南コーカサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南コーカサス周辺の衛星写真国境
カフカス山脈

南コーカサスロシア語Закавказье、ザカフカジエ, Zakavkazʹe)は、アゼルバイジャンアルメニアグルジアの3国の総称。ロシア語としては不正確だがザカフカスとも言う。また英語ではトランスコーカシア (Transcaucasia) またはトランスコーカサス (Transcaucasus) 。南カフカスとも。

ザカフカジエとの呼称は、トランスコーカシア(トランスコーカサス)は、それぞれロシア語・ラテン語で「コーカサス山脈の向こう側」であり、北のロシア側から見た呼称であるため、「向こう側」とは「側」を意味する。この呼称はモスクワ中心の考えであることから、近年日本語では避けられる傾向がある。なお、厳密にはロシアのソチ周辺は南側、アゼルバイジャンのダヴァヒ県クバ県クサル県シヤザン県ハヒマズ県ヒジ県は北側に位置する。

ロシア、南はトルコイラン西黒海カスピ海に囲まれる。ヨーロッパではなくアジアに属するが、長くソ連領だったこともあり、西アジア中東には含めないことが多い。

コーカサスはコーカサス山脈周辺の地域をさすが、その南部を占める。しばしば、ザカフカジエとの呼称で単にカフカース、コーカサスを指すこともあるが、文脈によって(特にロシアに関する話題で)は北コーカサスを意味することも多いので注意を要する。

地形[編集]

グルジア西部のコルヒダ低地、アゼルバイジャン中東部のクラアラクス低地を除けば、山岳地である。南部には小カフカス山脈がある。

民族[編集]

南コーカサス周辺の民族分布

それぞれの国家の主要民族はそれぞれアゼルバイジャン人アルメニア人グルジア人である。ほかに少数民族として、ソ連時代の移民の子孫であるロシア人、グルジアのアブハジア人アジャール人オセチア人ギリシア人、アルメニアのクルド人などがいる。

グルジアの主要少数民族は、民族自治区としてアブハジア自治共和国アジャリヤ自治共和国南オセチア自治州を形成している。アブハジアと南オセチアでは独立運動が盛んで、グルジア政府の権力の及ばない事実上の独立国となっている。

アゼルバイジャン人とアルメニア人の居住地域は複雑に入り込んでおり、民族紛争の火種となっている。アゼルバイジャンはアルメニアとイランに囲まれた地域に飛び地のナヒチェヴァン自治共和国を領有している。アゼルバイジャン国内のアルメニア人自治区であるナゴルノ・カラバフは、アルメニアの支援を受け、事実上の独立国となっている。これらの地域を含む国境地帯では、民族浄化(虐殺はまれで主に強制移住難民)により、小さな民族的飛び地や混住地域が消滅している。

文化[編集]

山岳で隔てられていることもあり、各国の文化は大きく異なっていて、共通点は少ない。

主要言語は、アゼルバイジャンはトルコ語系アゼルバイジャン語、アルメニアはインド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派アルメニア語、グルジアはこの地域以外にはほとんど分布しない南コーカサス語族グルジア語である。

主要宗教は、アゼルバイジャンはイスラム教シーア派が多数)、アルメニアはキリスト教アルメニア教会、グルジアはキリスト教グルジア正教会である。

歴史[編集]

ザカフカース・ソビエト連邦社会主義共和国の国章