アラビア文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラビア文字
Arabic albayancalligraphy.svg
類型: アブジャドイラククルド語などでは母音記号を必ず付加するためアルファベット
言語: アラビア語ペルシア語バローチ語ウルドゥー語クルド語パシュトー語シンド語など
時期: 400年頃から
親の文字体系:
Unicode範囲: U+0600-U+06FF(アラビア文字)
U+0750-U+077F(アラビア文字拡張)
U+FB50-U+FDFF(アラビア文字表示形A)
U+FE70-U+FEFF(アラビア文字表示形B)
ISO 15924 コード: Arab
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年
完全な系図

アラビア文字(アラビアもじ)は、アラビア語や世界中のイスラム教を受け入れた人々の様々な言語を記述するのに使われる文字である。文字体系の類型としてはアブジャドに属する。

概要[編集]

手書きでも活字でも必ず右から左に横書きし、原則として文字と文字を漢字草書ラテン文字筆記体のように続け書きにする。また、基本的に子音を表す文字からなっており、短母音を文字によってあらわさない。ただし、初学者の学習のためや、外来語の表記などの用途のために、補助的にシャクルとよばれる母音を表す記号も用いる。

アラビア語に存在する3種の長母音(ā, ū, ī / アー、ウー、イー)はそれぞれ無音価(ア行)を表すアリフ (alif) 、[w](ワ行)を表すワーウ (wāw) 、[j](ヤ行)を表すヤー (yāʾ) を使って表す。(なお、他言語の固有名詞をアラビア文字で表記するとき、母音は極力長母音を使って表記する傾向がある。こうした転写などの記述法についてはアラビア文字化を参照。)

アラビア語に用いられるアラビア文字はハムザ (ء) を除いて28文字であるが、ペルシア語などアラビア語以外の言語では、アラビア語にない子音(p, ch, zh, gなど)をあらわすため点や棒を付加したりした文字を28文字に付け加えて用いる。

歴史[編集]

アラビア文字の起源はアラム文字である。紀元前3世紀から紀元後3世紀頃までに勢力をもったペトラを中心とするアラブ系のナバタイ人が使用したアラム文字の一派、ナバテア文字を直接の起源としている。当時のナバテア文字は、他の地域のアラム文字と同様に文字同士を連結して、続け書きする特徴があった。ナバタイ人の活動範囲はシリア北部からイエメン方面まで広域におよび、4世紀頃からヒジャーズ(紅海東岸)地方を中心に、他のアラブ人にも用いられ始めた。当初ナバタイ人や他のアラブ人たちはこの文字をアラム語でのみ筆記して使用していたが、次第に自らの母語であるアラビア語も表記するようになった。

ただアラビア語はアラム語よりも子音が多く、さらに最初期のアラビア文字はいくつかの文字で本来異なる文字同士が同じ字形で表記されるという致命的な欠点を持っていた。この問題と続け書き表記のゆえに、文字を区別するために点が加えられたり、続け書きをしない文字が決められた。イスラム教の生まれた7世紀にはおおよその形ができあがっていた。

イスラム教布教後のアラビア文字はアッラーフ)の発した言葉の記録であるクルアーン(コーラン)や宗教文献の表記に使われたため、イスラム教に改宗した非アラブ民族にも神の教えに近い文字と認識され、ペルシア語をはじめとする多くの言語の表記にも用いられるようになった。

中には近代ヨーロッパ文化の影響を受けて文章語が生まれた時に、あえてアラビア文字による正書法が選ばれた言語もある。

なお、フィリップ・K・ヒッティ教授(レバノン出身)は、「アラビア文字は、世界でラテン文字の次に広く使われている文字である」と『アラブの歴史(上)』(原著1937年発行)の中で述べた。そして、使用言語として、ペルシャ語、アフガン語、ウルドゥー語トルコ語ベルベル語マレー語をあげた[1]

アラビア文字と言語[編集]

