GE・ホンダ・エアロ・エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GE・ホンダ・エアロ・エンジン LLC
GE Honda Aero Engines LLC
Ghaelogo.JPG
種類 合弁企業
略称 GEホンダ
本社所在地 アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ
設立 2004年10月
業種 航空宇宙産業
事業内容 航空機用ジェットエンジン製造
代表者 William J. Dwyer, President
藁谷篤邦, Vice President
主要子会社 GE・アビエーション本田技研工業
外部リンク http://www.gehonda.com/
テンプレートを表示

GE・ホンダ・エアロ・エンジン LLCGE Honda Aero Engines LLC)はオハイオ州シンシナティに本拠をおく航空機用ジェットエンジンを開発製造する企業である。

2004年10月に世界最大の複合企業であるゼネラル・エレクトリック社の航空エンジン製造部門であるGE・アビエーション社と本田技研工業の連結子会社であるホンダ・エアロ・インク社が、50対50の出資比率で設立した合弁企業である[1][2]

2006年10月HF120ターボファンエンジンをHondaJetスペクトラム S-40 フリーダムに供給すると発表[3]

2013年12月13日、GE・ホンダは、HF120が米国連邦航空局による連邦航空規則のPart33が定める型式認定を取得し、量産に向けたステージに入ったと発表[4][5][6]

生産品目[編集]

HF120を搭載する航空機[編集]

その他[編集]

  • GE ホンダを率いるのはGE・アビエーションのテリー・シャープ (Terence J. Sharp) とホンダ・エアロ・インクの泉征彦(いずみまさひこ)である。

出典[編集]

  1. ^ ホンダプレスリリース2006「GEとHonda、小型ビジネスジェット用エンジンの合弁会社設立」
  2. ^ 青木謙知著「HondaJet 飛ぶ!!」『航空ファン』2011年3月号、文林堂
  3. ^ ホンダプレスリリース2006「GE Honda製ジェットエンジンの搭載機種を発表」
  4. ^ ホンダ公式サイト>ニュースリリース>企業関連ニュース>「GE Honda、ターボファンエンジンHF120の型式認定を取得」
  5. ^ “ホンダ、米GEとの折半出資子会社がターボファンエンジン「HF120」の型式認定を取得”. 日本経済新聞. (2013年12月16日). http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=351529&lindID=4 2013年12月19日閲覧。 
  6. ^ “ホンダジェットのエンジン、FAAから型式証明取得”. aviation wire. (2013年12月16日). http://www.aviationwire.jp/archives/29953 2013年12月19日閲覧。 
  7. ^ [1]

外部リンク[編集]