ビーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドネシアのジャワ島のワヤン・クリのビーマ

ビーマBhīma, : भीम)は、インド叙事詩マハーバーラタ』に登場する英雄。ビーマセーナともいう。パーンダヴァの1人で、クル王パーンドゥの第1王妃クンティー風神ヴァーユとの間にもうけた子。ユディシュティラアルジュナナクラサハデーヴァと兄弟。5兄弟共通の妻ドラウパディーとの間にスタソーマカーシー国の王女バランダラーとの間にサルヴァガ、そして羅刹ヒディムバーとの間にガトートカチャをもうけた。幼少の頃から超人的な怪力の持ち主で、棍棒、拳闘に優れた才能を発揮し、叙事詩では大英雄アルジュナにひけをとらない活躍をする。カウラヴァの中心的人物ドゥルヨーダナを宿敵とし、クルクシェートラの戦い英語版でこれを倒す。インドでは今日、怪力の持ち主を俗にビーマと呼ぶ。