現在、表記にアラビア文字を使う言語は、アラビア語ペルシア語ダリー語クルド語パシュトー語バローチ語アゼルバイジャン語(主にイラン領で)、シンド語ウルドゥー語カシミール語パンジャブ語(主にパキスタン領で)、ウイグル語カザフ語(主に中国領で)、キルギス語(主に中国領で)、ベルベル語マレー語(主にブルネイ、そしてマレーシアやインドネシアでは、ムスリム向けのメディアや宗教関係)、モロ語英語版(主にフィリピンのモロ族)、ジャウィ語バルティー語英語版などである。

表記がアラビア文字からラテン文字に変更された言語は、トルコ語マレー語インドネシア語スワヒリ語などがある。これらの言語で文字改革が行われた理由は、日常生活からのアラビア文字の排除による脱イスラム化・西欧化を狙うといった動機によるほか、簡略な表記体系による識字率の向上をはかり、さらに母音を表記しやすくなるという論理を掲げたこともある。しかし、アラビア文字を改良して母音表記を徹底し、簡略な表記体系を作り上げることに成功した事例もあるため、実際は言語学的な事実よりも、『ヨーロッパ=進歩的』という観念に基づいた発想によってアラビア文字が敬遠された面が大きい。これらの言語でも、ラテン文字化へとすんなり舵を切ったわけではなく、アラビア文字を改良して、自言語に完全適用した文字体系にすることで効率のよい表記を達成しようとしたグループも存在した。

 マレー・インドネシア語、スワヒリ語など、多くの言語では、政府公用の表記法がラテン文字に変わっただけで、民間や宗教関係ではアラビア文字も継続して使用されたし、私的な教授や伝承、使用については特に弾圧も受けなかった。またマレーシアでは、マレー語のアラビア文字表記もラテン文字表記に一歩譲るものの、学校で第2正書法として教授されている。しかしトルコのみはアラビア文字による出版物を禁止することで、アラビア文字の使用そのものを断ち切る形でラテン文字化を遂行した。現在でもトルコでは、この時定められたトルコ語表記用のラテン文字29文字以外の文字を用いた出版物を禁止しており、アラビア文字によるトルコ語表記のみならず、クルド語への弾圧の道具にもなっている[2]

チェチェン語タタール語カザフ語キルギス語トルクメン語ウイグル語ウズベク語タジク語ドンガン語などの旧ソ連内のムスリム(イスラム教徒)の諸民族の言語の表記にはロシア革命直後に一時ラテン文字化が試みられたが、スターリンの粛清が始まるとロシア語にならったキリル文字に改められた。なお、当初はラテン文字ではなく、ロシア連邦内のムスリムの間では、アラビア文字を改良して用いるべきという案を唱える知識人も多かった。現在でも、公式の文字表記はラテン文字やキリル文字であっても、アラビア文字も民間や宗教関係で使用され続けている。

アゼルバイジャン語、トルクメン語、ウズベク語、タタール語などはソ連崩壊後、さらにラテン文字への再切り替えが進められている。

また中国ウイグル語等のムスリム少数民族の言語は、かつてはソ連の影響でキリル文字化が図られ、中ソ国境紛争後はさらにソ連との違いを明らかにするためにピンイン風のラテン文字正書法が行われたが、1980年代の民族政策の転換によりアラビア文字が復活された。なお、現在のウイグル語で用いるアラビア文字はアリフワーウなどに点を付加した文字を用い、8つある母音の全てを書き分ける独特なものである。

また、中国に住んでいる中国語(漢語)を話すムスリム(回民、現在の回族)は、アラビア文字で口語体の漢語を書き記すことがあった。このアラビア文字表記の漢語を小児経(小児錦とも)といい、クルアーンなどの経典の注釈に使われて印刷もされたほか、手紙や日記などの個人的用途に使われた。現在でも回族が集中的に居住する寧夏甘粛では小児錦が部分的に使われているという。また、旧ソ連に移住した回民はドンガン人と呼ばれるようになるが、ドンガン語と呼ばれる彼らの話す漢語の一種もかつてはアラビア文字で書かれていた。また、中国国内のドンシャン族サラール族も、アラビア文字による自言語表記を行っている。

