ジャワ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャワ語
Basa Jawa
話される国 インドネシアの旗 インドネシア
マレーシアの旗 マレーシア
スリナムの旗 スリナム
ニューカレドニアの旗 ニューカレドニア
地域 東南アジア
話者数 約7500万人
言語系統
オーストロネシア語族
表記体系 ラテン文字
ジャワ文字英語版
言語コード
ISO 639-1 jv
ISO 639-2 jav
ISO 639-3 各種:
jav — ジャワ語
jvn — カリブ・ジャワ語
jas — ニューカレドニア・ジャワ語
osi — ウシン語
tes — トゥングル語
kaw — カヴィ語
テンプレートを表示
ジャワ語話者の分布(濃緑:主流、緑:少数)

ジャワ語 (Basa Jawa, インドネシア語: bahasa Jawa) は、インドネシアジャワ島の中央部から東で話されている言語である。

ジャワ語は、オーストロネシア語族に属し、従って、インドネシア語マレーシア語と非常に関係が深い。ジャワ語話者の多くは公的な場面で、また仕事の上で、インドネシア語を話す。

敬語が発達していることでも知られる。

概要[編集]

ジャワ語は、オーストロネシア語族のマレー・ポリネシア語群の西マレー・ポリネシア語群のスンダ語群に属する。言語学的に見て、マレー語スンダ語マドゥラ語バリ語と深い関係がある。また、スマトラ島ボルネオ島の諸語、マダガスカル語といくらかの関係がある。

ジャワ語は中央ジャワから東ジャワにかけて話されている。また、西ジャワの北海岸でも同じように用いられている。マドゥラ島バリ島ロンボク島、および西ジャワのスンダ語地域において、文語として用いられる。パレンバン、南スマトラでの宮廷では、18世紀の終わりにオランダによって侵略されるまで宮廷語であった。

ジャワ語は、世界でも伝統のある言語のひとつと見ることができる。12世紀以上にわたって、多くの文学作品が書かれている。学者は、ジャワ語の発達を四つの段階に分けている。

  • 古ジャワ語 - 9世紀以降
  • 中期ジャワ語 - 13世紀以降
  • 新ジャワ語 - 16世紀以降
  • 現代ジャワ語 - 20世紀以降(この段階はあまり一般的でない)

ジャワ語は現在、どこの国の公用語でもないが、ジャワ語を母語として用いる人の数は、オーストロネシア語族の中で、断然一位である。およそ八千万人がこの言葉を話すかまたは理解する。少なくともインドネシアの総人口の 45% は、ジャワ語の家系であるか、ジャワ語が支配的な言語である地域に住んでいる。1945年以降、インドネシア大統領の五人に四人までがジャワ語の家系である。従って、インドネシアの国語でありマレー語の新しい方言であるインドネシア語の発展に、ジャワ語が大きな影響を与えていることは、驚くべきことではない。

方言[編集]

ジャワ語には中央ジャワ方言、東ジャワ方言、西ジャワ方言の、三つの主要な方言がある。

  • Tembung (jav-tem)
  • Jawa Halus (jav-jaw)
  • Pasisir (jav-pas)
  • Manuk (jav-man)
  • Indramayu (jav-ind)

音韻[編集]

母音[編集]

前舌 中舌 後舌
[i] [u]
半狭 [e] [ə] [o]
半広 [(ɛ)] [(ɔ)]
[a]

子音[編集]

両唇音 歯音/
歯茎音
そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音
鼻音 [m] [ɳ] [ɲ] [ŋ]
破裂音/破擦音 [p b̥] [t d̥] [ʈ ɖ̥] [tʃ dʒ̊] [k ɡ̊] [ʔ]
摩擦音 [ʂ] [h]
接近音 中線音 [ɽ] [j] [w]
側面音 [ɭ]
両唇音 歯音 歯茎音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音
破裂音 p b t d
[ʈ] [ɖ] [tʃ] [dʒ] k g ʔ
摩擦音     s *[ʂ]     h
接近音 w l r   j    
鼻音 m n
*[ɳ] [ɲ] [ŋ]  

文字[編集]

ジャワ語は、インドのブラーフミー文字の流れをくむジャワ文字英語版、アラブ・ジャワ文字、ジャワ語に適化したアラビア文字ジャウィ文字)、ラテン文字で書かれる。

大文字
A B C D E É È F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
小文字
a b c d e é è f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z

以下の文字はヨーロッパの言語やアラビア語からの借用語で使用される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]