センチュリオン (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センチュリオン
Centurion cfb borden 1.JPG
20ポンド砲を搭載したMk.3
性能諸元
全長 9.83 m
車体長 7.55 m
全幅 3.39 m
全高 3.01 m
重量 52 t
懸架方式 ホルストマン方式
速度 34 km/h
行動距離 450 km
主砲 Mk.I~II:58.3口径17ポンド砲(70発)
Mk.3~8:66.7口径20ポンド砲(65発)
Mk.9~:51口径L7 105mm砲(64発)
副武装 Mk.I~4:7.92 mmベサ重機関銃
Mk.5~:7.62 mmM1919重機関銃(4,200発)
装甲 砲塔
前面 152 mm 側面 65 mm
後面 50 mm 上面 25 mm
車体
前面 76 mm(Mk.5/1以降、+50.8 mm)
側面前部 51 mm
側面後部上 36 mm
側面後部下 20 mm
車体上面 25 mm
底面 17 mm
装甲スカート 5 mm
エンジン ロールス・ロイス
ミーティア・ガソリンエンジン
650 HP
乗員 4 名
テンプレートを表示

センチュリオンCenturion)とはイギリスで開発された戦車であり、第二次世界大戦後第一世代の主力戦車である。

イギリスの他各国に輸出され使用された。“センチュリオン(Centurion)”の名称はローマ軍団の「centuriō(百人隊長(ケントゥリオ)」に由来する。

概要[編集]

第二次世界大戦までのイギリス陸軍では戦車を、機動戦に使用する高速力の巡航戦車と、重装甲で歩兵を援護する歩兵戦車に分けて開発、運用していたが、北アフリカ戦線西部戦線でのドイツ軍との戦闘で、巡航戦車は装甲の貧弱さ、歩兵戦車は機動力の無さが明らかになった。またドイツ軍の重戦車を撃破可能な17ポンド砲は砲塔が狭すぎ搭載できなかったため、巡航戦車と歩兵戦車、それぞれの長所を兼ね備えた強力な戦車の開発が進められた。

その開発はA41巡航戦車として始まった。イギリス国内での鉄道による輸送を考慮した車幅制限が撤廃された。これにより大直径の砲塔リングが使用可能となったことで17ポンド砲を搭載し、ドイツ軍のティーガー重戦車と正面から撃ち合える火力と装甲を持った。装甲を備える事を最優先にサスペンション等は保守的な部分を残していた。

原型20輌はミドルセックスのAEC社に1944年に発注され、1945年に最初の6輌が完成したが、最初の戦場になる筈だったベルギーへの輸送中にドイツが降伏したため本格的な戦闘は経験しなかった。

  • 1 - 10号:呼称A41、17ポンド砲、20 mm ポールステン機関砲
  • 11 - 15号:呼称A41、17ポンド砲、7.92 mm Besa機関銃
  • 16 - 18号:呼称A41S、77 mm 砲、7.92 mm Besa機関銃(砲塔後部)
  • 19、20号:呼称A41S、77 mm 砲、7.92 mm Besa機関銃

センチュリオンMk.3からは攻撃力の高い20ポンド砲に換装し射撃を安定させるスタビライザーを搭載した。朝鮮戦争で初めて実戦を経験したMk.3はその高い能力を証明し、同戦争で用いられた戦車の中で最高の評価を得た。

設計は堅実で発展の余地があったため、その後もセンチュリオンの改良は休み無く続けられ、やがて20ポンド砲に代わる火力として後に西側第二世代戦車の標準装備となるL7 105 mm ライフル砲を搭載した。イギリスではチーフテンが配備されるまでの20年間、Mk.13まで改修を重ねて主力戦車の重責を果たした。さらに各国で独自の改修型、派生型が開発され、南アフリカのオリファントのように外見上はもはや別物化したものまで存在する。

各国での活躍[編集]

インド印パ戦争でセンチュリオンを投入、パキスタン軍のM47パットン及びM48パットンと交戦、待ち伏せ攻撃により圧勝した。

また、オーストラリアベトナム戦争の派遣軍に参加する際にセンチュリオンを投入したが、戦車戦は発生しなかった。

南アフリカ共和国製の改良型、オリファントMk 1B

また、南アフリカもナミビア経由でのアンゴラへの侵攻(South African Border War)にセンチュリオンを投入し、アンゴラ軍T-54/55T-62と交戦している。

イスラエルでの活躍[編集]

センチュリオンは朝鮮戦争での活躍から世界各国で主力戦車として導入されたが、中でもイスラエルに導入されたセンチュリオンは改良を加えられ幾度かの戦役に参加し活躍した。