スペイン語も、主に国内のイスラム教徒の間においてアラビア文字で書かれたことがある。

アラビア文字はもともと子音のみで語根が決まるセム系言語のために作られた文字であった、同じセム系文字を起源とするヨーロッパアルファベットが文字の転用により母音を全て書き分ける方向に向かったのに対し、アラビア文字はそのような発展をしなかった。セム系言語に限れば、文脈で母音の読み方はほぼ決定するため、アラビア文字は合理的な文字といえる。しかしセム系言語とはまったく違った言語的特徴を有するペルシア語ヒンドゥスターニー語トルコ語オスマン語)、マレー語などに導入された際はこの特徴が逆に不便と考えられることが多い。実際にはこれらの言語でもアラビア文字の改良は主として子音の追加、転用にとどまり、母音の完全な表記へと進むことは少なかった。母音の完全表記に至ったのはウイグル語やクルド語等である。

太陽文字・月文字[編集]

アラビア文字は太陽文字月文字の二種類に分かれる。

太陽文字[編集]

アラビア語で、定冠詞の "ال" (al-) の /l/ の音が後の文字と逆行同化して長子音となる文字を言う。具体的には、/l/ と調音点が同じ、または近接である舌頂音 (歯音歯茎音後部歯茎音) を表す文字である。「太陽」を意味する شمس (shams, シャムス)の語頭の文字が含まれるため、太陽文字 َحروف شمسية(hurūf shamsiyya, フルーフ・シャムシーヤ)と呼ばれる。例えば、شمس定冠詞がついた場合、الشَّمْسُ (as-shams, アッ=シャムス)となり「アル=シャムス」などとはいわない。すなわち、アラビア語の定冠詞であるالの直後に太陽文字が来る場合には定冠詞は「アル」と発音しない。たとえば、النكبةは定冠詞のالの直後に太陽文字であるنが来ているため「アル=ナクバ」ではなくアン=ナクバと発音する。また、具体的には、ت, ث, د, ذ, ر, ز, س, ش, ص, ض, ط, ظ, ل, نが太陽文字である。

月文字[編集]

定冠詞の /l/ の音が同化しない文字、つまり太陽文字以外を月文字という。「月」を意味する قمر (qamar, カマル)の語頭の文字が含まれるため、月文字 َحروف قمرية(hurūf qamariyya, フルーフ・カマリーヤ)と呼ばれる。قمر定冠詞がついた場合、القمر (al-qamar, アル=カマル)となる。左記のアル=カマルのように定冠詞الの直後に月文字が来る場合には、定冠詞は「アル」と発音する。また、具体的には、ا, ب, ج, ح, خ, ع, غ, ف, ق, ك, م, ه, و, ي, ءが月文字である。

字母[編集]

基本文字表[編集]

アラビア文字の基本字母28字は以下の通り。

(表中の頭字・中字が存在しない文字は、語頭では単独形で、語中では直前の文字が中字を持った文字なら尾字でつなげ、直前の文字が中字を持たない文字なら単独形で書かれる。)

