対戦車車両

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対戦車車両(たいせんしゃしゃりょう)は、戦車の撃破を目的として、軍用車両対戦車兵器を搭載したものであり、多くは自走対戦車砲または対戦車ミサイルである。

なお、対戦車車両と似た言葉に、駆逐戦車ドイツ語および英語Jagdpanzer)と戦車駆逐車(英語ではtank destroyer、ドイツ語ではPanzerjäger)がある。この両者はしばしば対戦車車両と混同され、同義語として扱われる場合もあるが、厳密には駆逐戦車は戦車に近い存在であり、一般的な対戦車車両とは異なる性質を持つ。戦車駆逐車は前述の特定の語に対する訳語、より広義の存在であるアメリカ合衆国のGMC(Gun Motor Carriage、俗称tank destroyer、戦車駆逐大隊を参照)の訳語などとして用いられる。

概要[編集]

対戦車車両の装甲は、いずれもほぼ皆無か、あっても極めて限定的なものとなっている。これは、コストや重量の点で戦車と差別化し、異なるニッチを獲得するためのものである。

元来、もっとも有力な対戦車車両とされているのは戦車そのものである。戦車は、堅牢な装甲によって、敵の戦車砲を含めてほとんどあらゆる攻撃手段に(少なくともある程度は)抗堪でき、強力な火砲によって、敵のあらゆる装甲戦闘車両に対して(少なくともある程度は)損害を与えることができ、無限軌道を備えた走行装置によって、極めて優れた戦術機動力を発揮することができる。しかし一方で、戦車は高価であるため大量配備は困難であり、また、大重量のため空挺部隊などに配備するのは不可能である。このことから、より軽量であるために戦略機動力に優れ、より廉価であるために手軽に調達できる兵器システムとして用いられるのが対戦車車両である。

対戦車車両は通常、戦車連隊ではなく、通常の歩兵連隊や、あるいは専門の対戦車隊に配備される。

特徴[編集]

対戦車車両は、対戦車砲を主武装にしたものと、対戦車ミサイルを主武装にしたものに大別できる。第二次世界大戦頃までは前者が主流であったが、冷戦期以降は後者が主流となっている。

車体[編集]

を装備する時代の対戦車車両は、砲撃時の反動を抑える目的などから大半が装軌式車両であった。対戦車ミサイルを装備する現代の対戦車車両には、装輪式車両も多く見られる。ミサイルは砲より反動・重量が少ないため、装輪式でも問題が無いからである。

装甲[編集]

対戦車車両の大半は薄い装甲しか持たず、敵戦車砲撃に耐えるのは困難である。この理由としては、

  • 対戦車車両に重装甲を施すと、重量と製造費が高騰して、調達が困難になる。
  • もともと重装甲を施せない軽車両を改造して作られている。
  • 強力な砲を装備したため、その分の重量相殺のため装甲を削る必要がある。

などがある。このため対戦車車両は防御力が貧弱であるので、敵戦車と正面から撃ち合うような戦いは行わず、専ら防衛戦闘や待ち伏せ攻撃に投入される。

駆逐戦車と対戦車車両[編集]

駆逐戦車とは一言で表すと「戦車を駆逐するための戦車」である。主に第二次世界大戦時のドイツ陸軍が数多く運用した。

当初ドイツ陸軍が運用していた対戦車自走砲は、装甲が薄いため防御力が低く、車高の高さから敵に発見され易く、損耗率が高かった。そのため、全高の低い固定式戦闘室に厚い装甲を施した対戦車自走砲が作られるようになった。これらの車両は高い防御力を有するため、「自走砲」と言うより「旋回砲塔を持たない戦車」に近い存在であるため、戦車駆逐車(Panzerjäger)ではなく駆逐戦車(Jagdpanzer)と呼ばれるようになった。実際にIV号駆逐戦車の一部のタイプなどは「戦車」に分類され、戦車大隊に配属されていた。

ただし、構造が駆逐戦車に似ていれば駆逐戦車と訳される場合もある。アメリカ陸軍が運用した対戦車自走砲のM10M18などは、軽装甲で旋回砲塔式の対戦車自走砲であり、正式にはgun motor carriage(機動砲架)に分類されていた。この種の車両の訳語としては、俗称のTank Destroyerに由来する戦車駆逐車が充てられるが、T28重戦車のように構造上駆逐戦車と同一であれば、駆逐戦車と訳される場合もある。

歴史[編集]

第二次世界大戦期[編集]

