水陸両用車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国の水陸両用バス
第26海兵隊遠征隊のAAV7

水陸両用車(すいりくりょうようしゃ)は、水上、陸上共に走行が可能な自動車である。主として軍事用だが、民間でも観光や趣味に利用される。

概要[編集]

軍事用の他、水難救助車、災害対策車両などとして使われる。日本においては水上を走行する場合、船舶の扱いとなるため、運転手は通常の免許のほか、船舶免許も所持する必要がある。ドイツシュビムワーゲンRMA製アンフィレンジャー2800SR、フォード GPAジープなどがある。水上での航行に耐えるように水密構造になっている他、末尾に航行用のスクリューを装備しているものが多い。

大量生産された市販車両としてアンフィカーがあり、また、2003年には、スポーツカースタイルのギブス・アクアダが発表され、大きな話題となった。他にも市販車などを改造した水陸両用車も存在する。

軍事用としては、渡河や上陸作戦などに使用される。特に上陸戦に使われる本格的な物がそう呼ばれるが、一般の装甲車両でも簡易な渡河能力を持っている物が少なくない。これらのうち兵員輸送能力がなく、戦車および軽戦車としての機能を持っている物を特に水陸両用戦車と呼ぶ。陸上自衛隊が装備する94式水際地雷敷設装置も水陸両用車である。

基本的には船舶ではないため長距離の航行には向かないが、BBC自動車番組トップ・ギアのSeries10 Episode3において、日産・ダットサントラックのD21型を改造した水陸両用車でドーバー海峡(約34km)の横断に成功している。

ダックツアー[編集]

水陸両用車を使った観光ツアーをダックツアーと呼び、日本では日本水陸観光株式会社が、チャレンジャー号、LEGEND零ONE号、LEGEND零TWO号、LEGEND零THREE号、LEGEND零FOUR号、GAIA-SP号の6台を使用し、各地でダックツアーを行っている。また、ドイツRMA製アンフィレンジャー2800SRの世界初の水陸両用タクシーも2台運行している。(かっぱ号、かっぱ2号)

また、2007年9月からダックツアータイコーDUKWを改造したバスを使用し、メリケンパークを起点として神戸市内を周遊する定期観光ツアー「スプラッシュ神戸」を運行していたが、使用していた2台で事故や故障が相次いで発生したため2012年8月18日以降運休中である。

米国では軍用の水陸両用トラックであるDUKWをバスに改造した物が水陸両用バスとして運行されている。

水陸両用バス[編集]

チャレンジャー号[編集]

概要[編集]

日本初の水陸両用バス・チャレンジャー号、川治ダム管理支所で2007年8月28日に撮影、未知普請号を名乗っていた頃の名残で搭乗口ドアの内側に未知普請のロゴが残っている
チャレンジャー号の運転席、ハンドル左側はエンジンの水陸切り替えパネル、ハンドル右側は操舵用スティック

いすゞ自動車の8tトラックを元に米国の水陸両用車メーカーであるCAMI(en)が改造した日本初の水陸両用バスであり、車体の購入や改造等の費用に1億円を要した。

最大搭載人員は39人で、車体の大きさは全長が約12m、全幅は2.5mとなっており、車高が高く運転手の目線位置で高さ3mになる。

水陸兼用のエンジンを1台搭載しており、使用済み天ぷら油を燃料に使用して、最高速度は陸上で120km/h、水上では約8ノットとなっている。

略史[編集]

2000年8月 ジャパンダック株式会社設立(輸入元)

2001年8月 NPO法人「大阪・水かいどう808」設立(企画主体)

2002年7月 横浜港で水揚げ。

9月 近畿運輸局より自動車検査証交付。翌年3月に京都で開催される第3回「世界水フォーラム」のキャラバンカーとして全国11ヶ所を巡り試乗会などを行う全国キャラバンを開始。

11月 近畿運輸局より船舶検査証交付。

2003年6月から2005年12月までの間は、名前を未知普請号(みちぶしんごう)として、国土交通省近畿地方整備局が開催したイベントなどで改革プロジェクト「未知普請」の啓発活動を行った。

2006年8月19日から9月3日までの間に、体験試乗会の親子ダム探検ツアーで運行される。水陸両用バスとして日本初の許可を受けた旅客不定期航路事業で、道の駅湯西川を出発して五十里ダム資料館見学や川治ダム湖クルージングを行った。参加費は無料で約1,000人が参加した。

国土交通省は2007年6月12日、日本で初めてとなる水陸両用バスの営業を許可した。道路運送法および海上運送法に基づく申請を受けて、海上運送法21条1項にもとづく旅客不定期航路事業の許可を行ったのである。これによりNPO法人大阪・水かいどう808等を事業主体として、2007年6月中下旬に大阪市のなんばパークス大川の間を往復するというルートのツアーが行われた。