単独形 頭字 中字 尾字 文字名 転写 音価 片仮名転写の例 太陽文字
ا ــا ʾalif - [-](※) ア行
ب بــ ــبــ ــب bāʾ b [b] バ行
ت تــ ــتــ ــت tāʾ t [t] タ行
ث ثــ ــثــ ــث ṯāʾ ṯ / th [θ] サ行
ج جــ ــجــ ــج ǧīm ǧ / j / dj [ʤ] ジャ行
ح حــ ــحــ ــح ḥāʾ [ħ] ハ行
خ خــ ــخــ ــخ ḫāʾ ḫ / ẖ / kh [x] ハ行
د ــد dāl d [d] ダ行
ذ ـــذ ḏāl ḏ / dh [ð] ザ行
ر ــر rāʾ r [r] ラ行
ز ــز zāy z [z] ザ行
س ســ ــســ ــس sīn s [s] サ行
ش شــ ــشــ ــش šīn š / sh [ʃ] シャ行
ص صــ ــصــ ــص ṣād [sˁ] サ行
ض ضــ ــضــ ــض ḍād [dˁ], [ðˤ] ダ行/ザ行
ط طــ ــطــ ــط ṭāʾ [tˁ] タ行
ظ ظــ ــظــ ــظ zāʾ [zˁ], [ðˁ] ザ行
ع عــ ــعــ ــع ʿayn ʿ / ‘ [ʕ](有声咽頭摩擦音 ア行
غ غــ ــغــ ــغ ġayn ġ / gh [ɣ] ガ行
ف فــ ــفــ ــف fāʾ f [f] ファ行
ق قــ ــقــ ــق qāf q / ḳ [q] カ行
ك كــ ــكــ ــك kāf k [k] カ行
ل لــ ــلــ ــل lām l [l] ラ行
م مــ ــمــ ــم mīm m [m] マ行
ن نــ ــنــ ــن nūn n [n] ナ行
ه هــ ــهــ ــه hāʾ h [h] ハ行
و ــو wāw w [w] ワ行
ي يــ ــيــ ــي yāʾ y [j] ヤ行

※「ا」(alif) は、固有の音価を持たず、基本的に、

  1. 語頭で/a/ /i/ /u/ いずれかの母音を表す (※「ء」(hamza, /ʔ/) の台字を兼ねることも)
  2. 語中・語末で他の文字に後続して長母音アー/aː/を形成する
  3. 語中・語末で/a/の音価を後続もしくは先行させる「ء」(hamza, /ʔ/) の台字になる

といった形で用いられる。

その他の文字[編集]

単独形 頭字 中字 尾字 文字名 転写 音価 意味・役割
ة ــة tāʾ marbūṭa h / t / ʰ / ẗ [a], [at] 「ت」(ta, /t/)の変形。 名詞・形容詞の語尾に付いて女性形にする。
ى ىــ ــىــ ــى ʾalif maqṣūra ā / ỳ [aː] 「ا」(alif) の変形。特定の語彙の語尾にのみ付く。
ھ ھــ ــھــ ــھ Dochasmee hā [hāː] 「ه」の変形。特にウルドゥ語などではよく使われる。
لا ــلا lām ʾalif [laː](※) 「ل」(lam, /l/) と「ا」(alif) の合字。(※)

※「ا」(alif) で始まる語彙の前に、定冠詞「ال」(al) が付く場合などでも、用いられる。なお、そのように、/(ʔ)a/ /(ʔ)i/ /(ʔ)u/ の音価を持ち得る語頭の「ا」(alif) の直前に「ل」(lam, /l/) が来て合字「لا」になった場合、当然のことながら、その音価は/laː/ ではなく、/l(ʔ)a/ /l(ʔ)i/ /l(ʔ)u/ のいずれかになる(例:إسلام (Islām) + ال (al) → الإسلام (al-Islām) )。/laː/ という音価表現は、あくまでもそういった特殊な場合を除く、「語中・語末で他の文字に後続して長母音アー/aː/を形成する」という用法での「ا」(alif) の直前に、「ل」(lam, /l/) が来て合字「لا」になった場合のものである。

ハムザ[編集]

ハムザは、子音の一種である声門破裂音 /ʔ/ を表す文字(記号)である。

フェニキア文字アラム文字に端を発するセム系言語の文字においては、通常この声門破裂音 /ʔ/ は、最初の文字(例えば、ヘブライ文字における「א」(alef) など)が担うものだが、それに相当するアラビア文字の「ا」(alif) は、必ずしもその役割・用途で用いられて来なかったため、それを補うべく、「ع」(ayn, /ʕ/) から派生させる形で、新たに生み出された声門破裂音 /ʔ/ のための専用文字(記号)が、このハムザである。