第二次世界大戦で登場した対戦車車両は、既存の戦車のものを流用した車台に、対戦車砲を固定装備した車両が多い。

  • 第二次大戦期に登場した対戦車車両(対戦車自走砲、駆逐戦車)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
M36ジャクソン
M3 75mm対戦車自走砲
M3ハーフトラックに75mm砲を装備した対戦車自走砲。本格的な対戦車自走砲が配備されるまでの繋ぎとして活躍した。
M6ファーゴ
WC-55型4輪トラックに37mm砲を装備した簡易的な対戦車自走砲。戦闘力は貧弱で、ほとんど活躍できなかった。
M10ウルヴァリン
M4中戦車の車台に、開放式砲塔と76mm砲を装備した対戦車自走砲。
M18ヘルキャット
閉鎖式砲塔に76mm砲を装備した対戦車自走砲。最高速度80km/hに達する、大戦中最速の装甲戦闘車両であった。
M36ジャクソン
M4中戦車の車台に、開放式砲塔と90mm砲を装備した対戦車自走砲。
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
マルダーII
I号対戦車自走砲
I号戦車の車台に47mm砲を装備した対戦車自走砲。
ナースホルン
III号戦車/IV号戦車の車台にPaK43 88mm砲を装備した対戦車自走砲。装甲は薄かったが、強力な主砲と高精度の照準器により遠距離先制攻撃能力は高かった。
マルダーI/マルダーII/マルダーIII
旧式化した装甲車軽戦車などの車台に、75mm砲または76.2mm砲を装備した対戦車自走砲シリーズ。
III号突撃砲(後期型)/IV号突撃砲
突撃砲は元々、歩兵を近接支援する装甲自走砲とのコンセプトで、敵から視認されにくい低いシルエットでトーチカなど敵の防御拠点に近づいて直接照準射撃で撃破するため、III号戦車の車台を流用し短砲身75mm砲を搭載して設計製造された。しかし東部戦線など大戦中期から歩兵の最大の脅威が敵の戦車に変わり徹甲弾成形炸薬弾を用いて対戦車戦闘に使われることが多くなり、III号突撃砲F型以降は長砲身75mm砲を搭載し対戦車車両として運用された。1943年末にIV号戦車の車台にIII号突撃砲G型の上部構造を取り付けてIV号突撃砲が開発された。
IV号駆逐戦車
IV号戦車の車台にPak39 75mm砲を装備した駆逐戦車。後に、更に強力なPak42 75mm砲を装備したタイプも作られた。
ヘッツァー
LT-38軽戦車の車台にPak39を装備した駆逐戦車。戦闘力の割に、廉価で生産性が高かった。
エレファント
ポルシェティーガー重戦車の車台にPaK43を装備した駆逐戦車。
ヤークトパンター
パンター中戦車の車台にPaK43を装備した駆逐戦車。
ヤークトティーガー
ティーガーII重戦車の車台にPaK44 128mm砲を装備し、250mmの前面装甲を備えた、史上最大の駆逐戦車。強力な攻撃力・防御力を有するが、大重量により機動力は劣悪であった。
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
SU-85
SU-152
KV-IS戦車のシャーシに固定戦闘室を設け、152mm 加農榴弾砲 ML-20を装備した。クルスク戦においてドイツ軍のティーガーI・パンターといった新型戦車を撃破し、「野獣ハンター」を意味する「ズヴィラボーイ」«Зверобой»と呼ばれた。
SU-85/SU-100
1943年初めに投入されたティーガーIに対抗するため、T-34戦車をベースに85mm対戦車砲D-5Sを搭載した自走砲としてSU-85が開発された。SU-85の武装を強化するため100mm対戦車砲D-10Sを搭載し、装甲なども変更されたのがSU-100。
ISU-122/ISU-152
IS-2戦車のシャーシを利用し、同戦車の主砲をケースメート(砲郭)式に搭載するよう開発されたのがISU-122で、その威力も同等であった。同シャーシで砲をSU-152のものに変更したのがISU-152。
イギリスの旗 イギリス
アーチャー
アーチャー
バレンタイン歩兵戦車の車台に17ポンド砲を装備した対戦車自走砲。砲を後ろ向きに装備したため、砲撃時は操縦手の退避が必要であった。
大日本帝国の旗 大日本帝国
三式砲戦車 ホニIII
三式砲戦車 ホニIII
九七式中戦車の車台に75mm野砲を装備した対戦車自走砲。

冷戦期-現代[編集]

第二次世界大戦後しばらくは、大戦時と同様の対戦車自走砲も作られた。やがて、対戦車ミサイルの発達により、ミサイルに代替されて行った。

また、技術進歩により、対戦車ミサイルの小型化・軽量化が進むと、戦車駆逐任務専用の対戦車ミサイル車両を作らなくても、汎用戦闘車両に追加装備的に対戦車ミサイルを装備できるようになった。このため冷戦後期頃からは、歩兵戦闘車などに対戦車ミサイルを装備して対戦車攻撃力を持たせたり、携行型対戦車ミサイルを歩兵部隊に大量配備することで、専用の対戦車車両自体を不要にする例も増えている。

