EPG装甲工兵車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EPG装甲工兵車
基礎データ
全長 9.51m
全幅 3.38m
全高 2.7m
重量 60t
乗員数 3名
乗員配置 車長操縦士、戦闘工兵
装甲・武装
主武装 12.7mm 機銃
副武装 Galix 防御システム
機動力
速度 72km/h(整地)
55km/h(不整地)
38km/h(後退)
エンジン MTU 883
V型12気筒ターボディーゼル
1,500hp
行動距離 500km
テンプレートを表示

EPG装甲工兵車は、DNG/DCL戦車回収車をもとに開発された、工兵用の装甲作業車である。DNG/DCL戦車回収車はフランスNexter社(旧GIAT社)製主力戦車ルクレールをもとに開発されたので、本車もルクレールと共通性がある。

仕様・装備[編集]

外観は、DNG/DCL戦車回収車クレーン部を多関節のアームに変更したようなもので、アームの稼働範囲は水平方向に230度、最大延伸距離8.8m、掘り込める深さ3.9m。先端は用途に応じて変更可能で、取り付けられるのはショベル、ハンマードリルフック滑車など。ショベルの容量は1,000ℓ。また、遠隔操作による作業も可能で、工兵は離れた場所から安全に作業できる。

車体前部にはDNG/DCL戦車回収車と共通のドーザーやウインチも装備。

オプション[編集]

地雷除去装置、対戦車地雷散布装置、取り外し可能な補助動力装置などのオプションがあるが、仕様はDNG/DCL戦車回収車と共通しているので、そちらを参照のこと。

関連[編集]