単独で書かれることは少なく、基本的に「ا」(alif) (※「ل」(lam, /l/) との合字である「لا」の場合も)、「ي」(ya, /j/)、「و」(waw, /w/) 、いずれかの「台字」を必要とする。(なお、「ي」(ya, /j/) がハムザの台字になる場合、2つの下点は、煩わしいので[要出典]省かれる(「ئ」)。)

単独形 台字付き 文字名 転写 音価 意味・役割
ء أ إ لأ لإ ئ ؤ hamza ʾ / ’ / ‚ [ʔ] 声門破裂音

使用規則は以下の通り。

  • 語頭に登場する場合は、常に「ا」(alif) のみが台字になり、/ʔa/ /ʔi/ /ʔu/ といった発音を形成する。また、語中・語末では、台字の種類を問わず、常にハムザは台字の上に付くが、この語頭の場合に限り、母音記号と同じく、母音の音価が/a/もしくは/u/の場合、ハムザは上に付き(「أ」)、/i/ の場合、下に付く(「إ」)。
  • 語中に登場する場合は、「أ」/ʔa/、「ئ」/ʔi/、「ؤ」/ʔu/ といったように、後続する母音の音価に合わせた台字がそれぞれ採用される。
    (※ただし、「i > u > a」といった序列を伴う、少々ややこしい例外規則があり、ハムザ/ʔ/に後続する母音が/u/であっても、ハムザ/ʔ/の直前の母音が/i/なら、/i/に合わせた台字が採用されて「ئ」になり、同じく、後続する母音が/a/でも、直前の母音が/i/か/u/なら、それらに合わせた台字が採用されて、「ئ」や「ؤ」になる。)
    また、母音を後続しない(台字の母音音価が消去される)場合は、直前の母音に合わせ、直前がア/a/ なら「أ」が、直前がイ/i/ なら「ئ」が、直前がウ/u/なら「ؤ」が、それぞれ用いられる。
  • 語末に登場する場合は、上記した語中の後者の場合と同じく、直前の母音に合わせて、/(-a)ʔ/なら「أ」が、/(-i)ʔ/なら「ئ」が、/(-u)ʔ/なら「ؤ」が、それぞれ用いられる。

まとめると、以下のようになる。(視認性を高めるため、かなり大きめに表示していることを了解してもらいたい。)

字形(母音記号付き) 字形 音価 場所
أَ- أ- /ʔa/ 語頭
إِ- إ- /ʔi/
أُ- أ- /ʔu/
-أَ-
(-ئَ-)
(-ؤَ-)
-أ-
(-ئ-)
(-ؤ-)
/ʔa/
(/(-i)ʔa/)
(/(-u)ʔa/)
語中(後続母音あり)
-ئِ- -ئ- /ʔi/
-ؤُ-
(-ئُ-)
-ؤ-
(-ئ-)
/ʔu/
(/(-i)ʔu/)
-أْ /(-a)ʔ/ 語中(後続母音なし)
及び
語末
-ئْ /(-i)ʔ/
-ؤْ /(-u)ʔ/

なお、ハムザが台字を用いずに単独形「ء」で書かれるのは、基本的に語末であり、(台字選択のための先行母音が無い)子音終わりの場合や、(直前に、台字と同じ「ا」(alif)、「ي」(ya, /j/)、「و」(waw, /w/) 、いずれかの字母が来ることになる)長母音終わりの場合など、台字を用いるのが不適当な場合に限られる。

記号類[編集]

これら記号の多くは、通常の表記においては省かれ、主に教育・解説用のテキストでのみ用いられる。

母音記号

記号 名称 音価 意味・役割
َ fatḥah [a] 短母音のア
ِ kasrah [i] 短母音のイ
ُ ḍammah [u] 短母音のウ
ْ sukūn [-] 母音除去記号。付いた文字の母音は発音されない。
ً fathatan [an] 鼻音終わりのアン。対格を表す。
ٍ kasratan [in] 鼻音終わりのイン。属格を表す。
ٌ dammatan [un] 鼻音終わりのウン。主格を表す。

