デモティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デモティック
DemoticScriptsRosettaStoneReplica.jpg
ロゼッタ・ストーンに刻まれたデモティック
類型: 表語文字 (一部の文字はアブジャドの性格を持つ)
言語: エジプト語
時期: 紀元前650年頃-紀元後5世紀
親の文字体系:
子の文字体系: コプト文字
メロエ文字
Unicode範囲: 割り当てなし
ISO 15924 コード: Egyd
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。

デモティック民衆文字、Demotic)は、古代エジプトエジプト語を表記するのに使われた3種類の文字のうちの1つである。

古代エジプトでは石に刻むためのヒエログリフ(聖刻文字)と筆記用のヒエラティック(神官文字)の両方が並んで発達し、後にヒエラティックを崩した簡略文字であるデモティックが作られたと考えられる。ただし、デモティック書体で木や石に刻んだものも多く残っている。

デモティックは古くは紀元前660年に使われているのが見つかっており、紀元前600年には古代エジプトでは標準的な書体となったと見られている。4世紀にはエジプトでもギリシア文字を基にしたコプト文字が使われており、デモティックはそれ以後使われなくなった。現在見つかっているデモティックの最後の使用例は、紀元451年フィラエ神殿の壁に刻まれたものである。

デモティック期のエジプト語[編集]

デモティックという語は、この文字を用いて書かれた、新エジプト語後期の段階を指す場合もある。デモティックによるエジプト語は、その後に現れたコプト・エジプト語に非常に近いものである。当初、デモティックで書かれたエジプト語の表現は、当時使用されていた常套句が多く含まれるなど、当時の人々の日常語の特徴を多く有していたものと思われる。しかし、デモティックの使用が次第に文学や宗教文書などの、非日常的な分野に限られてくるようになると、デモティックによるエジプト語は人工的な性格を帯びるようになり、当時の日常語からの乖離が大きくなっていった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]