Mk.VIIテトラーク軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mk.VII 軽戦車 テトラーク
Tetrarch - Light Tank Mark VII.jpg
性能諸元
全長 4.11 m
全幅 2.31 m
全高 2.12 m
重量 7.62 t
速度 64.37 km/h
行動距離 225 km
主砲 52口径2ポンド戦車砲×1
(弾薬搭載量 50発)
副武装 7.92mmベサ機関銃×1
(弾薬搭載量 2,025発)
装甲 14 mm(最大)
エンジン メドーズ M.A.T
12気筒液冷ガソリンエンジン
165 hp / 2,700 rpm
乗員 3 名
テンプレートを表示

Mk.VII 軽戦車 テトラークは、第二次世界大戦時にイギリスによって開発、使用された軽戦車空挺戦車としても使用された。「テトラーク (Tetrarch)」とは、古代ローマにおける四帝分割(テトラルキア)時代の分割統治者の意味。

開発の経緯[編集]

1937年、ビッカース・アームストロング社はそれまでのMk.VI軽戦車の後継車両を独自に開発することを決定した。1937年12月に試作車が完成、1938年に軍の試験を受けた結果、A17軽戦車として制式採用された。

従来のMk.VI軽戦車まで用いられていたホルストマン式懸架装置を廃し、イギリス、ソ連の戦車に大きな影響を与えたジョン・W・クリスティーの一連の戦車に見られる大型転輪を片側に4つ装備することになった。また他の戦車と比べ変わっていたのは、第1転輪を左右に操向することにより履帯を直接曲げて方向転換する方式を採用していたことで、これにより自動車式のハンドルで運転できた。

実戦での運用[編集]

本車は1940年より生産開始された。しかし、1940年5月のダンケルクの戦い(ダンケルク撤退作戦)の後はドイツの機甲部隊に対する量的不足を埋めるために巡航戦車歩兵戦車の生産に追われる状況となり、一時生産が中断した。こうした状況下で同年11月にようやく量産型が引き渡され、177輌が生産されたが、1941年4月にはドイツ軍のイギリス本土爆撃により生産を行っていたメトロ・カルテル社の工場が被害を受け、再び生産は中止された。

20輌が同盟国であったソ連に供与されてロシア戦線に参加し、マダガスカル島上陸作戦などで実戦使用されたが評価は低く、また当時のイギリス軍の主戦場であったアフリカなどの熱帯では使えないことが判明した。そのため第一線からは退くこととなった。

本車に目をつけたのはイギリス軍空挺部隊であった。1943年に空挺部隊に移管され、グライダー搭載の空挺戦車として配備された。1944年6月のノルマンディー上陸作戦では大型グライダーのGAL-49 ハミルカーと共に6輌が実戦に投入された。1945年のライン川渡河作戦にも少数が参加した。

第二次世界大戦後も空挺部隊に配備されていたテトラークだが、イギリス空挺部隊がグライダーを廃止したこともあり、1949年に退役した。

派生型[編集]

テトラークICS
近接支援用の3インチ(76.2 mm)榴弾砲を搭載した車輌。
テトラークDD
ニコラス・ストラウスラーの提案によるストラウスラー・フロートの実証試験用に改装された水陸両用戦車。車体上部を覆うキャンパスにより浮力を与えられており、車体前部に推進用のプロペラが設けられた。
Mk.VIII ハリー・ホプキンス軽戦車 
A25
ビッカース社によって生産された後継車輌。砲塔や車体の形状が変更されており、装甲も強化されている。1944年までに計100輌が生産されたが、実戦には用いられなかった。