アゼルバイジャン民主共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゼルバイジャン民主共和国
Azərbaycan Xalq Cümhuriyyəti
آذربایجان خلق جمهوریتی
ザカフカース民主連邦共和国 1918年 - 1920年 アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国
アゼルバイジャン民主共和国の国旗
(国旗)
公用語 アゼルバイジャン語
首都 バクー
大統領
1918 - 1920 メフメト・エミーン・レスールザーデ
変遷
独立 1918年5月27日
共和国廃止 1920年

アゼルバイジャン民主共和国(あぜるばいじゃんみんしゅきょうわこく、アゼルバイジャン語: Azərbaycan Xalq Cümhuriyyəti / آذربایجان خلق جمهوریتی)は1918年から1920年にかけてアゼルバイジャンに存在した国家。アゼルバイジャン人民共和国とも称する。ロシア革命にともない、民族主義政党を中心として独立を果たしたが、イギリス軍に占領されたためにやってきたロシア社会主義連邦ソビエト共和国赤軍バクーをおとされてアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国に発展的解消する。

歴史[編集]

ソビエト側の26人の人民委員を処刑する民主共和国の兵士

1918年5月、民族主義政党のミュサヴァト党が中心となりギャンジャで独立宣言を行い、9月にはバクーを征服した。イスラーム教徒が主体となって樹立したイスラム世界初の共和国だが、政教分離、信教の自由を定めた世俗憲法を持ち、多党制による議会政治が図られた。1919年パリ講和会議にも代表を派遣した。しかし、カラバフなどをめぐってアルメニア第一共和国と戦争に突入し、議会も多党制で安定せず、さらにバクーが石油の産出地であり軍事戦略的に重要な都市であったことから、政治的独立を維持することは極めて困難であった。1920年、赤軍によってバクーが征服されてソビエト政権が成立し、アゼルバイジャン民主共和国は2年ともたずに滅亡した。その後、ロシア共産党はアゼルバイジャンとグルジアアルメニアを統一し、1922年末にザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国を成立させた。