ホンダ・ロゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・ロゴ
GA3/5型
初期型(1996年10・11月 - 1998年10月)
1996 Honda Logo 01.jpg
中期型(1998年11月 - 2000年3月)
Honda Logo 001.JPG
後期型(2000年4月 - 2001年6月)
Honda Logo front 20071002.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1996年2001年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドア/5ドア ハッチバック
エンジン D13B型:1.3L 直4 SOHC 8バルブ
D13B型:1.3L 直4 SOHC 16バルブ
最高出力 D13B型(8バルブ):66PS/5,000rpm
D13B型(16バルブ):91PS/6,300rpm
最大トルク D13B型(8バルブ):11.3kgf·m/2,500rpm
D13B型(16バルブ):11.6kgf·m/4,800rpm
変速機 3速AT / 5速MT / CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオンアクスル
全長 前期型:3,750mm
中期型:3,780mm
後期型:3,785mm
全幅 1,645mm
全高 標準(FF):1,490mm
標準(4WD):1,510mm
Sキット:1,525mm
ホイールベース 2,360mm
車両重量 790 – 890kg
燃費 標準(FF):19.8km/L
標準(4WD):15.4km/L
TS:16.2km/L
全て10・15モード
先代 ホンダ・シティ
後継 ホンダ・フィット
-自動車のスペック表-

ロゴ(Logo)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたハッチバック型の小型乗用車である。

概要[編集]

シティの後継車種として登場した。シティがスタイリング重視の方針によって、コンパクトカーに本来求められる実用性を損なった反省から、ボディデザイン・ドライブトレーンとも徹底して実用優先で設計された。しかし、余りに実用に徹しすぎたため、外観は商品性に乏しい平凡なものであった。

CVTの導入や、低中回転域での扱いやすさを重視した高トルク型エンジンなどにより、実用域の動力性能は卓越するものがあった。しかし、タウンユースでの乗り心地を重視したため、サスペンションセッティングは低速からロールが大きめで、高速域の運動性能に対しては不満の声を聞くこともあった。

プラットフォームやコンポーネンツを利用した二つの派生モデル(キャパHR-V)を生んだものの、基本モデルであるロゴ自体は、主力グレードでも安価な価格設定にもかかわらず、売れ行きや評価は芳しくないままに終わった。この反省からホンダは後継モデルのフィットで基本コンセプトを一新し、コンパクトカー市場での成功を収めることになる。

ドライブトレイン[編集]

ロゴの最大の特徴であり、美点でもあったエンジンは、4代目シビックに搭載されていたD13B型キャブレター仕様)をベースに、吸排気バルブの数を減らしPGM-FI仕様に変更したものである。

低回転域を重視したセッティングのため、吸排気バルブをベースの16バルブから8バルブに変更[1]している。性能は66PS、11.3kgf·mで、16バルブ仕様に比べて出力とトルクを抑えているが、これは日常よく使う1,300rpmでエンジントルクの90%を、そして2,500rpmでトルクピークを発生させるよう設定したためであり、「ハーフスロットル高性能[2]と称していた。実際ロゴは、このトルク特性と軽量なボディとによって、街中の発進や登坂路であっても、アクセルを大きく踏み込まずに軽々と走ることができた。

この発想は、北米で販売されていた超低燃費仕様「CIVIC CRX HF」が実用域での使いやすさが際立っていたことに影響されたもので、その後のL型エンジンi-DSIへと進化して行った。なお、後のマイナーチェンジにおいて、スポーツグレードの「TS」に16バルブ仕様のD13B型が搭載されている。

組み合わされた変速機は、5速MT、3速ATのほか、ホンダ独自のCVTシステムである「ホンダマルチマチック」がシビックに次いで採用された。

その他[編集]

初期型のE-GA3/5ではグリルレスのデザインだったが、その後のマイナーチェンジでフードのオープニングラインを変更し、スリットが追加され、最終型では一般的なグリルに変わった。

初期型から後期型へのマイナーチェンジで、衝突安全性向上等の為に重量が約100kg近く増えている。

搭載エンジン[編集]

初代 GA3/5型(1996-2001年)[編集]

  • 1996年
    • 10月3日 - シティの後継として発表された。キャッチコピーは、「ヒューマン・サイジング」。
    • 10月4日 - 3ドア発売。
    • 11月1日 - 5ドア発売。
  • 1997年
    • 9月12日 - マイナーチェンジがおこなわれた。全タイプに抗菌ステアリングホイールを設定した。また、装備の充実を図りお買い得感の高い価格設定を実現した「G・オルファ」を新たに設定した。
    • 12月15日 - ボディカラー同色のバンパー、ドアミラーなど設定した特別仕様車「ラシック」を設定した。
  • 1998年
    • 4月23日 - 派生車としてキャパが登場した。
    • 9月22日 - 派生車としてHR-V(3ドア)が登場した。
    • 11月12日 - マイナーチェンジがおこなわれた。排ガス規制への対応と衝突安全性を向上させ、フロントの意匠変更が行われたGF-GA3/5になる。衝突安全性向上の為、ボディ剛性から見直すなどフルモデルチェンジ相当の変更が行われた。また、16バルブ仕様エンジンを搭載したスポーツグレード「TS」や、4WD仕様(デュアルポンプシステムのリアルタイム4WDとホンダマルチマチックSとの組み合わせ)が追加された。
  • 1999年
    • 9月21日 - スポーツグレード「TS」をベースに内外装の質感を向上させた特別仕様車「スポルティック」を設定した。また特別色として「スーパーソニックブルー・パール」を設定した。
    • 12月16日にベーシックグレード「G」をベースにバンパーなどボディカラー同色にした特別仕様車「カラリス」を設定した。また特別色を設定した。
  • 2000年
    • 4月13日 - マイナーチェンジがおこなわれた。更にグリルが大きくなり衝突安全性を更に向上させた。形式名は変わらない。「スポルティック」というお買い得仕様を設定。
    • 11月30日 - ベーシックグレード「G」をベースにキーレスエントリーシステム、ボディ同色電動格納式リモコンドアミラーなどを追加し、ベース車より5万円安いお買い得な特別仕様車「トピックス」を設定した。
  • 2001年
    • 後継車であるフィットの登場により、販売が終了した。

車名の由来[編集]

  • ラテン語のLogosが元になっていて、「意味」「言葉」「理性」といった意味を持つ。

取扱販売店[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 対角線上の吸排気バルブを1つずつ塞いである
  2. ^ LOGO発表時のFact Bookより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]