M3ハーフトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M3ハーフトラック
Halftrack hoodnumber USA W-4027244 pic4.JPG
基礎データ
全長 6.18m
全幅 2.22m
全高 2.26m
重量 9.3t
乗員数 3名+兵員10名
装甲・武装
装甲 6~12mm
主武装 12.7mmM2重機関銃
副武装 7.62mmM1919機関銃×2
機動力
整地速度 72km/h
エンジン White 160AX
4ストローク直列6気筒液冷ガソリン
147hp(110 kW)
懸架・駆動 半装軌式
行動距離 280km
出力重量比 15.8hp/tonne
テンプレートを表示

M3ハーフトラックは、第二次世界大戦中のアメリカ軍の兵員輸送用装甲半装軌車である。

本項では兄弟車輌であるM2、および廉価版のM5/M9についても記述する。

概要[編集]

アメリカ合衆国第一次世界大戦中より半装軌車に注目し、民間を中心に研究開発が行われていた。第二次世界大戦が始まり、アメリカ自身の参戦と共に本格的な軍用ハーフトラックの開発が行われる事となった。

最初に騎兵科の要求により、装輪装甲車であるM3スカウトカー(偵察車)より路外性能に優れた装甲ハーフトラックであるT7が試作された。これはM3にフランス式のティムケン装軌車台組立部品を組みこんだもので、履帯は鋼ケーブル製の基材を包みこんだ硬質ゴム製であった。続いて今度は砲兵科の要求で、機甲師団所属の砲兵の野戦砲牽引車輌として、より強力なホワイト160AXエンジンを装備したT14が試作された。これは歩兵部隊が機甲師団に随伴するための車輌としても有効であると判断され、車体後部を延長し、歩兵一個分隊を輸送できるロングボディのT8が試作された。そして前者はM2、後者はM3ハーフトラックとして採用された。

本車はトラックの後輪部を装軌式にし、申しわけ程度の装甲を施しただけの車両ではあるが、比較的強力なエンジンを持ち前輪も駆動することから、より高価で複雑なドイツ式半装軌車よりも実用性と機動性で勝り、路上でも72km/hの最大速度を発揮した。

M2は1940年からオートカー社で生産が開始されたが、大量配備のためM2、M3ともにホワイト・モーター社とダイヤモンドTモーター社でも量産された。装甲兵員輸送車型をベースに、対戦車自走砲対空自走砲、自走迫撃砲などのバリエーションがあり、4,000両近くが生産された。

実戦参加は北アフリカ上陸を目的とした1942年トーチ作戦からであるが、オープントップであるため空中で炸裂する榴弾の弾片に対し無防備であり、また、装甲がドイツ軍7.92x33mm弾に対してさえ不十分である(徹甲弾に対して200ヤード=183m離れないと耐えられない)こと、また、荷台天蓋が完全に吹きさらしで「あおり」がないため、敵歩兵が容易に手榴弾を放り込めることがわかったが、これらの欠点は最後まで改良されることは無かった。

アメリカ軍の他に、レンドリース法で装甲材質の劣るM2の廉価版であるM9(M2のようなショートボディではなく車内レイアウトだけがM3、M5と異なる)、M3の廉価版であるM5(外見上、直線的になった前輪のフェンダーで識別できる)がイギリスソ連などの連合国に供給され、戦後も退役したM3を含め友好国に送られた。特にイスラエル軍ではエンジンをディーゼルに交換するなどの改良を加えつつ長きに渡って使い続けられ、全装軌式のM113装甲兵員輸送車が配備された1970年代以降においても、国防予算を戦車に回したため多くが後方任務に回されながらも現役であった。近年になって強力な装甲を持つアチザリットなどの新型兵員輸送車が登場し、M113が後方任務に回されるようになってようやく完全に引退した。

形式[編集]

M2/M2A1
105mm榴弾砲の牽引用に開発された。他の型よりキャビンが短いのが特徴。また、キャビン外側に牽引砲の弾薬収納用ドアが設けられた。乗員10名。初期型はキャビン全周に機銃用の移動レールが付いていたが、後にリングマウントに変更したA1型に移行した。
M3/M3A1
M2をベースに、歩兵輸送用にキャビン延長と弾薬箱廃止による容積増加が図られ、乗員は13名に増えている。機銃用の移動レールは無くキャビン中央にマウント支柱が設けられた。後にやはり機銃リングマウントを増設したA1型に移行した。
M3A2
M2とM3の車体共用を狙った試作車。制式採用されながら結局生産されなかったが、本車で試作されたキャビン外部の地雷ラックや装備品ラックは他の生産型に追加導入された。
M5/M5A1
M3のレンドリース用簡易生産型。装甲をM3の表面硬化装甲のリベット接合構造から均質圧延鋼板の溶接構造に変更し、装甲厚増加(それでも耐弾性は大きく低下した)に伴う重量増加によりエンジンや足回りの強化が行われた。後端が丸くなったキャビンと平面的になった前輪フェンダーが特徴。やはりリングマウントを増設したA1型がある。
M9/M9A1
M2のレンドリース用簡易生産型。車体はM5と共通となり、キャビン内部以外は外観上の差異は見られない。生産型は全てリングマウントを増設したA1型である。

派生型[編集]

M3 75mm対戦車自走砲
フランス製のM1897 75mm野砲を搭載した戦車駆逐車
M15対空自走砲
37mm機関砲と12.7mm重機関銃を搭載した対空自走砲
M16対空自走砲
12.7mm重機関銃の4連装銃架を搭載した対空自走砲。