッションは、5速MTと3速ホンダマチックの2種類であった。

「クイント」単独の車名は、初代のみとなり、1985年フルモデルチェンジを機に、「クイントインテグラ」に改められ、更に「インテグラ」に至っている。

当時ホンダがイギリスローバーと提携していた関係で、オーストラリアではこのモデルのバッジエンジニアリング車がローバー・クインテットとして1983年から1985年にかけて販売されていた。

搭載エンジン[編集]

初代 SU型(1980-1985年)[編集]

  • 1980年2月13日に発表された(発売は2月16日
  • 1980年4月に最上級グレード「TER」が追加された。
  • 1980年6月にサンルーフが追加装備された。
  • 1981年9月にマイナーチェンジがおこなわれた。
  • 1985年2月19日に後継車のクイントインテグラが発表され、販売を終了した。

車名の由来[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]