ベンガル文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ベンガル文字
Tagore handwriting Bengali.jpg
手書きのベンガル文字による(ラテン文字による英語訳つき)。1926年。
類型: アブギダ
言語: ベンガル語アッサム語
時期: 11世紀-現代[1]
親の文字体系:
Unicode範囲: U+0980-U+09FF
ISO 15924 コード: Beng
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。

ベンガル文字(ベンガルもじ、বাংলা লিপি Bangla lipi)は主にベンガル語アッサム語を表記する文字デーヴァナーガリーと同じように一つの単語内でつなげられる文字は上の棒でつなげて書く。

この文字では子音につく母音チベット文字のように附属記号で表記する。これがない場合は日本語のOより少し口を大きく開いたような発音になる。

歴史[編集]

ベンガル文字の起源をさかのぼるとインドの他の文字と同様ブラーフミー文字に突き当たる。長い間は『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』をサンスクリット語で表記する際の文字として使用されてきた。15世紀-16世紀、アッサム人のスリマンタ・サンカルデバは作品の全てをこの文字で残している。1778年にはチャールズ・ウィルキンズ英語版によって提案された正書法が定められた。また昔は各地方によってたくさんの異字体があったが、現在はアッサム人ベンガル人が受け継いだものだけが残っている。

文字一覧[編集]

母音[編集]

ベンガル文字には11の母音字があるが、発音が同じものや二重母音も含むので発音上の母音は見た目より少ない。

母音字 母音記号
(ক[kɔ]についたもの)
ラテン文字転写 IPA
(記号なし) kô,ko [kɔ,ko]
কা ka [ka]
কি ki [ki]
কী ki [ki]
কু ku [ku]
কূ ku [ku]
কৃ kri [kri]
কে kê,ke [kæ,ke]
কৈ koi [koj]
কো ko [ko]
কৌ kou [kow]

子音[編集]

ベンガル文字には32個の子音がある。この中には使用頻度が極端に低いものや、現代ではあまり使われないものも含む。

子音字 文字名称 発音 IPA
k [k]
khô kh [kh]
g [g]
ghô gh [ gɦ]
ungô, umô ng [ŋ]
chô ch [tʃ]
chhô chh [ tʃh]
borgio jô
(burgijjô)
j [dʒ]
jhô jh [dʒɦ]
ingô, niô n [ɲ]
ţô ţ [ʈ]
ţhô ţh h]
đô đ [ɖ]
đhô đh ɦ]
murdhonno nô
(moddhennô)
n [n]
t [ t̪]
thô th [ t̪h]
d [d̪]
dhô dh [d̪ɦ]
donto nô
(dontennô)
n [n]
p [p]
phô ph [ph]
b [b]
bhô bh [bɦ]
m [m]
ôntostho jô
(ontostejô)
j [dʒ]
bôe shunno rô r [ ɾ]
l [ l]
talobbo shô
(taleboshshô)
sh and s [ʃ]/[s]
murdhonno shô sh [ʃ]
donto shô
(donteshshô)
sh and s [ʃ]/[s]
h [h]
য় ôntostho ô
(ontosteô)
e and - e/-
ড় đôe shunno ŗô ŗ [ɽ]
ঢ় đhôe shunno ŗô ŗh [ɽ]

特殊記号[編集]

কについた状態のもの 記号名 働き 発音 IPA
ক্ hôshonto 子音のみを表す - [k]
কং ônushshôr 軟口蓋鼻音を附属させる ņ [kɔŋ]
কঃ bishôrgo 直後の子音を促音化させる  : [kɔh] / [kɔ]
কঁ chôndrobindu 子音を鼻母音化させる ñ [kɲ]

数字[編集]

ベンガル文字の数字には算用数字のほか、次のような固有のものがある。

算用数字 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ベンガル数字
発音 shunno êk dui tin char pañch chhôe shat nôe
শুন্য এক দুই তিন চার পাঁচ ছয় সাত আট নয়
アッサム語での名前 xuinno ek dui tini sari pas sôy xat ath

コンピューター処理[編集]

ベンガル文字は上と下に記号をつけていくため複雑なコンピューター処理を必要とする。2001年からはUnicodeでも使えるようになったが、歴史的に2つの字体が存在するという問題は解決していない。

Unicode一覧[編集]

U+ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
0980
0990
09A0
09B0 ি
09C0
09D0
09E0
09F0

キーボード[編集]

Windowsのベンガル語キーボードの配列は以下の通り。

赤字部分は「右Alt」を用いて入力。デーヴァナーガリー(ヒンディー語など)と同じく、InScript配列になっている。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bengali”. Ancient Scripts. 2008年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]