ヤシ (ルーマニア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤシ
Iași
ヤシの聖堂
ヤシの聖堂
位置
の位置図
座標 : 北緯47度09分44秒 東経27度35分20秒 / 北緯47.16222度 東経27.58889度 / 47.16222; 27.58889
行政
ルーマニアの旗 ルーマニア
  ヤシ県
 市 ヤシ
市長 Gheorghe Nichita
地理
面積  
  市域 93.9 km2
人口
人口 (2007年現在)
  市域 315,214人
    人口密度   3,417人/km2
  都市圏 400,000人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.primaria-iasi.ro

ヤシルーマニア語:Iașiハンガリー語:Jászvásárドイツ語:Jassyブルガリア語:Яш)はルーマニア北東部、モルダヴィア地方の中央に位置する都市である。ルーマニア東部の主要都市の1つで、かつてのモルダヴィア公国の首都。ルーマニア第2の都市でもある。ヤッシーとも。ヤースヴァーシャールというのはチャーンゴー人に好まれる言い方でもある。

現在は同名のヤシ県の県都である。 

人口[編集]

  • 1900年:78,000人
  • 1992年:344,425人
  • 2002年:320,888人

地勢[編集]

プルート川の支流バフルイ川Bahlui)の畔に位置し、現在モルドバ共和国との国境となっているプルート川までは8kmの位置にある。

鉄道分岐点としても重要で、1つの路線はキエフを経由してモスクワへと至り、他の路線はブコビナを経てリヴィウへと至る。

歴史[編集]

ヤシに関する記述のある最古の文献は、1387年から1392年にこの場所にが立っていたというロシア語史料である。

ルーマニアの史料では、アレクサンドル善公の時代の1408年である(ルーマニア語の文献は遅い)。

当時モルドバ公国の首都はスチャバであり、中心は北部にあった。モルドバを隆盛に導いたシュテファン大公の時代(1457年 - 1504年)には館と付属教会も建てられたが、その後の1565年アレクサンドル・ラプシュネヤヌ公(Alexandru Lăpuşneanu)の時代に遷都された。

市は絶えず外敵の侵入を受けた。 1538年オスマン帝国スルタンスレイマン1世の軍勢によって灰嘘に帰す。その後1577年1616年1650年1686年1821年と、オスマン軍、クリミア・ハン国軍、ポーランド軍、コサックによる侵入を受け、破壊を蒙った。市が整備され始めたのは1827年の大火の後である。

また、18世紀後半からは東方問題の舞台ともなり、1792年にはここで露土戦争の講和条約(ヤシ条約)が締結されたが、 その後も1828年1853年ロシア軍に、1854年にはオーストリア軍に占領された。

第一次世界大戦中、一時首都がヤシに移された。

第二次世界大戦ではヤッシー=キシニョフ攻勢の戦場となった。

文化[編集]

政治的な悪条件にもかかわらず、中世以降モルダヴィア文化は独自の性格を強めていく。

「モルダヴィア性」は、16世紀後半にペトル公(Petru)の建立したガラタ修道院や、特に1639年バシレ・ルプ公(Vasile Lupu)が建立し、教会建築におけるモルダヴィア様式の傑作といわれているトレイ・イェラルヒ教会によく表れているという。またバシレ・ルプ公は、1640年頃にスラブ語ギリシア語による学校を創設し、またモルダヴィア最初の印刷所も設立した。

ファナリオット時代[編集]

18世紀から19世紀初めにファナリオットがモルダヴィアを支配する時代になると、ギリシア文化が優勢になり、ギリシア・アカデミーが開かれるが、このような文化的伝統と背景の中から、グリゴレ・ウレケGrigore Ureche)、ミロン・コスティンMiron Costin, 1633年 - 1691年)のような年代記作者、ディミトリエ・カンテミール公のような文人が出た。

1821年、ヤシはギリシアの独立を目差す秘密結社フィリキ・エテリアによる蜂起の根拠地となり、そのためにイェニチェリ軍による報復的な破壊を被った。

しかし、それ以後に始まるモルダヴィアの近代化運動の指導的立場の人物も、この地で活躍した。モルダヴィアにおける近代教育の創始者ゲオルゲ・アサキGheorghe Asachi)、1840年の国民劇場の創立に貢献した詩人ヴァシレ・アレクサンドリVasile Alecsandri)、1848年における革命的な運動と、1859年ワラキアとの統一の指導的人物である歴史学者ミハイル・コガルニチャーヌMihail Kogălniceanu)、ルーマニア公アレクサンドル・ヨアン・クザなどである。

ルーマニア誕生以降[編集]

1862年ブカレストが統一ドナウ公国首都となり、以降ヤシの政治的重要性は減退したが、しかしなお19世紀末までは、ブカレストを凌ぐルーマニアの文化運動の一大中心地であった。

1860年、ブカレストのそれに先立ってヤシ大学が創立された。また、文学協会「ジュニメア(Junimea, 青年)」の活動には、評論家のティトゥ・マイオレスクTitu Maiorescu, 1840年 - 1917年)、国民詩人といわれるミハイ・エミネスク、作家ヨン・クリヤンガIon Creangă)らが加わっていた。現在でも、市内のコポウ公園はそこにある菩提樹の下でエミネスクが詩作に耽った場所として、市民に人気がある。

ヤシが近代的な都市の外観を備えるようになり、また薬品化学機械繊維をはじめとした工業都市化が促進されるようになるのは、第二次世界大戦以後のことである。

ユダヤ教徒のヤシ[編集]

19世紀後半のヤシには、43の正教会の教会に対して、58のシナゴーグがあったと言われ、非常に多数のユダヤ教徒が住んでいた。これらのユダヤ教徒の多くは、18世紀以後にウクライナから移住してきた者であったが、特筆すべきはアブラム・ゴルトファーデンAvram Goldfaden)が1876年に、この地にヨーロッパ初の常設イディッシュ劇場イディッシュ語によるイディッシュ演劇の劇場)を設置し、町の文化に特に活気を与えることとなった。

ゴルトファーデンとその一座は、ワルシャワオデッサモスクワなどへも巡業し、成功を収めた。だが20世紀初め以降、ユダヤ人迫害からアメリカへの移住が盛んになり、ゴルトファーデンらもそこで活躍した。

建築物[編集]

文化宮殿
  • 文化宮殿 Palatul Culturii
  • Mitropolia Moldovei şi Bucovinei
  • 国立劇場 Teatrul Naţional
  • Palatul Roznovanu
  • 三成聖者修道院 Mănăstirea "Sf. Trei Ierarhi"
  • Casa Dosoftei
  • 聖ニコラエ・ドムネスク教会 Biserica "Sf. Nicolae Domnesc"
  • Biserica Bărboi
  • ゴリア修道院 Manastirea Golia
  • 大学中央図書館 Biblioteca Centrală Universitară
  • アレクサンドル・ヨアン・クザ大学 Universitatea Al. I. Cuza
  • コポウ公園 Parcul Copou
  • 植物園 Grădina Botanică
  • Mănăstirea Cetăţuia
  • Bojdeuca Ion Creangă

ヤシゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.