Template:Infobox WS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{name}}}
[[File:{{{sample}}}|280x400px]]
類型: {{{type}}} {{{typedesc}}}
言語: {{{languages}}}
発明者: {{{creator}}} {{{date}}}
時期: {{{time}}}
状態: {{{status}}}
親の文字体系:
{{{family}}}
  • {{{name}}}
子の文字体系: {{{children}}}
姉妹の文字体系: {{{sisters}}}
Unicode範囲: {{{unicode}}}
ISO 15924 コード: {{{iso15924}}}
{{{footnotes}}}
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

仕様[編集]

この infobox には、多様な変数がある。すべての変数を指定すると次のようになる。

{{Infobox WS
|name= (必須)
|type= (必須、下記オプション参照)
|typedesc= (オプション、type パラメタの後のさらに詳細の情報)
|time= (必須)
|languages= (必須)
|fam1= (オプション、親の文字体系を指定)
|fam2=
|fam3=
|fam4= (15まで親の文字体系が指定できる。fam1 が最古のもの)
|creator= (オプション、人工的に作られた場合、famX の代わりに指定する)
|sisters= (オプション、共通の起源を持つ、姉妹文字体系をここに指定する。<br />で区切るほうがいい)
|children= (オプション、この文字体系から派生した、子の文字体系を指定する。<br />で区切るほうがいい)
|unicode= (オプション、Unicodeの範囲を指定する。)
|sample= (オプション、プリフィックス"Image:" を除いたサンプルイメージを指定する)
|image_size= (オプション、イメージのサイズを指定)
|caption = (オプション、イメージのキャプションを記述)
|iso15924= (もしあれば iso15924 code を指定する)
}}

少なくとも直接の「親」の文字体系を指定することはほぼ常に重要なのであるが、数が多いときに「子」のすべてを列挙することは実用的でない。

unicode=割り当てなし」とすると自動的にCategory:Unicodeに存在しない文字にカテゴライズされる。

type パラメタのオプション[編集]

文字体系の類型によりカラーコードが異なる。また、対応するカテゴリに自動的にカテゴライズされる。

アブジャド
アルファベット
アブギダ
音節文字
指文字
ピクトグラム
表意文字
表語文字
未解読
その他(デフォルト)