ワヤン・クリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーンダヴァの5人兄弟を描いたワヤン・クリ(影人形) 左から順に、ビーマアルジュナユディシュティラナクラサハデーヴァである。

ワヤン・クリWayang Kulit)とは、インドネシアジャワ島バリ島で行われる、人形を用いた伝統的な影絵芝居、またそれに使われる操り人形のことである。人形を操る人をダランと呼ぶ。芝居はヒンズー寺院での祭りなどで行われ、インドの古代叙事詩マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』などが主な演目である。10世紀には既に演じられていたことが記録されている。ワヤン(Wayang)は影を、クリ(Kulit)は皮を意味する。2003年には、ユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」において傑作の宣言を受けており、無形文化遺産に登録されることが事実上確定していたが、2009年9月の第1回登録で正式に登録された。日本ではワヤンとも呼ばれているが、ワヤンには他に、人間が演じるワヤン・オラン英語版、人形劇のワヤン・ゴレ英語版などがある。

仕組み[編集]

影絵芝居に使う操り人形、ワヤン・クリ

白いスクリーンを貼り、その裏から、石油ランプを当てる。間にワヤン・クリの人形を置いて、芝居を行う。観客は石油ランプや人形の反対側から鑑賞する。スクリーンの裏では、ダランと呼ばれる一人の人形遣いが、語りをしたり効果音を出したりしながら、数々の人形をスクリーン間近で操る。ときにスクリーンから遠ざけると、影は大きくなり、少しぼやける。

人形[編集]

人形はの皮で出来ており、部分的に細かく穴がうがってある。これにより、人や動物の形は単に全体が陰なのでなく、体の各部分の輪郭も表される。また、右の写真ではわからないが、着色してある。この色は当然に観客からは見えない。スクリーンの裏側は、あの世であるとされ、あの世では色の付いた美しい世界が、現世では白黒にしか見えない、ということを表すと言われている。人形には中心に1本の太い棒がついていて、下がとがっている。これにより、人形遣いが、スクリーンのすぐ手前にある座に突き刺し、人形が出演したままにしておくことができるのである。

音楽[編集]

人形遣いの後ろでは、2名以上のガムラン奏者がいて、伴奏をする。このガムランは普通グンデルという鉄琴である。グンデルの前に座って両手に先の丸いバチを持ち、同時に2音を奏する。

外部リンク[編集]