ンコ文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ンコ文字
Nko-large.png
ンコ文字
類型: アルファベット
言語: マンデ語
時期: 1949年に考案
Unicode範囲: U+07C0–U+07FF
ISO 15924 コード: Nkoo
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年
完全な系図

ンコ文字(ンコもじ、N'Ko)は、西アフリカマンデ系言語を表記するための文字。ギニア著作家であるソロマナ・カンテによって1949年に考案された。「N'Ko」はマンディンカ語で「私は言う」という意味である。また、「ンコ」はンコ文字で書かれた表記言語のことをも指す。

右から左に続け書きされるなど、アラビア文字との共通点がある。

現在の使用[編集]

2005年現在、主にギニアコートジボワールで(特にマニンカ語ジュラ語話者に)使われ、マリに(バンバラ語話者による)活動的なコミュニティが存在している。コーランの翻訳や、物理地理学の教科書や、詩集と哲学書や、伝統薬の説明、辞書、いくらかの地方紙を含む出版がなされている。この文字は最も成功した西アフリカの文字に数えられている[1]。 主要な(互いに理解できる)マンディング諸語の要素を混ぜ合わせた、使用された文章語は コイネーを意図していたが、特に大いにマニンカ風である。

拡張文字(発音追加)を含むラテン字が、歴史的理由と、様々な政府によって言語の「公的」翻字としてされていることによって、ある程度全てのマンディング語に使われている。時折、例えばマリのバンバラ語では、この綴り方を用いた識字推進は、まずまずのレベルのこれのリテラシーをもたらしている。 アラビア文字の翻字はガンビアセネガルマンディンカ語に一般に用いられている。

文字[編集]

母音[編集]

/ɔ/ /o/ /u/ /ɛ/ /i/ /e/ /a/
‎ߐ‏ ‎ߏ‏ ‎ߎ‏ ‎ߍ‏ ‎ߌ‏ ‎ߋ‏ ‎ߊ‏
NKo Aw.svg NKo O.svg NKo Uh.svg NKo Eh.svg NKo E.svg NKo A.svg NKo Ah.svg

子音[編集]

/ɾa/ /da/ /t͡ʃa/ /d͡ʒa/ /ta/ /pa/ /ba/
‎ߙ ‎ߘ ‎ߗ‏ ‎ߖ‏ ‎ߕ‏ ‎ߔ‏ ‎ߓ
NKo R.svg NKo D.svg NKo Ch.svg NKo J.svg NKo T.svg NKo P.svg NKo B.svg
/ma/ /la/ /ka/ /fa/ /ɡ͡ba/ /sa/ /ra/
‎ߡ ‎ߟ‏ ‎ߞ‏ ‎ߝ‏ ‎ߜ‏ ‎ߛ‏ ‎ߚ‏
NKo M.svg NKo L.svg NKo K.svg NKo F.svg NKo Gb.svg NKo S.svg NKo Rr.svg
/n̩/ /ja/ /wa/ /ha/ /na/ /ɲa/
‎ߒ ‎ߦ‏ ‎ߥ ‎ߤ‏ ‎ߣ‏ ‎ߢ‏
NKo Ng.svg NKo Y.svg NKo W.svg NKo H.svg NKo N.svg NKo Ny.svg

Unicode収録[編集]

全て Unicode 5.0 にて収録された。

U+ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
07C0 ߀ ߁ ߂ ߃ ߄ ߅ ߆ ߇ ߈ ߉ ߊ ߋ ߌ ߍ ߎ ߏ
07D0 ߐ ߑ ߒ ߓ ߔ ߕ ߖ ߗ ߘ ߙ ߚ ߛ ߜ ߝ ߞ ߟ
07E0 ߠ ߡ ߢ ߣ ߤ ߥ ߦ ߧ ߨ ߩ ߪ  ߫  ߬  ߭  ߮  ߯
07F0  ߰  ߱  ߲  ߳ ߴ ߵ ߶ ߷ ߸ ߹ ߺ

脚注[編集]

  1. ^ Unseth, Peter. 2011. Invention of Scripts in West Africa for Ethnic Revitalization. In The Success-Failure Continuum in Language and Ethnic Identity Efforts, ed. by Joshua A. Fishman and Ofelia García, pp. 23–32. New York: Oxford University Press.

外部リンク[編集]