アリフ・子音関連

記号 名称 音価 意味・役割
آ ٓ
(لآ ـلآ)
madda [ʔaː]
([lʔaː])
ハムザ付きアリフ「أ」にアリフ「ا」が後続した状態を表す、専用の長音符。
音価が/ʔa/のハムザ付きアリフ「أ」及び、その合字版である「لأ」にのみ付く。
ٱ wasla [-] アリフ専用の消音明示記号。語頭の、ハムザが付かないアリフの音価が、
(その前に他の語彙が来ることで)埋没・省略され、発音されないことを明示する。
ٰ alif khanjariyya [aː] 表記上省略されたアリフを明示するための記号。小アリフ、短剣アリフ。(※)
ّ shadda [CC] 子音重複記号、長子音記号、促音記号。子音が2つ重なっていることを表す。

(なお、waslaとalif khanjariyyaは、キーボードから直接入力できない。)

※ちなみに、イスラム教の神である「アラー」(アッラーフ)のアラビア文字表記は「الله」であり、「 ّ 」(shadda) の上に斜めの短い線が書かれているが、これも、特殊な形ではあるが、小アリフ(短剣アリフ)の一種である。キーボードでは、アラビア文字で「ل」(lam) + 「ل」(lam) + 「ه」(ha) を入力すると、自動的にこの記号付き表記に変換される。

伝統的な文字順[編集]

現在使われている文字の順序では字形の似たものを1箇所にまとめているが、これとは異なり、アブジャド順というフェニキア文字以来の伝統的な文字順序も存在する。地域によって違いがあるが、もっとも一般的に行われている順序は以下のとおりである(右から左に進む)。アラビア文字を数字として使うときにもこの順序が使われる。

ن م ل ك ي ط ح ز و ه د ج ب ا 文字
n m l k y z w h d j b ʼ 翻字
50 40 30 20 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 数価
غ ظ ض ذ خ ث ت ش ر ق ص ف ع س 文字
t š r q f s 翻字
1000 900 800 700 600 500 400 300 200 100 90 80 70 60 数価

母音の表現[編集]

アラビア文字の母音表現は、日本語話者には分かりづらい[要出典]ので、基本事項をここに特記しておく。

アラビア語の母音は、基本的にア/a/、イ/i/、ウ/u/ の3つ、及びそれを長音化したものと、組み合わせた二重母音のみである。

アラビア文字の母音表現に用いられるのは、「ا」(alif)、「ي」(ya, /j/)、「و」(waw, /w/) の3文字、及び上述した各種の記号のみである。(記号の大部分は、通常の表記では省かれる。)

短母音[編集]

短母音は、語頭の「ا」(alif) か、他の子音字に、母音記号を付加することで、表現できる。(母音記号は、通常の表記では省かれる。)

(※なお、語中・語末の「ا」(alif) には、そのような汎用性は無いので注意してもらいたい。語中・語末の「ا」(alif) は、他の文字に後続して長母音アー/aː/を形成するか、/a/の音価を後続もしくは先行させる「ء」(hamza, /ʔ/) の台字になる、といった用途にのみ用いられる。もし、外来語表記などで、「語中・語末の(子音が付かない)単独母音」(要するに、語中・語末の「ア行」)の音を表現したければ、上述したハムザの項目で示されているような規則に従って、「ا」(alif)、「ي」(ya, /j/)、「و」(waw, /w/) いずれかの台字を伴った「ء」(hamza, /ʔ/ 声門破裂音) 付き表記で、音価 /ʔa/ /ʔi/ /ʔu/ として、それを表すか、「ع」(ayn /ʕ/ 有声咽頭摩擦音) を用いて/ʕa/ /ʕi/ /ʕu/ として表すか、いずれかの方法がある。)

記号 音価 意味
َ [a] 短母音ア
ِ [i] 短母音イ
ُ [u] 短母音ウ

ちなみに、ハムザの項目で上述したように、「ء」(hamza, /ʔ/) が語頭の「ا」(alif) に付き、/ʔa/ /ʔi/ /ʔu/ といった発音を形成する場合に限り、「ء」(hamza, /ʔ/) の記号は、母音記号と連動する格好で、「ا」(alif) の上に付いたり、下に付いたりする。

