ロンボク島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンボク島
Lombok Topography.png
座標 南緯8度33分54秒 東経116度21分04秒 / 南緯8.565度 東経116.351度 / -8.565; 116.351
面積 4,725 km²
海岸線長 - km
最高標高 3726 m
所在海域 小スンダ列島
所属国・地域 インドネシア
テンプレートを表示
ロンボク島

ロンボク島 (Pulau Lombok) は、インドネシア中部の小スンダ列島に属し、バリ島の東隣にある島である。人口約270万人、行政区分は西ヌサ・トゥンガラ州

地理[編集]

ロンボク島の北部にはリンジャニ山 (3726 m) がそびえ、南麓には広いサバンナが展開している。牧畜が盛んで、コーヒーを産出する。西半分にはバリ人が多く移住し、歴史的にその属領であったロンボク島の東半部にはムスリムであるササク人が居住する。バリ島との間のロンボク海峡は生物分布上のウォーレス線が通っている。

行政区分[編集]

観光[編集]

島の西部にセンギギビーチ (Senggigi) がある。また北西部沖にギリ・アイランド (Gili Islands) と呼ばれる3つの小島(ギリ・トラワンガンギリ・メノギリ・アイル)がある。ギリ (Gili) とはササク語で「小島」を意味するので、ギリ・アイランドという呼称は厳密には間違いである。 南部にあるタンジュアンビーチインドネシアのベストビーチに選ばれたこともある。ビーチの近くにある集落のクタ (Kuta) には数軒のホテルがあり、サーフィンを目的に滞在するサーファーも多い。

交通[編集]

バリ島のパダンバイから、ロンボク島のレンバルへフェリーが就航している。またギリ各島へはバンサル港 (Bangsal Harbor) からボートが出ている。空路はロンボク国際空港がある。

関連項目[編集]