ジョグジャカルタ市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョグジャカルタ市
Kota Yogyakarta
インドネシアの旗
マリオボロ通り
マリオボロ通り
ジョグジャカルタ市の市章
市章
位置
ジョグジャカルタ市の位置の位置図
ジョグジャカルタ市の位置
座標 : 南緯7度48分5秒 東経110度21分52秒 / 南緯7.80139度 東経110.36444度 / -7.80139; 110.36444
行政
インドネシアの旗 インドネシア
  ジョグジャカルタ特別州
 市 ジョグジャカルタ市
市長 Herry Zudianto
地理
面積  
  市域 32.8 km2
人口
人口 (2004年現在)
  市域 511,744人
その他
等時帯 インドネシア時間 (UTC+7)
夏時間 なし
市外局番 0274
公式ウェブサイト : http://www.jogjakota.go.id/

ジョグジャカルタインドネシア語Kota Yogyakarta、Jogja、 Yogya、 Jogjakarta)は、インドネシアジョグジャカルタ特別州の州都。

ジョグジャカルタ市は、伝統的なジャワ美術の中心地で、バティック、ラーマヤナバレエ、ドラマ、音楽、詩、ワヤン・クリ(人形の影絵芝居)などの文化があることで有名。インドネシア独立戦争の時、1945年から1949年までの間にインドネシアの臨時首都だった。ジョグジャ・カルタは「平和の町」という意味で、ジョグジャは『ラーマーヤナ』物語のラーマ王子の国、アヨーディヤー[1]にあやかって付けたといわれる[2]

概要[編集]

ジョグジャカルタ市は、面積は、32.5km²。クラトン(王宮)を中心に発展したが、現代の中心地は、北部のオランダ植民地時代建物が少し残るエリアおよび同時代の商業地区である。マリオボロ通りは、露天商およびマーケット、モールがあり観光客が来るエリアである。また、スディルマン通り(ソロ通り)も主要な商店街である。マリオボロ通りの南端の東側には、Beringharjoという大きな市場がある。

スルタンの宮殿(ジャワ語でクラトン)は、ジョグジャカルタ市の中心部にある。クラトンの周囲は、スルタンの宮殿の敷地内であったところで、人口密度の高い居住地域である。古い痕跡として、1758年に造られた古い壁やタマン・サリ(水の宮殿)などが残されている。これらは、現在はスルタンによって使われないが、スルタンの家来の子孫が残留して居住していて、現在もスルタンに奉仕している。また、これらの地域の復元努力は2004年に始まり観光の名所となっている。しかし、2006年の大地震でタマンサリは崩壊し、現在は立ち入り不可となっている。

クラトン
ウォータープレイス

行政区画[編集]

14の地域(郷)に分かれている。

  1. ゴンドクスマン
  2. ジェティス
  3. テガルレジョ
  4. Umbulharjo
  5. Kotagede
  6. Mergangsan
  7. Ngampilan
  8. Danurejan
  9. クラトン
  10. Wirobrajan
  11. パクアラマン
  12. Mantrijeron
  13. Gedongtengen
  14. Gondomananasa


アートと文化[編集]

ヨグヤカルタ|ジョクジャカルタは、銀細工、影絵劇(ワヤンクリッ)で使われる操り人形、バティックの製作で知られている。 また、スルタンの宮廷に展開したガムラン音楽でも知られている。

歴史[編集]

インドネシア独立戦争の時に臨時首都となった。

美術館[編集]

オランダからの独立戦争の間のジョクジャカルタの重要性のため、多くの記念物と美術館がある。Yogya Kembali、およびFort Vredeburgの二つの有名な美術館を含め、約11箇所の美術館がある。

サトリアマンダラ博物館(国軍博物館)は、戦闘機や戦車、兵器などを展示しており、街の東部にある。インドネシアがソビエト連邦寄りだった期間があったため、アメリカおよび英国の航空機とともにミグ15トレーナー(NATO designation Mongol)、ミグ17(フレスコ)、ミグ19(ファーマー)、ミグ21(フィッシュベット)、およびTu-16(バットギァー)などがある。また、インドネシアの独立戦争に活躍した日本製の練習機が2機屋外展示されている。

交通[編集]

アジスチプト国際空港があり、インドネシア各地と結ばれている。

鉄道は、ジャカルタ/バンドンとスラバヤ間のジャワを横切る2本の主要な鉄道ラインのうちの1本が通っている。主要な駅はTugu駅、ほかにLempuyangan駅がある。

市内を広く網羅する公営バスや、BRTトランス・ジョグジャ他、ジャワ島の各都市やバリ島へのフェリーに連絡するバスなどある。また、タクシーの他、アンドン、ベチャなどの乗り物、そして多くの市民はオートバイや自転車を使う。

脚注[編集]

  1. ^ アヨーディヤーの原義は、「難攻不落」の意。中村了昭(2012)『新訳 ラーマーヤナ1(全7巻)』70頁。
  2. ^ 同旨、岩本裕(1992)『ラーマーヤナ 1』第9刷 309頁。

参考文献[編集]

  • 岩本裕(1992)『ラーマーヤナ 1』第9刷 平凡社 東京
  • 中村了昭(2012)『新訳 ラーマーヤナ1(全7巻)』平凡社 東京

外部リンク[編集]