セムナーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度33分 東経53度23分 / 北緯35.55度 東経53.38度 / 35.55; 53.38

セムナーン
سمنان
セムナーンの位置
セムナーン
セムナーン(イラン)
イラン
セムナーン
緯度
経度
北緯35度33分 東経53度23分 / 北緯35.55度 東経53.38度 / 35.55; 53.38
標高 1,138 m
人口 119,778 人 (2005)
- 都市
出典 : Gazetteer.deIndex Mundi

セムナーンペルシア語: سمنان‎; Semnān)はイラン北部の町でセムナーン州の州都。人口は2005年推計で119,778人[1]アルボルズ山脈南麓にあって標高は海抜1138mに位置する。穀物および棉花の地域的取引の中心である。


セムナーンで歴史的にもっとも重要な産業は織物と絨毯である。しかし今日、雇用人口比においてこれに匹敵するのが工業で、特に自動車、二輪車の製造業が強い。

セムナーンはテヘラン(220km)とマシュハド(685km)間の通商路上に位置し、伝統的にその重要な中継地点であった。今日ではテヘラン・マシュハド間は鉄道、道路で結ばれている。

街の西部にある「マーレ」は、もともとはセムナーンとは別の街で、マーレに住む人びとは地元の言葉でマーレジュと呼ばれた。マーレはクーエリー(コディーヴァール)、クーシュマガーン、ザヴァガーンから構成されていた。現在マーレはセムナーンの一部となっている。

高等教育機関[編集]

外部リンク[編集]