イスラエルはイギリスとチーフテン改良型の共同開発の契約を結び(後にアラブに歩み寄ったイギリスに一方的に破棄されたが)、その契約の一部として同国製のセンチュリオンMk.3を導入、その後もイギリスやオランダの車両更新に伴う余剰センチュリオンを大量に購入した。

イスラエルが使用したセンチュリオン

期待を受けイスラエルに導入されたセンチュリオンではあったが、元来ヨーロッパでの運用を前提として設計されていたために熱波と細かな砂塵にさらされる中東で各種のトラブルが頻発し、当初の搭乗員の評価は散々なものであった。しかし、その後の主砲やエンジン、トランスミッションなどの換装により第三次中東戦争(六日間戦争)や第四次中東戦争(ヨム・キプール戦争)でアメリカ製のM48パットン/M60パットンマガフ)と共に激戦を戦い抜いた。アラブ連合側のソ連T-55T-62と激戦を繰り広げ、文字通り戦車の墓場となった涙の谷と言う戦場も残した。

その後、主力戦車の座はメルカバに譲ったものの、対戦車ミサイル対策としてリアクティブアーマーを装着してレバノン内戦等にも投入された。現在は戦車としては退役したものの、その地雷などへの対抗性を買われて、ナグマショットやプーマ等の装甲兵員輸送車工兵車輌に改造され使用されている。

センチュリオンの改良により得られたノウハウはメルカバの開発に大いに生かされており(最初のプロトタイプはセンチュリオンを改造して製作されている)、特に旧式ではあるが交換が簡単で車内容積を広くできるホルストマン・サスペンションなど、走行装置の構成はセンチュリオンに酷似している。

バリエーション[編集]

Mk.I
Mk.II
砲塔を新設計の一体鋳造に変更、全車Mk.3に改修。
Mk.3
Mk.2の主砲を20ポンド戦車砲に変更、FCSを新型に変更。
Mk.4
主砲を95 mm 榴弾砲Mk.1Aに換装した火力支援型 試作のみ。
Mk.5
NATOでの弾薬共通化のため、機銃をM1919A4 7.62 mm 機関銃に変更。
Mk.5/1
生産終了後のMk.5の前面に厚さ2インチ(50.8 mm)の装甲板を追加。
Mk.5/2
生産終了後のMk.5の主砲をL7A1 105 mm ライフル砲に換装。
Mk.6
Mk.5/1とMk.5/2と同じ変更(装甲板の追加・主砲の換装)と燃料タンクを大型化。
Mk.6/1
赤外線暗視装置を搭載。
Mk.6/2
L21A1 12.7 mm 測距機関銃を搭載。
Mk.7
Mk.5の車体後部を延長し燃料搭載量を増加、主砲に排煙器を追加、対空用のM1919A4 7.62 mm 機関銃を装備。
Mk.7/1
生産終了後のMk.7の前面に厚さ2インチ(50.8 mm)の装甲板を追加。
Mk.7/2
生産終了後のMk.7の主砲をL7A1 105 mm ライフル砲に換装。
Mk.8
エンジンを改良型のミーティア Mk.IVCに換装。ハンガリー動乱時にイギリス大使館にもたらされたT-54戦車のデータから、生産の途中から車体前面の装甲強化が行われた最初の型。
Mk.8/1
Mk.8に赤外線暗視装置を追加。
Mk.8/2
主砲をL7A1 105 mm 戦車砲に換装。
Mk.9
Mk.7/1の装甲強化とMk.7/2の主砲換装の両方を実施した型。最初の1輌以外は全て既存のMk.7から改修された。
Mk.9/1
赤外線暗視装置を追加。
Mk.9/2
L21A1 12.7 mm 測距機関銃を搭載。
Mk.10
Mk.8の装甲を強化、主砲をL7A1 105 mm 戦車砲に換装、砲弾の搭載数増加、増加燃料タンクを装着。
Mk.10/1
赤外線暗視装置を搭載。
Mk.10/2
L21A1 12.7 mm 測距機関銃を搭載。
Mk.11
Mk.6に赤外線暗視装置とL21A1 12.7 mm 測距機関銃を搭載。
Mk.12
Mk.9/1の赤外線暗視装置搭載とMk.9/2の測距機関銃搭載の両方を実施した改修型。
Mk.13
Mk.10に赤外線暗視装置とL21A1 12.7 mm 測距機関銃を搭載。

特殊な派生型[編集]

