オーバーホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーバーホール(Overhaul)とは機械製品を部品単位まで分解して清掃・再組み立てを行い、新品時の性能状態に戻す作業のことである。

概要[編集]

通常の点検作業では出来ない清掃作業や劣化部品の交換、調整を主目的とする。

一般的には、使用される部品に対して、時間や距離などの耐用限度を想定し、その想定に基づいた間隔で行われる点検である。特に航空機エンジンなどは、到着から出発の合間で行われる通常の点検作業では、時間がかかりすぎるなどの理由でエンジン内部が点検されていない。オーバーホールはこれを補うものである。

鉄道車両においては「全般検査」がオーバーホールに相当する。

また、パソコンアンプなどの中古販売時にも行われることも多い。

メリット[編集]

  • 部品単位まで分解を行うため部品単位の点検、交換が容易になる。
  • 交換される部品によっては新規に改良を加えた物を使用することが容易になり、製品製造時より信頼性が上がることもある。
  • 部品の金属疲労などを超音波レントゲンなどにより診断することが容易となる。

デメリット[編集]

  • 機械を細かく分解するため、多くの手間と時間がかかる。
  • 再組み立ての際、ある程度の技術と知識を伴う。
  • 1回あたりの費用が高い。

派生語[編集]

スポーツ選手などがシーズンオフ温泉治療人間ドックなど、自身のメディカルチェックを行うことを指す言葉としてもオーバーホールが使用されている。

関連項目[編集]