ギャンジャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度40分58秒 東経46度21分38秒 / 北緯40.682778度 東経46.360556度 / 40.682778; 46.360556

ギャンジャ
Ganja
Gəncə
アゼルバイジャンの旗
Ganja Montage.jpg
Ganja coa.PNG
市章
位置
アゼルバイジャンにおけるギャンジャの位置の位置図
アゼルバイジャンにおけるギャンジャの位置
座標 : 北緯40度40分58秒 東経46度21分38秒 / 北緯40.68278度 東経46.36056度 / 40.68278; 46.36056
行政
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
 市 ギャンジャ
地理
面積  
  市域 110 km2 (40 mi2)
標高 408 m (1,339 ft)
人口
人口 (2009年現在)
  市域 313,300人
    人口密度   2,848人/km2(7,380人/mi2
その他
等時帯 UTC+4 (UTC+4)
夏時間 UTC+5 (UTC+2)
公式ウェブサイト : http://www.ganca.net

ギャンジャ(Gəncə, ゲンジェガンジャとも)は、アゼルバイジャン共和国の都市。人口は約30万人で、首都バクーに次ぐ、アゼルバイジャン第2の都市である。ロシア帝国時代にはエリザヴェトポリЕлизаветполь, Elizavetpol)、ソヴィエト連邦時代にはキロヴァバードКировабад, Kirovabad)と呼ばれた。

有名なペルシア人の詩人ニザーミーの生地として有名で、1991年に建設されたニザーミー廟がある。空港があり、空路で首都バクーなどと結ばれている。

歴史[編集]

5世紀ごろに建設された。ギャンジャという名称については、ペルシア語ganj ( گنج 「宝物」の意)が語源であるという説が有力。

この地方の商業・文化の中心として栄えたが、1139年地震1231年モンゴル人の来襲により衰退した。サファヴィー朝の支配下で復興する。1747年アッバース1世にちなんで、一時的にアッバサバード(Abbasabad)と改称された後、ギャンジャ・ハン国英語版の首都となる。第一次ロシア・ペルシア戦争にロシアが勝利した後、1813年10月、ゴレスターン条約によってロシア帝国に併合され、アレクサンドル1世の妻エリザベータにちなんでエリザベトポルと改称。

1918年、バクーが赤軍から奪還されるまでのあいだ、一時的にアゼルバイジャン民主共和国の首都となる。1920年にソヴィエト権力がアゼルバイジャンに樹立されると、町の名はギャンジャに戻された。1935年スターリンは革命家セルゲイ・キーロフにちなんで町の名をキロヴァバードと改めた。1991年、アゼルバイジャンの独立にともない、町の名は再びギャンジャに戻された。

姉妹都市[編集]

ゆかりの人物[編集]