Β

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Beta uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη エータ Ττ タウ
Θθ テータ Υυ ユプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ キー
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ
San uc lc.svg サン Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
その他の文字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sho uc lc.svg ショー
Heta uc lc.svg ヘータ

Β, β(ベータ、ベーター、ヴィタ、希: βητα, 英: beta)は、ギリシア文字の一つ。伝統的な配列では2番目にくる。音価は、現代語では/v/。ラテンアルファベットB(ビー)、キリル文字В(ヴェー)はこの文字を起源とし、キリル文字のБはこの文字の変形と考えられる。 音声記号(発音記号)として、小文字は「有声両唇摩擦音」をあらわす。

  • 大文字の「Β」は、
  • 小文字の「β」は、
    • 数学で、αに次ぐ第2の定数としてしばしば用いられる。
    • 高校数学などで、αと組になる2次方程式の解、また角度を表すのに用いる。
    • ドイツ語の「ß(エスツェット)」が表示できない環境で、ここにßという文字が入ることを示す印の代用に用いられることがある(例「Weiß kreuz→Weiβ kreuz」)。尚、英文タイプライターなどでßが出ないときの本来の代用表記のやり方はssで表す方法である。
    • 主に日本語に無い漢字について、他の字と組み合わせて阝(おおざと、こざと)の代用として使われることがある。
      • 例: [β介]=阶(「階」の簡体字)
    • 電気回路エミッタ接地回路における電流増幅率

Β/βのつく用語[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Β U+0392 1-6-2 Β
Β
Β
β U+03B2 1-6-34 β
β
β