ペルシア文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ペルシア文字
Farsi.svg
ナスタアリーク体による「ペルシア語」
類型: アブジャド
言語: 現代ペルシア語
時期: 7世紀頃-現在[要検証 ]
親の文字体系:
アラビア文字
  • ペルシア文字
姉妹の文字体系: マニ文字
Unicode範囲: アラビア文字ブロックに含まれる。
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年
完全な系図

ペルシア文字(ペルシアもじ)あるいはペルシャ文字(ペルシャもじ)(ペルシア語: الفبای فارسی)とは、アラビア語から 取り入れた28文字と、ペルシア語にあってアラビア語にない音を表すために作られた4文字とを合わせた32文字のこと。

概要[編集]

ペルシア語はイランペルシャ)、アフガニスタンタジキスタンなどに話される。インド・ヨーロッパ語族に属するペルシャ語はヨーロッパ諸語やヒンディー語などと近い親戚にあたる。7世紀にアラブに征服されてから、次第にアラビア語の文字であるアラビア文字を用いてペルシア語が表記されるようになった。特に、9世紀サーマーン朝下において、それは発達した。そうしてできた文字体系が、俗に言うペルシア文字である。

ペルシア語の音韻体系に合わせ、いくつか字母が追加され、またアラビア語と発音が若干異なる文字もある。また、ペルシア文字の基本書体は、ナスタアリーク体であり、この点もアラビア語とは異なる(「イスラームの書法」を参照)。

歴史上のペルシア語表記[編集]

ちなみに、このペルシア文字(アラビア系文字)以前のペルシア語の文字体系としては、

などがあった。これら3種の文字体系は、それぞれ異なる系統に属する。

字母[編集]

ペルシア文字では、ペルシア語にあってアラビア語にない音を表すため、以下の4つの文字が追加されている。

(更に、特徴的な字形を持つ「ك」(kāf, /k/)と「ي」(yāʾ, /y/)も、シンプルに「ک」と「ی」になっている。)

文字 پ چ ژ گ
音価 /p/ /ʧ/ /ʒ/ /ɡ/

また、以下のように数字の4, 5, 6はアラビア語とは異なる字体を用いるのが一般的である。

西洋数字 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
アラビア語 ٠ ١ ٢ ٣ ٤ ٥ ٦ ٧ ٨ ٩
ペルシア語 ۰ ۱ ۲ ۳ ۴ ۵ ۶ ۷ ۸ ۹

コンピュータ[編集]

キーボード[編集]

Windowsのペルシャ語キーボード。

Persian keyboard win.png

関連項目[編集]