クタイシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クタイシ
Kutaisi


紋章
クタイシの位置(グルジア内)
クタイシ
クタイシ
グルジア内の位置
座標: 北緯42度15分0秒 東経42度42分0秒 / 北緯42.25000度 東経42.70000度 / 42.25000; 42.70000
グルジアの旗 グルジア
地区 イメレティ地区
行政
 - 市長 Nugzar Shamugia
面積
 - 計 70km2 (27mi2)
人口 (2009年)
 - 計 198,403人
 - 人口密度 2,834人/km² (7,340人/mi²)
郵便番号 4600
市外局番 (+995) 331
ウェブサイト www.kutaisi.gov.ge

クタイシ(グルジア語でქუთაისი, Kutaisi)は、グルジア西部の中心都市。リオニ川の河畔に広がる。人口は約186,000人(2002年)。旧ソビエト連邦時代には、グルジア第2の工業都市として自動車工場などが有名であった。首都トビリシから221km。国会の所在地。

古代ギリシアの『アルゴナウタイ』物語で知られるコルキス王国(あるいはコルヒダ王国、紀元前6世紀-紀元前2世紀)の首都であった。975年から1122年までグルジア王国の首都。また、15世紀以降はイメレティ王国英語版1260年1810年)の首都でもあった。1810年ロシア帝国に併合された。

町を見下ろす丘に立つバグラティ大聖堂11世紀に完成)や、近郊のゲラティ修道院が有名。この2つはユネスコ世界遺産に登録されている。

1840年に開設されたクタイシのギムナジウムは、言語学者ニコライ・マルや心理学者ディミトリ・ウズナゼ、詩人ウラジーミル・マヤコフスキー、グリゴル・ロバキゼ、政治家ニノ・ブルジャナゼらを輩出している。

グルジアにおけるアヴァンギャルド運動の中核を担ったグループ「青い角」が1916年に結成され、30年代まで活動を続けていた。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]