近年では、装輪式車両の発達により、戦車に匹敵する主砲を装備した装輪装甲車装輪戦車)が登場するようになった。これらも戦車を撃破可能な攻撃力を有するので、戦車駆逐任務にも対応可能であり、かつての対戦車自走砲的な役割を担っている。

  • 冷戦期および現代の対戦車車両(対戦車自走砲、対戦車ミサイル車両)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
M50オントス
M56スコーピオン
ストライカー機動砲
M50オントス
発射速度を高めるため、106mm無反動砲を6門装備した対戦車自走砲。ベトナム戦争で対歩兵戦闘などで活躍した。
M56スコーピオン
空挺可能な対戦車自走砲として開発された。軽量化のため、90mm砲は車体上に剥き出しで装備されている。
M825
M151トラックに106mm無反動砲またはTOW対戦車ミサイルを装備した戦車駆逐車。
M901 ITV
M113装甲兵員輸送車の車台にTOW対戦車ミサイルを装備した対戦車ミサイル車両。ITVは「Improved TOW Vehicle(改良型TOW車両)」の略称である。
LOSAT戦車駆逐車
M2ブラッドレー歩兵戦闘車ハンヴィーの車台などに、LOSAT対戦車ミサイルを装備した対戦車ミサイル車両。1990年代から開発が行われていたが、後に計画中止。
LAV-AT
LAV-25装甲車にTOW対戦車ミサイルを装備した対戦車ミサイル車両。
M1128 ストライカーMGS
ストライカー装甲車に105mm砲を装備した機動砲。
M1134 ストライカーATGM
ストライカー装甲車にTOW対戦車ミサイルを装備した対戦車ミサイル車両。
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
BRDM-2 対戦車車両型
IT-1 ミサイル戦車
2P27
装輪装甲車BRDM-1に3M6シュメーリ対戦車ミサイルを装備した対戦車ミサイル車両。
2P32
BRDM-1に9M17ファラーンガ対戦車ミサイルを装備。
9P122
BRDM-1またはBRDM-2に、9M14マリュートカ対戦車ミサイルを装備。
9P124
BRDM-2に9M11ファラーンガ対戦車ミサイルを装備。
9P137
BRDM-2に9M17ファラーンガ対戦車ミサイルを装備。
9P148
BRDM-2に9M111ファーゴット対戦車ミサイルを装備。
IT-1
T-62の車台に3M7ドラコーン対戦車ミサイル15発を装備したミサイル戦車。密閉式旋回砲塔とT-62譲りの厚い装甲により、防御力が高かった。
オブイェークト287
オブイェークト430中戦車の車台に、9M15タイフーン対戦車ミサイル15発を装備。試作のみ。
オブイェークト775
ルービン対戦車ミサイルとバール地対地ミサイルを発射可能なガンランチャーを装備する。対NBC防護機構や電子制御式火器管制装置などを装備する先進的な設計であったが、試作のみで終わった。
イギリスの旗 イギリス
FV4101 チャリオティア
クロムウェル巡航戦車の車台に20ポンド砲を装備した対戦車自走砲。
FV102 ストライカー
スコーピオン軽戦車の車台にスウィングファイア対戦車ミサイルを装備した対戦車ミサイル車両。
FV438 スウィングファイア
トロウジャン装甲兵員輸送車の車台にスウィングファイア対戦車ミサイル14発を装備した対戦車ミサイル車両。
フランスの旗 フランス
AMX-13 T75
AMX-10RC
105mm砲を装備した装輪装甲車。
AMX-13 T75
AMX-13軽戦車SS.11対戦車ミサイルを装備した対戦車車両。
VBCI 対戦車ミサイル車両型
VBCI装甲車ERYX対戦車ミサイルを装備。
ドイツの旗 ドイツ
KJPZ4-5
90mm砲を装備した対戦車自走砲。低姿勢の固定式戦闘室に主砲を装備という、第二次大戦型駆逐戦車の特徴を受け継ぐ車両である。KJPZは「Kanonenjagdpanzer(カノーネンヤークトパンツァー、砲駆逐戦車)」の略称である。KJPZ4-5の車台は、後のRJPZ-2とヤグアルに流用された。
RJPZ-2
SS.11対戦車ミサイル14発を装備した対戦車ミサイル車両。RJPZは「Raketenjagdpanzer(ラケーテンヤークトパンツァー、ロケット駆逐戦車)」の略称である。
ヤグアル1/ヤグアル2
RJPZ-2の発展型。HOT対戦車ミサイル20発を装備したのがヤグアル1、TOW対戦車ミサイル14発を装備したのがヤグアル2である。
日本の旗 日本
60式自走無反動砲
106mm無反動砲2門を装備した対戦車自走砲。
96式多目的誘導弾システム
96式多目的誘導弾を運用可能な対戦車・対舟艇ミサイル車両。
イタリアの旗 イタリア
チェンタウロ
対戦車戦闘などを想定して105mm砲を装備した、重火力装輪装甲車。

関連項目[編集]