ホンダ・T360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・T360
T360(ホンダコレクションホール所蔵)
HondaT360.JPG
T500(同上)
Honda T500.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1963年-1967年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア キャブオーバーピックアップトラック
エンジン AK250E型:水冷4ストローク直4DOHC 354cc
最高出力 30PS/8,500rpm
最大トルク 2.7kgf·m/6,500rpm
変速機 4速MT
駆動方式 MR
サスペンション 前:ウイッシュボ-ン
後:リ-フリジッド
全長 2,990mm
全幅 1,295mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,000mm
車両重量 610kg
後継 ホンダ・TN360
-自動車のスペック表-

T360(ティーさんびゃくろくじゅう)は、本田技研工業がかつて生産、販売していた軽トラックである。本項ではT360の小型普通トラック版にあたるT500(ティーごひゃく)についても記述する。

初代 AK250型(1963-1967年)[編集]

1963年8月1日に発売された。

日本初のDOHCエンジン(2バルブ)搭載車であり、ホンダ初の4輪自動車でもある。当時のホンダの4輪開発担当責任者は、中村良夫。また、本田宗一郎がまるまる一台関与した唯一の車でもある。当初ホンダはS360(ショーモデルのみで発売されず)やS500といったスポーツカーの開発を進めていたが、専務の藤沢武夫が「(当時の)4輪車の需要は商用車の方が多いこと」「まだオートバイの販売網しかないホンダ販売店で売るための車」という点を考慮し「冬にバイクの代わりに売れるもの」「オートバイ店でも扱えるもの」として軽トラックの発売を進言したことからT360の開発は進められた[1]

外見は短いノーズを持つセミキャブオーバー風のレイアウトであるが、エンジンはフロントシート下に収められており、フレームはハット断面を持つサイドフレームから構成された梯子型で、フロントサスペンションはウィッシュボーン・コイルスプリング形式、リアはコンベンショナルなリジッドアクスル・リーフスプリング形式が採用されていた。

エンジンはS360用に開発された水冷直列4気筒エンジンが流用されたと言われているがこれは誤りで、軽トラックの試作車3X-120の空冷直列4気筒エンジンが水冷化される段階で、T360(XAK-250)とS360(TAS260)が共用できるように設計されたものである。 この水冷直列4気筒エンジンは鋳鉄製のスリーブ以外はオールアルミニウム合金製で、わずか360ccで30PS/8,500rpmと、軽自動車エンジンが20PS程度に留まっていた当時としては異例の高回転・高出力型となった[2]

前期型(AK250型)は4気筒エンジンの各気筒個別に京浜精機(現・ケーヒン)キャブレターを4連装備、あるいは三国工業製双胴型キャブレターを2連装備したが、これは原型となったスポーツカーS360そのままの手法であった。トラックのエンジンとしてはメンテナンスやコスト面で得策でなく、後期型(BKと呼ばれるが正式な型式ではなく、ホンダSFなどではAK250改と呼称)はシングルキャブレター仕様となっている。

サイドブレーキおよびシフトレバーはステアリングコラムの右側に配置されているが、これは助手席に子どもが2名乗せられるようにとの配慮であった。

1967年11月、N360用と同一の簡単なエンジンを搭載したキャブオーバータイプの後継車TN360に道を譲り生産中止。

後輪部分を履帯(クローラー)に置き換えた雪上用ハーフトラックタイプのものも存在した[3]。このクローラー仕様はTN360以降の後継モデルにも設定されている。

T500 AK280型(1964-1967年)[編集]

1964年9月に登場したT360の荷台を延長したモデルである。エンジンはS500用を搭載しており、最高出力は38PS/7,500rpmで当時の規格では軽ではなく小型登録車扱いだった。

脚注[編集]

  1. ^ Honda四輪発売50周年ムービー「Honda四輪への挑戦」 - YouTube、2013年8月8日配信
  2. ^ 当時、競合他社の軽自動車は、2ストロークエンジンが主流で、最高出力は20PS程度であった。その後馬力競争が始まり、1970年代には40PSに迫る物も登場した。
  3. ^ [1]

関連項目[編集]