Mk.VI軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mk.VIB軽戦車
Vickers Light Tank Mark VI.jpg
性能諸元
全長 4.013 m
全幅 2.083 m
全高 2.261 m
重量 5.2 t
懸架方式 コイルスプリング
(ホルストマン型)
速度 56 km/h(整地
40 km/h(不整地
行動距離 209 km
主砲 12.7 mmヴィッカース重機関銃×1
(弾薬搭載量 400発)
副武装 7.7 mmヴィッカース重機関銃×1
(弾薬搭載量 2,500発)
装甲 4 ~ 14 mm
エンジン メドウスESTB/A
直列6気筒液冷ガソリンエンジン
88 hp/2,800 rpm
乗員 3 名
テンプレートを表示

Mk.VI軽戦車は、戦間期にイギリスで開発された軽戦車第二次世界大戦前半に活躍した。

開発の経緯[編集]

イギリス軍に於ける軽戦車の始まりは1928年に採用されたMk.I軽戦車にさかのぼる。これは同国で開発されたカーデン・ロイド豆戦車に砲塔をつけたものであった。その後順次改良されつつMk.II(砲塔が角ばったものに変更)、Mk.III(サスペンションの変更)、Mk.IV(誘導輪の廃止)、Mk.V(砲塔要員が2名に増加)と、少量ずつ生産されてきた。1936年に本格的な大量生産型としてMk.VIが正式化される事となった。カーデン・ロイド系列の発展型となる軽戦車は、このMk.VI軽戦車が最終となる。

砲塔はMk.Vと同じく2名用で、12.7 mmおよび7.7 mmヴィッカース重機関銃を搭載していた。改良点としては装甲厚が最大14 mmになり、防御力が向上した。

配備[編集]

本格的に量産された本車は第二次世界大戦開戦の時点で約1,000輌が配備されていた。主に偵察戦車として騎兵連隊に配備されたものが多かったが、機甲部隊にも不足する戦車の数合わせ配備されていた。ヨーロッパや北アフリカ、果ては太平洋戦線まで、イギリス軍が戦ったあらゆる場所に配備された。

ダンケルクの戦いまでに約1,400輌が生産された。

バリエーション[編集]

対空型
Mk.VI
Mk.Vに対して砲塔の容積が増やされ、No. 7 無線機を搭載しているが、サスペンションや車体などはほとんど同じ構造である。
Mk.VIA
上部転輪の位置が変更され、Mk.VIでは円筒形であった司令塔が八角形に変更された。
Mk.VIB
司令塔は再び円筒形になった。
Mk.VIC 
主武装を15mmベサ重機関銃(弾薬搭載量 175発)、副武装を7.92 mmベサ重機関銃(弾薬搭載量 2,700発)に変更した火力増強タイプ。司令塔は廃され砲塔上部にはハッチとペリスコープが設置された。また、砲塔左側面に機関銃発射時用の排煙装置が設けられた。キャタピラと転輪も幅広に変更。
対空型 
7.92mmベサ重機関銃4挺を搭載したタイプ。

運用国[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]