オスマン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスマン語
لسان عثمانی‎, lisân-ı Osmânî
話される国 オスマン帝国
消滅時期 1928年言語改革により廃止
言語系統
アルタイ語族
表記体系 アラビア文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 ota
ISO 639-3 ota
テンプレートを表示

オスマン語(オスマン語: لسان عثمانی‎, lisân-ı Osmânîラテン文字転写、現代トルコ語: Osmanlıca)とは、オスマン帝国時代に公用語として使われた言語。 テュルク系言語であることを強調して、現代トルコ語などで、オスマン・トルコ語Osmanlı Türkçesi)と呼ばれる場合もある。

現在の共和国トルコ語と連続する言語を基礎にしているが、語彙、語法の面で現代トルコ語をもはるかにしのぐほどアラビア語ペルシア語の要素が大きい。又その他にはギリシア語などの言語からの借用語も多く存在している。文章によってはトルコ語固有の語がほとんど出てこないものすら存在し、現代トルコ語とは大きな断絶がある。文字はアラビア文字で書かれる。

オスマン帝国の公用語として、帝国領内のバルカンアナトリアシリアアラビア半島北アフリカ等で行政言語として広く用いられた。また、帝国の支配エリートが共有するべき教養の1つとしても機能したため、オスマン帝国が支配下の諸民族を統合する上で大きな役割を果たした。

歴史[編集]

歴史的にオスマン語は3つの変種に区分される。

古オスマン語(Eski Osmanlıca
古アナトリア・トルコ語とも呼ばれる。16世紀頃まで、セルジューク朝や、アナトリアの君侯国(Beylik)、初期のオスマン帝国にて使われた変種を指す。
古典オスマン語(Orta Osmanlıca
オスマン帝国最盛期の16世紀から、19世紀半ばのタンズィマート改革期まで使われた変種を指す。主に行政文書や、法学書、文学(韻文、散文)などで使われた。アラビア語、ペルシア語の顕著な影響の下で、非常に複雑で洗練された文体が形成された。一般的にオスマン語といえば、この変種を指すことが多い。
新オスマン語(Yeni Osmanlıca
19世紀半ばから20世紀初頭まで使われた変種。新聞や小説等の近代的な媒体の登場により成立した。古典期に比べ文体は簡略化され、徐々に口語の表現に近付けていく努力が行われた。また、フランス語を初めとする多くの外来語がオスマン語に取り入れられた。現代トルコ語とほぼ同一の文法・語法を持っており現在のトルコ共和国の1940年代以前生まれの世代の日常語に近い言語であるが、アタテュルクはこれをも不充分とし更なる言語純化運動を推進、現代トルコ語を成立させた。

現在の状況[編集]

トルコ共和国の成立と、ムスタファ・ケマル・アタテュルク言語改革によりオスマン語は公用語の地位を外れた。 現在では実質死語となっているが、オスマン帝国の研究者を中心に今でも学ばれている。

トルコ国内にも、保守派知識人の一部にオスマン語復活論者が存在している。

主要単語[編集]

日本語 オスマン語 現代トルコ語
必要 واجب (vâcib) zorunlu
問題 مشکل (müşkül) güçlük, sorun
都市 شهر (şehir) kent

文字[編集]

単独形 尾字 中字 頭字 文字名 現代トルコ語
ا elif a, e
ء‎ hemze ', a, e, i, u, ü
ب be b
پ pe p
ت te t
ث se s
ج cim c
چ çim ç
ح ha h
خ h
د dal d
ذ zel z
ر re r
ز ze z
ژ je j
س sin s
ش şın ş
ص sat, sad s
ض ﺿ dat, dad d, z
ط t
ظ z
ع ayın ', h
غ gayın g, ğ
ف fe f
ق kaf k
ك kef k, g, ğ, n
گ gef¹ g, ğ
ڭ nef, sağır kef n
ل lam l
م mim m
ن nun n
و vav v, o, ö, u, ü
ه he h, e, a
lamelif la
ی ye y, ı, i

1A correct Ottoman variant of gef will have the "mini-kaf" of ﻙ and the doubled upper stroke of گ. This feature is surely rare in current fonts.

関連項目[編集]