ホンダ・セイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セイバー(Saber)は、本田技研工業がかつて生産・販売していたセダン型の乗用車である。

ビガーの後継モデルであり、2代目および3代目インスパイア姉妹車である。

初代 UA1/2/3型(1995-1998年)[編集]

ホンダ・セイバー(初代)
UA1/2/3型
Honda Saber 1995.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1995年-1998年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン G20A型:2.0L 直5 SOHC
G25A型:2.5L 直5 SOHC
C32A型:3.2L V6 SOHC
変速機 4速AT/5速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前後ダブルウィッシュボーン
全長 標準:4,840mm
32V:4,870mm
全幅 標準:1,785mm
32V:1,800mm
全高 標準:1,405mm
32V:1,415mm
ホイールベース 2,840mm
車両重量 1,360 - 1,430kg
生産工場 埼玉製作所(狭山市
別名 米国名:初代アキュラ・TL
先代 ホンダ・ビガー
-自動車のスペック表-

1995年2月23日に発売された2代目インスパイアの姉妹車で、ビガーの後継車として誕生。先代モデルと同じくエンジンをフロントミッドシップ位置に搭載したFFハードトップ仕様である。ビガーのワイド&ローのシルエットが踏襲されたが、より居住性アップが求められたアメリカ市場からの要望に応じてビガーよりも一回り大型化されている。アメリカではホンダの高級車ブランド「アキュラ」にて、アキュラ・TLとして販売された。

搭載されたエンジンは、直列5気筒 SOHC 4Valve 2.0LG20A型と2.5LのG25A型で、主力のG25A型には、レギュラー仕様の180PS(「25G」,「25XG」に搭載)とハイオク仕様の190PS(「25S」に搭載)の2種類があった。

1995年7月6日には、レジェンドに搭載されていたV型6気筒 SOHC 4Valve 3.2l C32A型を搭載した「32V」が追加された。V6エンジン搭載にともないフロントセクションもレジェンドのシャーシを流用した専用設計となり、全長・全幅ともに多少大型化している。インテリアでは自発光式メーターや天然木パネルが採用され、質感が向上した。

1996年11月8日マイナーモデルチェンジ。運転席・助手席エアバッグABSなどの安全装備を全車標準装備し、同時にカーナビVICS対応型の立体地図タイプに変更された。

しかし、バブル真っ只中に登場したビガーと比べコスト削減が顕著となり不評を招いたことに加え、不景気で高級車の売れ行きも鈍化してしまったため[要出典]、販売期間は短い。

2代目 UA4/5型(1998-2003年)[編集]

ホンダ・セイバー(2代目)
UA4/5型
前期型(1998年-2001年)
1998-2001 Honda Saber.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 1998年-2003年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン J25A型:2.5L V6 SOHC VTEC
J32A型:3.2L V6 SOHC VTEC
変速機 4速AT/5速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前ダブルウィッシュボーン
後5リンク・ダブルウィッシュボーン
全長 4,840mm
全幅 1,785mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,745mm
車両重量 1,490-1,520kg
製造元 ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング(HAM)
生産工場 メアリズビル工場(オハイオ州
別名 米国名:2代目アキュラ・3.2TL
後継 無し
-自動車のスペック表-

1998年10月15日に、先代登場から3年8か月という短期間でフルモデルチェンジが行われた。生産はアメリカのオハイオ州にあるHAM(ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング)メアリズビル工場で行われ、日本国内へ逆輸入するという形を取っていた。また、ベルノ店に加えプリモ店でも販売されるようになった。

ボディサイズは、全高がわずかに高くなった他は先代とほぼ同等であるが、ねじり剛性、曲げ剛性が先代に比べ大幅に向上されている。搭載エンジンは、新たに開発されたV型6気筒 SOHC 24Valve VTEC 2.5L J25A型と3.2L J32A型との2種類で、直列5気筒のエンジンと共にフロントミッドシップ レイアウトが廃止された。組合わされるトランスミッションは、マニュアルシフトが可能なSマチックが装備された4速ATである。

グレード展開は225PSのJ32Aを搭載するモデルが「32V」(マイナー後は260PSの「タイプS」)、200PSのJ25A搭載モデルが「25V」、「25V」にDVDナビが装備されたモデルが「25V-NAVI」の3グレード展開となる(32Vはナビ標準装備)。インスパイアとの相違点はフロントグリルが縦基調になっていること、リアウインカーが有色なこと(インスパイアはクリア)、ホイール、エンブレム以外はほとんど差異は無い。

2001年4月4日にマイナーチェンジが行われ、トランスミッションが4速ATから5速ATへ変更され、燃費と加速性性能が向上した。また、フェイスリフトを受けデザインが一部変更されている。

2003年、4代目インスパイア発売の際に統合される形で生産・販売終了した。


搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

英語で「剣」(サーベル)の意味。「研ぎ澄まされた性能で、鋭く、誇り高き存在を目指す」という意味で名づけられた。

取扱販売店[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]