バンバラ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンバラ語
Bamanankan
話される国 マリ共和国の旗 マリ
コートジボワールの旗 コートジボワール
地域 マリ中南部とその国外
母語話者数 4,072,040人[1]
言語系統
ニジェール・コンゴ語族 ?
表記体系 ラテン文字ンコ文字
言語コード
ISO 639-1 bm
ISO 639-2 bam
ISO 639-3 bam
テンプレートを表示

バンバラ語 (bamanankan, bambara) は、アフリカマリ共和国コートジボワールで話されるニジェール・コンゴ語族マンデ語派英語版西マンデ語に属する言語である。ジュラ語に非常に近い。ISO 639-1 は bmである。

言語名別称[編集]

  • バマコ語(Bamako)
  • Bamanakan
  • バマナンカン語(Bamanankan)
  • バマナ語(Bamana)

方言[編集]

  • サン方言 San (bam-san)
  • Beledugu (bam-bel)
  • Ganadugu (bam-gan)
  • ソモノ方言 Somono (bam-som)
  • ワスル方言 Wasulu (bam-was)
  • セグ方言 Segou (bam-seg)
  • シカソ方言、スィカソ方言 Sikasso (bam-sik)
  • Standard Bambara (bam-sta)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bamanankan,2014-03-08閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]