ボグド・ハーン政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンゴル国
Монгол улс
清 1911年 - 1924年 モンゴル人民共和国
モンゴルの国旗
国旗
国歌: モンゴルの国歌
モンゴルの位置
公用語 モンゴル語
首都 フレー
皇帝ハーン
1911年 - 1924年 ボグド・ハーン
首相
1912年 - 1919年 Төгс-Очирын Намнансүрэн
1921年 - 1921年 ダムビン・チャグダルジャヴ
1921年 - 1922年 ドグソミーン・ボドー
1923年 - 1924年 バリンギーン・ツェデンドルジ
変遷
からの独立を宣言 1911年12月29日
キャフタ協定調印 1915年6月7日
中華民国の協定破棄 1919年11月23日
人民革命政府成立 1921年7月11日
人民共和制に移行 1924年11月26日
通貨 銀両
モンゴル・ドル
モンゴルの歴史
中国 モンゴル高原
獫狁 葷粥 山戎
月氏 匈奴 東胡
 
丁零 鮮卑
魏晋南北 高車 柔然
鉄勒 突厥
  東突厥
回鶻
五代 黠戛斯 達靼 契丹
北宋 ナイマン ケレイト
南宋 (乃蛮) (客烈亦) モンゴル
モンゴル帝国
大元
北元(韃靼)
ハルハ
中華民国 モンゴル国
中華人民
共和国
モンゴル人民共和国
モンゴル国

ボグド・ハーン政権(ボグド・ハーンせいけん)は、1911年から1924年まで断続的にモンゴルを支配した政権。国号モンゴル国と称し、活仏ジェプツンダンバ・ホトクト8世(ボグド・ハーン)を皇帝ハーン)として戴いた君主国である。

歴史[編集]

20世紀に入ると、欧米列強植民地主義に圧倒され、清朝の衰退が顕著になっていた。そんな中、かねてより清の統治に不満のあった外蒙古諸王公は清朝からの分離独立を模索していた。1911年10月、辛亥革命によって清の実効統治が急速に弱体化すると、外モンゴルのハルハ地方の諸王侯はロシア帝国の力を頼って清からの独立を決意した。同年12月、モンゴル最高の活仏であるジェプツンダンバ・ホトクト8世を清朝皇帝に代わる君主としてボグド・ハーンに推戴する儀式が挙行された。こうして誕生したボグド・ハーン政権は、1913年には、同じく清朝からの独立運動を展開していたチベットとの間で相互承認条約を締結した。ボグド・ハーン政権の統治機構は清朝のそれをほぼ承継し、速やかな政府構築を行なった。また、モンゴル統一のため内蒙古に軍を派遣し、一時はその大部分を制圧したが、政権の後ろ盾であるロシア帝国が清朝との関係悪化を懸念し、モンゴル軍の内蒙古からの撤退を要求したため、断る術の無いボグド・ハーン政権は国土統一を目前にして撤収を余儀無くされた。

1915年キャフタ協定英語版で清朝の後継国家である中華民国宗主権下での外蒙古は自治のみが承認された。内蒙古でも独立を目指す動きが見られたが、内蒙古の大半の地域が漢民族居住地になっており、中国は内蒙古を手放そうとしなかった。また、漢民族が主体の内蒙古を併合することで政権の主導権を奪われることを恐れたモンゴル人の思惑もあり(既に内蒙古では、漢族がモンゴル族の5倍近い人口となっており、内蒙古をモンゴル領とした場合、モンゴル族より漢族の数の方が多くなってしまう可能性があった)、内外蒙古の合併は実現しなかった。

1917年ロシア革命が勃発してロシア帝国は崩壊し、中国は後ろ盾を失った外モンゴルに対する勢力回復に乗り出した。1919年にはモンゴルの自治権を撤廃し、モンゴル人国家は崩壊する。しかし、1920年赤軍との内戦を行っていたウンゲルン率いる白軍がモンゴルへ侵入して中国軍を駆逐、ボグド・ハーン政権を復興させた。その後、ウンゲルンの残虐な行動に人心が離反していく中、民族主義者社会主義者はモンゴル人民党(後のモンゴル人民革命党)を結成し、独立国家樹立のためロシア帝国の後継国家であるロシア・ソビエト連邦社会主義共和国に援助を求めた。これに応じた赤軍および極東共和国軍はモンゴルに介入して白軍を駆逐し、1921年7月、ジェプツンダンバ・ホトクト8世を君主として戴くモンゴル人民政府が樹立された。新生モンゴルは立憲君主国として出発し、ソビエト連邦の強い影響下で国家運営が行われた。

しかし、1924年にジェプツンダンバ・ホトクト8世が死去するとモンゴル人民政府は君主制を廃止し、政治体制人民共和国へと変更してモンゴル人民共和国が成立した。ソビエト連邦に次ぐ世界で2番目の社会主義国となったモンゴルは、その後ソビエト連邦と歩調を合わせ、その衛星国となった。

関連項目[編集]