バート・イシュル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バート・イシュル
Bad Ischl
オーストリアの旗
バート・イシュル
バート・イシュル
バート・イシュルの市章
基礎自治体 (Gemeinde)
位置
バート・イシュルの位置の位置図
バート・イシュルの位置
グムンデン郡におけるバート・イシュルの位置の位置図
グムンデン郡におけるバート・イシュルの位置
座標 : 北緯47度43分 東経13度36分 / 北緯47.717度 東経13.600度 / 47.717; 13.600
行政
オーストリアの旗 オーストリア
  (Bundesland) オーバーエスターライヒ州の旗 オーバーエスターライヒ州
 郡 (Bezirk) グムンデン郡
 基礎自治体 (Gemeinde) バート・イシュル
地理
面積  
  基礎自治体 (Gemeinde) 162.8 km2 (62.9 mi2)
標高 468 m (1,536 ft)
人口
人口 (2006年1月現在)
  基礎自治体 (Gemeinde) 14,106人
    人口密度   87人/km2(224人/mi2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 06132
ナンバープレート GM
公式ウェブサイト : http://www.bad-ischl.ooe.gv.at/

バート・イシュル: Bad Ischl)は、オーストリアオーバーエスターライヒ州南部に属する基礎自治体 ( ゲマインデ )ザルツカンマーグート地域中央に位置し、トラウン川が街を流れている。

歴史[編集]

ハルシュタット文化の時代より居住が確認されており、1262年に最初の記述がある。 1419年アルブレヒト2世によって「Salzkammer」と呼ばれる地方議会がWildenstein城に設立された。1466年にフリードリヒ3世によって市場都市の特権が与えられる。最初の岩塩鉱が1563年に開かれる。1597年には塩田も開かれた。

19世紀初頭に食塩水が医療用として使用されるようになり、クレメンス・メッテルニヒフランツ・カール・フォン・エスターライヒなどの高貴な客人も訪れるお洒落なスパリゾートとなった。ホテル郵便局が1828年にザルツカンマーグート地域で最初の郵便局として開局した。 1849年、フランツ・カールの息子のフランツ・ヨーゼフ1世はこの町を夏の住居とした。

1853年8月19日にフランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベトの婚約式がSeeauerhausで執り行われた。Seeauerhausには1989年まで、バート・イシュル博物館が存在した。

1854年に皇帝の母ゾフィーは結婚のお祝いとして、彼にKaiservillaを与えた。このVillaが皇帝家の夏の住居となった。フランツ・ヨーゼフ1世はそこを「地上の楽園」と記述した。

1914年7月28日にKaiservillaで、フランツ・ヨーゼフ1世はセルビア王国に対する宣戦布告に署名した。これが第一次世界大戦の開始の合図であった。彼は翌日バート・イシュルを去り、再び戻ることは無かった。

ゆかりのある人物[編集]

参照[編集]

  • 『ザルツブルクとチロル アルプスの山と街を歩く』、2013年、ダイヤモンド社

外部リンク[編集]