В

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cyrillic letter Ve.png
キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
Ђ Е Ё Ѐ Є Ж З
Ѕ И І Ї Й Ѝ Ј
К Ќ Л Љ М Н Њ
О П Р С Т Ћ У
Ў Ф Х Ц Ч Џ Ш
Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я
非スラヴ系文字
Ӑ Ӓ Ә Ӛ Ӕ Ғ Ӷ
Ҕ Ӗ Ӂ Җ Ӝ Ҙ Ӟ
Ӡ Ӣ Ӥ Ҋ Ҡ Қ Ҟ
Ӄ Ҝ Ӆ Ӎ Ң Ӊ Ӈ
Ҥ Ө Ӧ Ӫ Ҧ Ҏ Ҫ
Ҭ Ҵ Ӳ Ӯ Ү Ұ Ӱ
Ҳ Һ Ҩ Ҷ Ӌ Ҹ Ӵ
Ҽ Ҿ Ӹ Ҍ Ӭ Ӏ
初期キリル文字
Ҁ Ѹ Ѡ Ѿ Ѻ Ѣ
Ѥ Ѧ Ѫ Ѩ Ѭ Ѯ Ѱ
Ѳ Ѵ Ѷ
キリル文字一覧

В, в は、キリル文字のひとつ。ラテンアルファベットB とともにギリシャ文字Β(ベータ)に由来し、大文字の形が似ているが、発音は異なる。ラテンアルファベットの B に相当する文字は、同じく Β(ベータ)に由来する、Б である。

由来[編集]

ギリシア文字Β β(ベータ)に由来する。ベータは古ギリシア語で [b] と発音され、新ギリシア語で [v] と発音された。ベータはフェニキア語Phoenician beth.svg(ベート)に起源を持つ。

呼称[編集]

音素[編集]

原則として [v]有声唇歯摩擦音)を表す。但し、摩擦力は西欧語より弱い様で、[w]有声両唇軟口蓋接近音)にも聞こえることがある。そのためか、日本語ではしばしばワ行に転写される。

  • ロシア語やブルガリア語では、無声子音の前や語尾に位置した場合に原則として無声化する。日本語では、[v] で表される場合は「ヴァ」行、[f] になる場合は「フ」で表す。但し、これはこの文字に限った話ではないが、「ヴァ」の音はワ行やバ行で表されることがある。
  • ウクライナ語では原則として無声化しない東ウクライナからではロシア語同様無声化する場合が多い。基本的には母音を伴う場合は [v]、それ以外はどの位置にあっても [w] となる。これは、ベラルーシ語の ў に用法的にも発音的にも合致する。但し、地域によって発音の差は大きい。キエフなど中部ウクライナではすべての場合において [ʋ] と発音されることが多く、東ウクライナではロシア語同様無声化する場合もある。東ウクライナや西ウクライナでは [v][w] を併用する原則どおりの発音である場合が多い。日本語転写では、[v] で表される場合は「ヴァ」行、[w] で表される場合は「ウ」(ワ行)で表すことになるが、中部ウクライナの発音に沿ってすべて「ヴァ」行で表すことも稀に見られる。ロシア語の「フ」と異なる[1]

アルファベット上の位置[編集]

ウクライナ語、セルビア語、ブルガリア語、ベラルーシ語、マケドニア語、ロシア語の第3字母である。

Вに関わる諸事項[編集]

ギリシャ語から語彙を借用する際、ラテン文字を用いる言語では「β」を古典ギリシャ語に基づいて "b" で表すが、キリル文字圏では「в」で表した。しかし、比較的新しい西欧経由で伝わった語彙に関しては「б」で表す。

  • символ/英語: symbol(シンボル)
  • био-/英語: bio-(「生命、生物」の意の接頭語)

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
В U+0412 1-7-3 В
В
в U+0432 1-7-51 в
в

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Орфоепічний словник / Укладач М. І. Погрібний — К.: Радянська школа, 1984

参考文献[編集]

  • (ウクライナ語) Сучасна українська мова / О. Д. Понаморів, В. В. Різун та ін.; За ред. О. Д. Понаморева. — 2-ге вид., перероб. — К.: Либідь, 2001.(O・ポノマリーウ編『現代ウクライナ語』第2版、キエフ、2001)