FV4003 センチュリオン Mk.5 AVRE 165
FV4003 センチュリオン Mk.5 AVRE 165
戦闘工兵車仕様。Mk.5の車体に障害物破砕用の165 mm 砲を搭載し、車体前面に液圧式ドーザーブレードか地雷処理装置を装備可能。さらにGiant Viper地雷処理装置を牽引して運用する。工作作業用の粗朶や1 m 級の鉄骨の束を運搬可能。5人乗り。湾岸戦争で使用された。


センチュリオン Mk.12 AVRE 105
元々砲兵随伴車(Artillery Observer vehicles)だった車輌を戦闘工兵車に改修した車両。
FV4019 センチュリオン Mk.5 ブルドーザー
センチュリオン Mk.5に戦闘工兵車用のブルドーザーブレードを装着した型。センチュリオンを装備する1個中隊につき1輌配備されていた。
FV4016 センチュリオン ARK
FV4016 センチュリオン ARK
架橋戦車仕様。75フィートまでの間隔の河川ないし溝に橋を渡すことができ、その橋は80tまでの重量に耐え得る。


FV4002 センチュリオン Mk.5 ブリッドグレーヤー
FV4002 センチュリオン Mk.5 ブリッドグレーヤー
センチュリオン Mk.5の車体にNo.5戦車橋を装着した架橋戦車。橋は2分以内に45フィートまでの長さにかけることが可能であり、80tまでの重量に耐えることが可能。


FV4013 センチュリオン ARV Mk.1
センチュリオン Mk.1/Mk.2の車体を元にした装甲回収車。砲塔はクレーンと72馬力Bedford QL truckによって稼動するウインチに換装されている。180輌前後が製造され、一部は朝鮮戦争で運用されたが、1959年以降は訓練にのみ使用されている。
FV4006 センチュリオン ARV Mk.2
FV4006 センチュリオン ARV Mk.2
センチュリオン Mk.1/Mk.2/Mk.3の車体を元にした装甲回収車。砲塔は90tまでの重量物を牽引可能なクレーンウインチのユニットに換装され、それらは補助エンジンで稼動する。車長用キューポラには、.30口径の機関銃が装着されている。


FV4018 センチュリオン BARV
FV4018 センチュリオン BARV
海岸装甲回収車仕様で、イギリス軍では最後まで使用されていたセンチュリオンシリーズである。2003年まで最後の1輌がイギリス海兵隊で運用されていたが、現在はレオパルト1の車体を基にしたHippoに更新されている。


海外の派生型[編集]

テンペスト
シンガポール軍仕様のセンチュリオン。具体的な近代化改修の内容は不明。
オリファント
南アフリカ共和国仕様のセンチュリオン。アフリカ大陸南部での運用に最適化された改修がなされている。MK1のほかA型、B型、MK2が存在する。
ショット
イスラエル仕様のセンチュリオン。中東の砂漠地帯での円滑な運用を目的とした改修が行われている。「ベングリオン」と呼称される事があるが、これは西側メディアが勝手に付けた呼称である。
ナグマショット
ショット・カルの砲塔を撤去して10人の歩兵を登場可能にした、装甲兵員輸送車。
ナグマホン
上述のナグマショットに、「犬小屋」と呼ばれる箱形の戦闘室を設置した装甲兵員輸送車。おもにパレスチナ自治区におけるインティファーダ鎮圧などの治安維持任務に使用される。
ナクパドン
ナグマショットに、複合装甲などを追加して防御力を強化した装甲兵員輸送車。
プーマ戦闘工兵車
ショット・カルを改修して製造された戦闘工兵車。
Stridsvagn 81
20ポンド砲仕様のMk.3にスウェーデン製の無線機を搭載するなどした型。240輌製造。
Stridsvagn 101
L7 105 mm 砲仕様のMk.10にスウェーデン製の無線機を搭載するなどした型。110輌製造。
Stridsvagn 101R
1980年代に、Stridsvagn 101にレーザー測距儀を搭載するなどした型。
Stridsvagn 102
1960年代初頭に、Stridsvagn 81の主砲をL7 105 mm 砲に換装した型。
Stridsvagn 102R
1980年代に、Stridsvagn 102にレーザー測距儀を搭載するなどした型。
Stridsvagn 104
1980年代に、レーザー測距儀を搭載しエンジンをディーゼルエンジンに換装するなど、イスラエルのショット・カルに準じた改造を行った型。1980年代に、80輌がStridsvagn 102より改修。
Stridsvagn 105
Stridsvagn 102Rに新型のサスペンションを換装するなどした型。試作のみ。
Stridsvagn 106
Stridsvagn 101Rのサスペンションを新型に換装するなどした型。試作も行われなかった。
Bärgningsbandvagn 81
センチュリオンの車体を基にした装甲回収車のスウェーデン軍仕様。

採用国[編集]


関連項目[編集]