Π

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pi uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη エータ Ττ タウ
Θθ テータ Υυ ユプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ キー
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ
San uc lc.svg サン Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
その他の文字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sho uc lc.svg ショー
Heta uc lc.svg ヘータ

Π, π(パイ、ピ、ピー、希: πι / πῖ, 英: pi)はギリシア文字の一つで、伝統的な配列では、その第 16 番目に置かれる。古典ギリシア語ではピー、現代ギリシア語ではと発音されるが、日本では英語式発音に倣ってパイと呼び習わされている。 ラテンアルファベットP に相当する。また、キリル文字П はこの文字に倣ったものである。

音価[編集]

通常 [p] 音を表す。また現代ギリシア語で μπ の組み合わせは /b/ (語頭において)または /mb/ (その他の場所において)を表す。

記号としての用法[編集]

  • 一般に小文字で書いて円周率を表す。「周囲」を表すギリシャ語 περιφέρεια(periphéreia ペリフェレイア)の頭文字を取ったものである。
  • 数学で、大文字で用いて集合族の直積や数列の (product) を表す。 例:
\prod_{i=m}^n a_i =a_m \times a_{m+1} \times \cdots \times a_n
なお、直径を表す記号⌀(Boundy diameter symbol.png )(まる)の代用記号で一般に「パイ」と呼称されている記号には Φ が用いられているため、混用に注意する必要がある(「パイ」は「ファイ」の転訛)。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Π U+03A0 1-6-16 Π
Π
Π
π U+03C0 1-6-48 π
π
π