ホンダ・アスコットイノーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・アスコットイノーバ
CB3/4/CC4/5型
Honda Ascot Innova.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1992年 - 1996年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン F20A型:2.0L 直4 SOHC
F20A型:2.0L 直4 DOHC
H23A型:2.3L 直4 DOHC
最高出力 F20A型(SOHC):135PS/5,400rpm
F20A型(DOHC):150PS/6,100rpm
H23A型:165PS/5,800rpm
最大トルク F20A型(SOHC):18.5kgf·m/4,300rpm
F20A型(DOHC):19.0kgf·m/5,000rpm
H23A型:21.5kgf·m/4,500rpm
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,670mm
全幅 標準:1,695mm
2.3L:1,715mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,720mm
車両重量 1,230-1,370kg
燃費 2.0L(SOHC):12.6km/L
2.0L(DOHC):11.0km/L
2.3L:10.6km/L
(10・15モード)
-自動車のスペック表-

アスコット イノーバ(Ascot innova)は、本田技研工業がかつて製造・発売していたセダン型の小型乗用車である。

概要[編集]

当時プリモ店の最上級車であったアスコットのスポーツバージョンとして販売された。同社の埼玉製作所のアコード・アスコットと同じラインで生産されていた(エンジンは当時の和光工場、完成車は狭山工場)。

英国版アコードをベースにした4ドアハードトップ(サッシュレス)であるが、デザインには大きく異なる部分もある。

アコードに搭載されているF20A型 直4 2.0L SOHC 135PS(2.0i・C、2.0i)とDOHC 150PS(2.0Si)、それにプレリュードの輸出用に使用されていたH23A型 直4 2.3L DOHC 165PS(2.3Si-Z)がラインアップされており、2.0Lは5ナンバー、2.3Lは3ナンバーとなる(全幅も1,710mm)。

トランスミッションは基本的に4速ATだが、最廉価グレードの2.0i・Cのみ5速MTが搭載されている。

車台を共用していた当時のアコード・アスコットと同様に、メーカーオプションとして4WSも用意されていた。

グレード構成[編集]

  • 2,000cc SOHC F20A型 直4 135PS
    • 2.0i・C
    • 2.0i
    • 2.0i・4WS
  • 2,000cc DOHC F20A型 直4 150PS
    • 2.0Si
    • 2.0Si・4WS
  • 2,300cc DOHC H23A型 直4 165PS
    • 2.3Si-Z
    • 2.3Si-Z・4WS
    • 2.3Si-Z・TCV
    • 2.3Si-Z・TCV・4WS

初代 CB3/4/CC4/5型(1992-1996年)[編集]

車名の由来[編集]

  • 「イノーバ」とは革新的・刷新を意味するイノベーション(INNOVATION)の略。

キャッチコピー[編集]

  • 発売初期:ハードトップイノベーション

取扱販売店[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]