スムガイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スムガユト
Sumqayıt
アゼルバイジャンの旗
Sumqayıt, 10-cu mik. 25.12.2011.jpg
位置
スムガユトの位置の位置図
スムガユトの位置
座標 : 北緯40度35分23秒 東経49度40分27秒 / 北緯40.58972度 東経49.67417度 / 40.58972; 49.67417
歴史
建設
地理
面積  
  域 96km2
人口
人口 (2008年現在)
  域 357,900人
その他
等時帯 AZTUTC+4
夏時間 なし
公式ウェブサイト : http://www.dushanbe.tj/

スムガユトアゼルバイジャン語: Sumqayıt)、あるいはスムガイトロシア語: Сумгаит)は、アゼルバイジャン共和国の都市。SumgaitSumqayytの表記も見られる。カスピ海に近く、首都のバクーの北西30kmに位置している。

歴史[編集]

1580年に定住が始まったとされるが、1920年代ソヴィエト連邦の支配下になるまで見るべきものは何もない。1935年、ソ連はアブシェロン半島に重工業を配置することを決定し、バクーへの近さや鉄道が走っていたことから、現在のスムガイトの地が選ばれる。まずバクーの石油産業に電力を供給するため、火力発電所が建設され、第二次世界大戦をはさんで、金属工学化学工業の工場が建設された。続々と住宅も建設され、1949年には市に昇格する。 しかし、同時に環境汚染が深刻化し、アゼルバイジャン独立後は、同国で最も環境破壊が深刻な地域となり、重工業も低迷した。2007年には雑誌「タイム」で「世界で最も汚染された都市」の1つに選ばれた。

スムガイト暴動[編集]

1988年2月29日、市内の路上やアパートで、アルメニア人住民に対するアゼリー人の群集の襲撃事件が発生、警察が傍観したことから、アルメニア人・アゼリー人双方の殺戮に発展した。暴動は3日間続き、負傷者2000人、死者32人(アルメニア人26人:アゼリー人6人)を数えた。この事件の後、全てのアルメニア人が町から脱出した。 アルメニア人とアゼリー人の抗争はナゴルノ・カラバフ戦争に繋がっていく。ナゴルノ・カラバフ戦争でナゴルノ・カラバフ自治州から難民となったアゼリー人の多くがスムガイトに移住してきた。

スムガイト・ポグロムの背景や経過は、スムガイト暴動(英文)

姉妹都市[編集]