原カナン文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原カナン文字
類型: アブジャド
言語: カナン語群
時期: 紀元前1400年頃から紀元前1050年
親の文字体系:
子の文字体系: フェニキア文字
その他にも数多くあるとされる
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年
完全な系図

原カナン文字(げんカナンもじ)とは、青銅器時代後期(紀元前15世紀頃~)のレパント文書にみられる、22の象形文字からなる頭音書法英語版(アクロフォニー)による子音文字である。紀元前1050年を境とし、それ以前の文字を慣習的に原カナン文字と呼び、それ以降の文字はフェニキア文字と呼ぶ。原カナン文字で書かれた約10の碑文が現在のイスラエルとレバノンで見つかっている。

他の文字との関係[編集]

原カナン文字はヒエログリフを祖とし、フェニキア文字の前身であるが、西はアラビア文字ギリシア文字ヘブライ文字ラテン文字キリル文字ティフナグ文字(ベルベル語の文字) から、東はモンゴル文字、一説によるとパスパ文字を経由してハングルにいたるまで、今日用いられているほぼすべてのアルファベットの原型ともなっている。このうちヘブライ文字は原カナン文字に最も近く、字形に変化が加えられているほかはほとんど同じであるが、ヘブライ語はカナン語群のひとつであり、太古の発音では、原カナン文字のもとになった言語とほぼ同じ子音体系を有していたことを考えればそれも驚くにはあたらない。

原カナン文字の祖形となる文字が、1905年と1999年にエジプト中部で発見されており、おそらくこの古代文字にはまだ部分的に表語文字的な性質が残っていたものと思われる(ワディ・エル・ホル文字と原シナイ文字参照)。この文字体系は後世のものより字数が多いとみられ、異体字を用いていた可能性もある。

特徴[編集]

ギリシア文字、アラビア文字、ヘブライ文字に受け継がれている個々の文字の呼び名は、おそらくすでに原カナン文字に存在していたと考えられている。文字名は頭音法の原則(文字名の初めの音がその文字の音価になっている)に基づいており、ヒエログリフの文字名のセム語による訳語が起源であると推定されている。たとえば、エジプト語の"nt"(水)がセム語の"mem"(水)になり、のちのラテン文字Mになった、エジプト語の"drt"(手)がセム語の"kapp"(手)になり、のちのラテン文字Kになった、など。

文字の順序はわかっていない。近縁とされるウガリト文字楔形文字)ではABGD順とHLḤM順の2種類の順序があった。ABGD順はヘブライ文字、ギリシア文字、ラテン文字の順序に似ており、HLḤM順は南アラビア文字ゲエズ文字で確認されている。

原カナン文字22文字を再建したものと、対応するフェニキア文字、さらにヘブライ文字、ギリシア文字、ラテン文字、アラビア文字、キリル文字を以下に掲げる。

原カナン文字 フェニキア文字 音価、呼び名、意味 後身の各文字
Proto-semiticA-01.svg PhoenicianA-01.svg ʼ ʾalp 「雄牛」 א Α A ا
Proto-semiticB-01.svg PhoenicianB-01.svg b bet 「家」 ב Β B ب
Proto-semiticG-01.svg PhoenicianG-01.png g gaml 「投げ棒」 ג Γ C-G ج
Proto-semiticD-01.svg Proto-semiticD-02.svg PhoenicianD-01.png d digg 「魚」 ד Δ D ذ-د
Proto-semiticE-01.svg PhoenicianE-01.png h haw / hll 「歓呼」 ה Ε E ه Є
Proto-semiticW-01.svg PhoenicianW-01.png w waw 「鉤」 ו
Ϝ-Υ
F-U-V-W-Y
و
Proto-semiticZ-01.svg PhoenicianZ-01.png z zen /ziqq 「手枷」 ז Ζ Z ز З
Proto-semiticH-01.svg PhoenicianH-01.png ḥet 「庭」 ח Η H خ-ح
Proto-semiticTet-01.png PhoenicianTet-01.png ṭēt 「車輪」 ט Θ ظ-ط Ѳ
Proto-semiticI-02.svg PhoenicianI-01.png y yad 「腕」 י Ι I-J ي
Proto-semiticK-01.svg PhoenicianK-01.png k kap 「手」 כ Κ K ك
Proto-semiticL-01.svg PhoenicianL-01.png l lamd 「突き棒」 ל Λ L ل
Proto-semiticM-01.svg PhoenicianM-01.png m mem 「水」 מ Μ M م
Proto-semiticN-01.svg PhoenicianN-01.png n naḥš 「蛇」 נ Ν N ن
Proto-semiticX-01.png Proto-semiticX-02.png PhoenicianX-01.png s samek 「魚」 ס Ξ X Ѯ
Proto-semiticO-01.png PhoenicianO-01.png ʻ ʿen 「目」 ע Ο O غ-ع
Proto-semiticP-01.svg PhoenicianP-01.png p piʾt 「道の折れ曲がり、くま」 פ Π P ف
SemiticTsade-001.png SemiticTsade-002.png PhoenicianTsade-01.png ṣad 「植物」 צ ϻ ص-ض ц
Proto-semiticQ-01.svg PhoenicianQ-01.png q qup 「猿」 ק Ϙ Q ق Ҁ
Proto-semiticR-01.svg PhoenicianR-01.png r raʾs 「頭」 ר Ρ R ر
Proto-semiticS-01.svg PhoenicianS-01.png š/ś šimš 「太陽、蛇形章」 ש Σ S ش-س Ш
Proto-semiticT-01.svg PhoenicianT-01.png t taw 「署名」 ת Τ T ث-ت

参考文献[編集]

  • Ouaknin, Marc-Alain; Bacon, Josephine (1999). Mysteries of the Alphabet: The Origins of Writing. Abbeville Press. ISBN 0789205211. 
  • Cross, F.M. (1991) "The Invention and Development of the Alphabet" in Senner, Wayne M. (ed.) The Origins of Writing. Lincoln: University of Nebraska Press. ISBN 0-8032-9167-1. Paperback
  • Diringer, David and Freeman, Hilda (1983) A History of the Alphabet. Headley-on-Thames: Gresham Books. ISBN 0-946095-03-5
  • Healey, John. (1990) The Early Alphabet. London: British Museum.
  • Naveh, Joseph. (1982) The Early History of the Alphabet. Leiden: E.J. Brill; also: (Magnes Press: The Hebrew University, Jerusalem, 1987)
  • McNeill-Black, Dr. A.E. (1994)"Human Migrations and the Written Word."
  • Remo Mugnaioni (2004) "Aux origines de l'alphabet" sur le site de l'Institut des langues anciennes de l'École Normale Supérieure de Lyon (http://languesanciennes.ens-lsh.fr).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]