半装軌車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

半装軌車(はんそうきしゃ)は、前輪はタイヤ(車輪)、後輪の代わりにトラック(履帯)を持つ車両。履帯で駆動するが、前輪は駆動する物とそうでない物があり、また、前輪で操向する物と、前輪が無くとも左右の履帯の速度を変えて操向可能な物もある。

ハーフトラック、民間では半無限軌道式自動車とも呼ばれ、これに対し車輪の代わりに履帯を全面的に採用している車両を全装軌車、民間では無限軌道式自動車と呼ぶ。なお「ハーフトラック」のトラックは"truck"(貨物自動車)ではなく"track"(履帯)であるが、日本語での発音が同じため間違えられやすい。

また、この種の車両以外に、車輪を着脱可能な履帯で覆ったクリスティー T-3のような車両も、ハーフトラックと呼ばれることがある。

用途[編集]

装輪車両に比べて路外走行性能が優れ、ある程度戦車などの装軌式戦闘車両に追随できるために、野砲高射砲牽引車装甲兵員輸送車偵察車・無線指揮車などとして幅広く使用された。

起源[編集]

フランスのシトロエンが第一次世界大戦後に開発したシトロエン・ケグレス・ハーフトラック。同社はこのタイプのハーフトラックでサハラ、アフリカ、中央アジアを走破した

低速での牽引用途においては、19世紀中期に出現した蒸気トラクターの発展形として、19世紀末期にイギリスアメリカ合衆国で金属製無限軌道を用いる車両の実用化が始まっており、その起源では全装軌車と半装軌車は軌を一にする。第一次世界大戦では全装軌車の軍用形態の究極である戦車ガソリンエンジン動力にて実用化に至っているが、半装軌車も野砲などの牽引トラクター用途で蒸気機関、ガソリン機関動力によって導入されていた。

ガソリン自動車での近代的半装軌車実用化に至る考案の最初はフランス人のアドルフ・ケグレス(Adolphe Kégresse 1879-1943)による。ケグレスは1905年からロシア帝国皇帝ニコライ2世御料車技師として仕えたが、ロシアは冬季になると積雪で自動車走行が困難になることから、その克服を模索した。結果、1911年以降、後輪をゴム製無限軌道の駆動装置に交換した改造自動車を開発、前輪には必要に応じてそりを履かせることで、雪中走行を実現した。ケグレスは皇帝の御料車であるロールス・ロイス・シルヴァーゴーストパッカード・ツインシックスといった大型乗用車をもとに半装軌車を製作、その技術はロシア陸軍にも移転されて貨物自動車の半装軌車化も図られた。

しかしロシア革命によってロシア帝国が瓦解、職を失ったケグレスは母国フランスに戻った。彼の半装軌車システムのアイデアは幾つかの自動車メーカーに持ち込まれたが、その中で関心を示したのが、1919年から自動車生産を開始したシトロエン社の社主アンドレ・シトロエンであった。

シトロエン社はケグレスの特許をもとに、自社製品をベースにしたケグレス式貨物ハーフトラックを開発、その機動性の実証と宣伝をも兼ねて、3度に渡りハーフトラック隊を連ねての辺境学術探査を実施した。1922年-1923年/1924年-1925年サハラ砂漠アフリカ大陸奥地縦断行「黒い巡洋艦隊」、1931年-1932年中央アジア東部横断行「黄色い巡洋艦隊」がそれである。この探検は資金面でも人的にも多大な犠牲を払った過酷なものであったが、砂漠や泥濘地をも走破できることを立証して半装軌車のポテンシャルを世に示し、その後のハーフトラックの普及に資することになった。

用途の推移[編集]

民生用のホンダ・T360スノーラ

第二次世界大戦では主にドイツアメリカフランス日本で使用されていた。大戦時のイギリス連邦軍ソ連軍では、レンドリース法によりアメリカから提供されたM5及びM9ハーフトラックが使用された。 抵抗の大きな全装軌車は、装輪式と同じ速度を出すために2倍以上の馬力が必要であり、変速機もその馬力に耐える必要があるため、「製造コストが高い」「信頼性が低い」「整備コストが高い」「稼働率が低い」「運転と整備の技術を習得するための時間が長い」などの問題点を抱えていた。これらの問題点は現代においては技術の進歩により解決されているが、当時の技術水準では未解決だった。

特にエンジン技術が未発達で現在よりも馬力の劣るエンジンしか無かった当時では、速度と経済性を高める為には両方の長所を半分ずつ持った中間的なハーフトラック式が採用されることになった。また、当時の全装軌式車輌は左右の履帯を二本のレバーで操作する方式のため操縦が難しく、普通のステアリングで容易に操縦できる点も大きな利点であった。

しかし、ハーフトラック式で完全に戦車に追随できる兵員輸送車を作ることには無理があり、技術の進歩と共に速度と経済性において全装軌車より優れるというメリットが消失していったこともあって、戦後は殆どが全装軌式となった。

第二次大戦後も民生用としては豪雪地帯で用いられている。ハーフトラックはブレーキをかけたときの制動距離が短いためスリップしやすい雪上での利便性が高く豪雪地帯の路面に適しているためである。通常のトラックの改良型であるためコストもメンテナンスも専用の雪上車より安く扱いやすいと言うメリットがある。

ドイツ陸軍の半装軌車[編集]

アメリカ陸軍の半装軌車[編集]

大日本帝国陸軍の半装軌車[編集]

民間用の半装軌車[編集]

文献[編集]

  • Bruce Culver / Uwe Feist : Schützenpanzer, Ryton Publications, 1996

リファレンス[編集]

  1. ^ホンダ・TN360スノーラ,ホンダ スノーラ
  2. ^ホンダ・アクティ・クローラ,足腰が自慢の、はたらくHonda「アクティ・クローラ」