語頭ハムザ付きアリフ
(母音記号付き)
語頭ハムザ付きアリフ 音価 意味
أَ- أ- [ʔa] 語頭の
声門破裂音 /ʔ/
+短母音ア
إِ- إ- [ʔi] 語頭の
声門破裂音 /ʔ/
+短母音イ
أُ- أ- [ʔu] 語頭の
声門破裂音 /ʔ/
+短母音ウ

また、子音重複記号である「 ّ 」(shadda) が書かれる場合、母音記号は、字母ではなく、この記号の上下に書かれる。

シャッダ
(母音記号付き)
音価 意味
Arabic grammar fth s.gif
Arabic grammar nul x.gif
[a] 重複子音
+短母音ア
Arabic grammar ksr s.gif
Arabic grammar nul x.gif
[i] 重複子音
+短母音イ
Arabic grammar dmm s.gif
Arabic grammar nul x.gif
[u] 重複子音
+短母音ウ

長母音[編集]

長母音は、上記の短母音に、それぞれ「ا」(alif, /a/)、「ي」(ya, /j/)、「و」(waw, /w/) を後続させることで、表現される。(母音記号は、通常の表記では省かれる。)

記号 音価 意味
اَ [aː] 長母音アー(※)
يِ [iː] 長母音イー
ُو [uː] 長母音ウー

※なお、前項の記号類の項目でも書いてあるように、/ʔa/ の音価を持ったハムザ付きアリフ「أ」に、アリフ「ا」が後続し、/ʔaː/ という長母音になる場合に限り、ハムザ付きアリフ専用の長音符であるマッダが用いられる。(「آ」)

二重母音[編集]

二重母音も同じく、短母音ア/a/ に「ي」(ya, /j/)、「و」(waw, /w/) を後続させることで、表現される。(母音記号は、通常の表記では省かれる。)

記号 音価 意味
يَ [ai] 二重母音アイ
َو [au] 二重母音アウ

非アラビア語における使用と、特殊な字母・記号[編集]

アラビア文字は、アラビア語以外の言語でも用いられている。

現在アラビア文字を用いている言語は、

等である。

これらの言語には、アラビア語には無い発音もあるため、それらを表現するためにいくつかの字母・記号が追加されている。

歴史的には、トルコ語や、中央アジアのチュルク系諸語、マレー語ジャウィ文字)等、イスラム圏全域の諸言語でもアラビア文字が使用されていた。

コンピュータ[編集]

キーボード[編集]

Windowsにおけるアラビア語キーボードのキー配列。
Arabic keyboard win.png

文字コード[編集]

アラビア文字のために、以下のような文字コードが存在する。

  • ASMO-449 - 7ビットのコード。アラビア語専用
  • ASMO-708 - ASMO-449 を元にした8ビットのコード
  • ISO/IEC 8859-6 - 8ビットのコード。アラビア文字に関しては ASMO-708 に同じ
  • MS-DOSコードページ 720
  • MS-DOS のコードページ 864。アラビア語タイプライタと同様に、語頭、語中、語末、独立形で別の符号位置を与えている。
  • Microsoft Windows のコードページ 1256。アラビア文字のほかにペルシャ文字、ウルドゥー文字に対応しているほか、フランス語のアクセントつき文字も含む(小文字のみ、ÿ を除く)。

Unicode では、以下のブロックを定義している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ フィリップ・K・ヒッティ、「アラブの歴史(上)」岩永 博 訳、講談社(学術文庫)、1982年、48頁
  2. ^ クルド語禁止が再燃 -嘆願書28行中、45文字が反政府的
  3. ^ Lorna A. Priest, Martin Hosken (SIL International) (2010年8月12日). “Proposal to add Arabic script characters for African and Asian languages”. 2013年10月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]