2007年7月7日から2007年11月10日までの間、国土交通省や地元関係者などで作る鬼怒川流域ダム観光活性化会議が企画して、晃麓観光が運行を担当した「水陸両用バスで行くダム冒険ツアー」で使用された。これは観光目的での集客見込み等の社会実験として、栃木県日光市の川治ダム内部見学とダム湖上クルージングを組み合わせたツアーであり、108日間で409便を運行して合計1万1,136人の乗客が参加した。

2007年12月1日以降は、日本水陸観光が企画・実施する大阪ダックツアーで運行されている。シティプラザ大阪を出発地として御堂筋の走行や中之島周辺のクルージングを行うツアーで、ツアー実施期間を限定しない定期運行となる。

2009年12月20日に大阪ダックツアーの運行(運航)を終了。

2010年1月から諏訪湖探検ダックツアーで運行(運航)を開始。

2013年7月14日に運行(運航)を終了。

2014年5月3日から霞ヶ浦ダックツアーで運行(運航)開始

ギャラリー[編集]

LEGEND零ONE号[編集]

概要[編集]

いすゞ自動車の8tトラックを国内で改造した国産初の水陸両用バス。全長11.85m、全幅2.5m、全高3.65mで、乗車定員は42人。陸上用と水上用の2台のエンジンを搭載しており、最高速度は陸上が90km/hで、水上は5ノット。このバスは日本を走る水陸両用バスで初めて4WDが採用された。

略史[編集]

2008年7月11日に大阪市内で完成披露が行われ、桜之宮公園から大川へ進水して遊覧を行った。

2008年7月19日から11月30日までの間、日本水陸観光が企画・実施する湯西川ダックツアー(ダムとダム湖探検ツアー2008)で運行される。前年度はチャレンジャー号を使用していたツアーで、道の駅湯西川を出発地に川治ダムのキャットウォーク見学や川治ダム湖でのクルージングを行う。当初は11月3日まで運行される予定だったが、好評のため11月30日まで延長され、合計1万5,332人の乗客を運んだ。バスの運行と整備は晃麓観光バスが担当。

2008年12月27日から2009年3月19日までの間、日本水陸観光が企画・実施する沖縄・美ら海ダックツアーで運行される。沖縄県立博物館・美術館を出発地とする計約90分間のツアーで、宜野湾港マリーナにおいて約20分間のクルージングを行う。

2009年5月1日から日本水陸観光が、長野県諏訪市SUWAガラスの里の美術館を起点(2010年からは、峠の釜めし本舗おぎのや 諏訪インター店を起点)として諏訪湖をクルーズする定期観光ツアー「諏訪湖探検ダックツアー」を運行していた。

2009年7月に諏訪湖探検ダックツアーでの運行(運航)を終了。諏訪湖探検ダックツアーはLEGEND零TWO号で運行(運航)を開始。

2009年12月16日から大阪ダックツアーで運行(運航)を開始。

2010年4月19日に大阪ダックツアーでの運行(運航)を終了。現在は湯西川ダックツアーで運行(運航)をしている。

2012年3月20日-4月8日まで東京湾の水辺活性化社会実験も含めて東京ダックツアーで運行(運航)。

ギャラリー[編集]

LEGEND零TWO号[編集]

概要[編集]

いすゞ自動車の8tトラックを国内で改造した国産二台目の水陸両用バス。全長11.95m、全幅2.5m、全高3.75m、喫水1.120mm、幅(船舶)2.44mで、乗車定員は42人。陸上用エンジンと水上用エンジンを1台ずつ搭載しており、最高速度は陸上が90km/hで、水上は5ノット。

略史[編集]

2009年7月、改良を重ねて国産2台目としてLEGEND零TWO号がデビュー。 デビュー当時は諏訪湖で諏訪湖探検ダックツアーで使用されていた。

2010年3月上旬、大阪ダックツアーで運行(運航)を開始。

2010年3月20日、大阪ダックツアーでLEGEND零ONE号とLEGEND零TWO号の2台運行(運航)が開始され、大阪で活躍した。

2010年11月15日、第14回大阪・淀川市民マラソンで展示。

2011年4月19日、2台運行(運航)終了。LEGEND零TWO号のみの大阪での運行(運航)。

2011年11月13日、第15回大阪・淀川市民マラソンで展示。

2013年3月21日、大阪ダックツアーでの運行(運航)を終了。

2013年6月21日、津軽ダム完成後の水源地域の活性化に向け、水陸両用バスでの社会実験運行(運航)を実施。

2013年6月22日、運行(運航)を終了。

2013年7月15日、6万人乗車達成セレモニー開始に伴い、諏訪湖探検ダックツアーで運行(運航)を開始。

ギャラリー[編集]

