Bv.206

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
US 5055th Range Squadron M973 SUSV.jpg

Bv.206(スウェーデン語: Bandvagn 206)は全地形に適応した装軌式の関節連結型トレーラー車両である。現在BAEシステムズ・ランド&アーマメンツの傘下企業となっているヘグランドがスウェーデン陸軍のために開発した。本車の構成は2部のユニットからなり、4基設けられているすべての走行装置が動力を配分されている。前方車両に6人、後方車両に11人を乗せ、総員17人を輸送可能であり、後方車両は救護ユニットなど異なる用途に転用されることもある。

概要[編集]

Bv.206全地形装軌車両の開発は1974年に始まった。3系統の試験車両が1976年から1978年の間に製造され、最初の量産型は1980年にスウェーデン防衛局に引き渡された。

先代のボルボBV.202英語版と同様に、Bv.206は雪上や北部スウェーデンの泥炭地を通っての兵員と装備の輸送のために設計された。BV.206は、重量の軽い車体と、車両と同程度の長さを持ち、幅が広いゴム履帯によって、低い接地圧を実現している。この低い接地圧英語版によって、広い範囲の困難な条件への対処が可能となった。前後に分割された車両は関節部で繋がっており、これが悪条件下の地形でも接地の維持を可能としている。接地圧は車両が柔らかい雪でも沈むことなく移動するため、十分に低く保たれている。グラスファイバー製の車体は完全に水陸両用となっており、車両は装軌によって水中にあっても推進可能で、浮航速度は時速4.7kmである。本車は11,000両以上が生産され、世界37カ国以上で利用されている。

本車の総搭載重量は2,250kgで、駆動させる合計重量が2,500kgまでであれば、後方車両のさらに後部での牽引が可能である。

Bv.206は小型ユニット支援車両(SUSV)としても知られ、アメリカでは"susvee"として知られる。アメリカ軍では派生型として救急車版、平台輸送車版、作戦本部版、スタンダードモデルなどが配備されている。アメリカ軍モデルは1997年から6気筒メルセデスディーゼルエンジンとノンハロン消火システム英語版が搭載されている。これは、前方車両に火災が発生したことが数件あったためである。

その他の利用機関には、アメリカとオーストラリアの南極調査組織、またイギリス、アイスランド、カナダの救難捜索サービス等が存在する。また、オーストラリアの高山地域における捜索救難サービスにも利用されている。

なお、カナダ軍アナコンダ作戦英語版中に戦闘に利用している。シンガポール陸軍もBv.206を利用しており、近年シンガポール民間防衛軍に消防プラットフォームとして利用するために輸送している。

退役した車両は民間に引き取られた後、移動用車両として前後に分けられ、特にカナダアルバータ州では遠方の油井への移動などに使われ、切断された車両が植林等にも利用されている。

Bv.206は南極ブラジルカナダチリ中華人民共和国エストニアフィンランドフランスドイツアイルランドイスラエルイタリアリトアニアラトビアマレーシアメキシコオランダノルウェーパキスタンシンガポール韓国スペインスウェーデンイギリスアメリカなどで利用されている。

派生型[編集]

  • Bv 206A
Bv206Aは救急車版。後方車両に担架を運び入れることが可能である。
  • Bv 206F
BV206Fは消防車版。
  • RaBv 2061
RaBv 2061は通信・司令版。通信装置や士官の指令所用として改修されている。
  • PvBv 2062
PvBv 2062はオープントップ版。90mmPvpj 1110英語版無反動対戦車砲で武装している。
  • PvBv 2063
PvBv 2063は2062版と類似している。しかしTOW (Rbs 55)やBILL英語版(Rbs 56)などの対戦車ミサイルに適合している。

Bv 206S[編集]

Bv206Sは装甲兵員輸送車版であり、小型火器の攻撃から乗員を防護可能である。この形式はフランス陸軍、ドイツ陸軍(379両のBv206D/S)、スペイン陸軍、オランダ海軍、イタリア陸軍(189両)、スウェーデン陸軍(50両)、シンガポール陸軍(300両)などが採用しており、シンガポール陸軍はこの車両でブロンコ全地形装軌車両英語版を置き換えている。

本車は6気筒、出力130kwのシュタイアー英語版M1-"Monoblock"エンジンを利用しており[1]、車両は運転手のほかに前部車両に4人、後部車両に8人を乗せ、合計12人の戦闘装備部隊を輸送可能である。またBv.206SはCH-47CH-53Eでの懸架輸送や、C-130による空輸が可能である。

アフガニスタンでのアナコンダ作戦に参加しているカナダ兵は、難地を越えられるこの車両をうまく利用し、完全戦闘装備で荒れた山岳地形を越え、高地を徒歩で移動する際に生じただろう消耗を避けることができた。

BvS 10[編集]

BvS10英語版は出力200kW、6気筒のシュタイアー英語版M1エンジン[2]を搭載したために以前より長さが伸びている。また本車は、ヘグランドの全地形車両に特徴的な関節ステアリングシステムで連結された、トレーラー型で完全水陸両用の装甲車両である。元来、イギリス海兵隊コマンド部隊のために設計され、全地形車両(装甲)、ATV(P)バイキングと名づけられた。イギリス海兵隊装甲支援群英語版オランダ海兵隊などで利用されており、フランス陸軍も130両を注文している。

その他の派生型[編集]

その他、迫撃ランチャー、物資輸送、燃料輸送、レーダー、指令所型、無線中継型などさまざまな派生型が存在し、顧客の要求に応じたカスタマイズが容易に行える。

原型の仕様[編集]

  • エンジン: 2.8L 99kW フォード・ケルンV6英語版
  • ギアボックス: MB W 4A-018 オートマチックトランスミッション
  • 重量: 4,500キログラム (9,900 lb)
  • 搭載量: 2,240 kg (前部車両630 kg、トレーラー車両1,610 kg)
  • 長さ: 6.9 m
  • 広さ: 1.87 m
  • 高さ: 2.4 m

画像[編集]

運用者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BAE Haegglund Bv206 M16 TCI HD: Steyr-Motors.com
  2. ^ BAE Haegglund BVS 10 M16 SCI: Steyr-Motors.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]