カナダ先住民文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダ先住民文字
類型: アブギダ
言語: クリー語, オジブウェー語, イヌクティトゥット語など
時期: 1840年-現在
親の文字体系:
Unicode範囲: U+1400–U+167F (統合カナダ先住民音節)
U+18B0–U+18FF (統合カナダ先住民音節拡張)
ISO 15924 コード: Cans
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
先住民文字で彫られた湿原クリー語。ラテン文字に置き換えると Êwako oma asiniwi mênikan kiminawak ininiwak manitopa kaayacik. Êwakwanik oki kanocihtacik asiniwiatoskiininiw kakiminihcik omêniw. Akwani mitahtomitanaw askiy asay êatoskêcik ota manitopa.

カナダ先住民文字(カナダせんじゅうみんもじ、英語: Canadian aboriginal syllabicsカナダ先住民シラビックスとも)は、カナダ先住民のいくつかの言語を表記するための文字で、イギリス出身の宣教師ジェームズ・エヴァンズJames Evans)がデーヴァナーガリーと英語のピットマン式速記をもとに1840年に考案したクリー語およびオジブウェー語表記のための文字と、それを他の言語のそれぞれの音韻体系に合わせて修正したものの総称。

特徴[編集]

一文字が一音節を表すが、子音を表す文字の向きによって後に続く母音が決まるという体系から、音節文字ではなくアブギダに分類される。この文字群の名称のsyllabics(シラビックス)に「音節文字」の訳が当てられることがあるが、文字分類における「音節文字」を指す語はsyllabary(シラバリー)であり、これらは慎重な区別を要する。

使用状況[編集]

現在この文字は、クリー語、オジブウェー語のほか、イヌイットの話すイヌクティトゥット語の表記にも使用される。ただしこれらの言語の中でも、この文字をまったく使用せずラテン文字表記のみをする地域・方言もある。以前はブラックフット語キャリア語英語版スレーヴィ語英語版チペワイアン語英語版などでも使用されていたが、すべてラテン文字表記に移行している。

カナダの公文書でも見られるこの文字群は、Unicodeに「統合カナダ先住民音節 (Unified Canadian Aboriginal Syllabics)」として割り当てられている。

オジブウェー語の先住民文字体系の一つ。Initial-初声、Vowel-中声、Final-終声


Unicode[編集]

以下の領域に次の文字が収録されている。

U+ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
1400
1410
1420
1430
1440
1450
1460
1470
1480
1490
14A0
14B0
14C0
14D0
14E0
14F0
1500
1510
1520
1530
1540
1550
1560
1570
1580
1590
15A0
15B0
15C0
15D0
15E0
15F0
1600
1610
1620
1630
1640
1650
1660
1670
18B0
18C0
18D0
18E0
18F0

外部リンク[編集]

  • 表示できるフォントについて