LEGEND零THREE号[編集]

概要[編集]

いすゞ自動車の8tトラックを国内で改造した国産三台目の水陸両用バス。全長11.85m、全幅2.44m、全高3.70m、喫水1.120mm、幅(船舶)2.44mで、乗車定員は42人。陸上用エンジンと水上用エンジンを1台ずつ搭載しており、最高速度は陸上が90km/hで、水上は5ノット。

略史[編集]

2011年7月、新造。登場当時はみちのくダックツアーで運行(運航)開始。

2012年3月20日、東京湾水辺社会実験も含め東京ダックツアーで運行(運航)開始。

2012年10月14日、東京ダックツアーの運行(運航)を終了。

2013年4月14日、ハウステンボスダックツアーで期間限定で運行(運航)開始。

2013年6月23日、ハウステンボスダックツアーで期間限定の運行(運航)を終了。

2013年6月28日、鹿児島県南さつま市の美しい海岸線と海を活かした観光開発を図るため、「南さつま海道 潮風モニター」で実証運行(運航)開始。

2013年6月30日、実証運行(運航)終了。

2013年7月21日、品川区水辺観光実証実験も含め東京ダックツアーで運行(運航)開始。

2013年8月18日、品川区水辺観光実証実験も含めた東京ダックツアーでの運行(運航)を終了。

2013年11月3日、第17回大阪・淀川市民マラソンで展示。

2014年3月1日、びわ湖ダックツアーの運行(運航)開始。

ギャラリー[編集]

LEGEND零FOUR号[編集]

概要[編集]

いすゞ自動車の8tトラックを国内で改造した国産四台目の水陸両用バス。全長11.87m、全幅2.45m、全高3.65mで、乗車定員は42人。陸上用エンジンと水上用エンジンを1台ずつ搭載しており、最高速度は陸上が90km/hで、水上は5ノット。

略史[編集]

2013年3月22日、大阪ダックツアーで運行(運航)を開始。

ギャラリー[編集]

GAIYA-SP号[編集]

概要[編集]

20人乗りの中型水陸両用観光バス。デザインはダックツアーの船長さんの意見や、これまでのバスの改善点をもとにデザインされた。三菱ふそうトラック・バスの4tトラック(三菱ふそう・ファイター)を国内で改造したバス。全長9.5m、全幅2.4m、全高3.58mで、乗車定員は22人。陸上用1台と水上用2台のエンジンを搭載し、水上用のエンジンはSUZUKIの船内機を使用している。最高速度は陸上が110km/hで、水上は5ノット。

略史[編集]

ギャラリー[編集]

YAMANAKAKO NO KABA[編集]

概要[編集]

チャレンジャー号同様米CAMI製の水陸両用バス。全長11.9m、全幅2.48m、全高3.7mで、乗車定員は34人、航海速力6.5ノット。富士急山梨バスが保有しており、車体のデザインは水戸岡鋭治が手掛けている。

略史[編集]

2011年4月30日より運行開始。山中湖の南側にある旭日丘バスターミナルを出発し、まず山中湖村役場周辺の道路を周回。その後湖畔に乗り入れ、バス運転士から船舶免許を保有している操縦士に交代したのち山中湖に入り湖の東側を一周する。その後再び上陸して乗務員交代ののち旭日丘バスターミナルへ戻るコースをとっている。1周につき30分。バス運転士と操縦士以外にもバスガイドが添乗しており、案内を行っている。


水陸両用船 SPLASHⅡ[編集]

概要[編集]

略史[編集]

ギャラリー[編集]

水陸両用タクシー[編集]

AmphiRanger2800SR[編集]

概要[編集]

略史[編集]

エンジン水冷V型6気筒SOHCのインジェクション仕様、ボアφ93×ストローク72mmの2,933ccで140仏馬力/5,000rpmまたは145仏馬力/5,500rpm、22.6kgm/3,000rpm。フロントエンジン。陸上では4WDで走行し最高速度140km/h、水上では電動格納式のスクリューを出して走行し15km/h。乗車定員5名。燃料はガソリンでタンク80リッター。タイヤは215R16。車体は一体型ロールバーや浮力室を持つ特殊な構造のアルミニウム製で車両重量は1,940kgに及ぶ。日本にも左右ハンドル仕様とも日商岩井(現双日)が輸入し1993年2,435万円、1994年約2,600万円で販売され、電力会社のパトロールや緊急車両として導入された。日本には数台が走っている。現在走っているのを見られるのは日本水陸観光株式会社が所有している車で、大阪市の大川・道頓堀川・土佐堀川・東横掘川・寝屋川・第二寝屋川で見ることが出来る。入水・上陸地点は、大阪ダックツアーで使われている毛馬桜之宮公園のスロープを使用する。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]