線文字B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
線文字B
NAMA Linear B tablet of Pylos.jpg
類型: 音節文字 および表語文字
言語: ミケーネ・ギリシャ語英語版(古代ギリシア語の古形)
時期: 紀元前1450年から紀元前1375年
親の文字体系:
おそらく線文字A
  • 線文字B
Unicode範囲: U+10000–U+1007F syllabic signs
U+10080–U+100FF logograms
ISO 15924 コード: Linb
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。
アーサー・エヴァンズによって発見された、線文字Bが刻まれた石版
石版

線文字B(せんもじビー、Linear B)は、紀元前1450年から紀元前1375年頃までミュケナイ時代に、ギリシャ本土からエーゲ海諸島の王宮で用いられていた文字である。

概要[編集]

1900年に、クレタ島クノッソス宮殿跡から出土した粘土板に刻まれていた文字群の一つ。発見者であるイギリスの考古学者サー・アーサー・エヴァンズにより線文字Bと命名された。同時に発見された線文字Aから派生したとされる。エヴァンスは、ミノア文明独自の言語で書かれていると誤って推測し、解読は絶望視された。しかし、1939年にギリシャ本土で同文字が記された粘土板が大量に発掘され、また、名詞の単・複数形等とおぼしき語尾変化のパターンの発見等、地道な研究成果が蓄積されていく。そして1953年、イギリスの建築家マイケル・ヴェントリスと言語学者ジョン・チャドウィックによりギリシア語として解読された。アマチュア研究者ヴェントリスの研究手法は手堅いものであったが、ミケーネ・ギリシャ語英語版と看破したのは、彼の独創と言える。

線文字Bは、書簡や論文などには使用されず、また、文字が書き留められた粘土板は、人為的に焼成されていないことから、単純に記録を伝えるためだけに用いられたものと考えられている。日本の仮名と同様に音節文字であるため、ギリシャ語を表記する上であまり機能的ではなかったようで、後代に引き継がれず、ミケーネ文明の崩壊と共に消失したとされる。ただし、線文字Aは古代キプロスの文字に発展したとする説もある。なお、よく知られているように、ギリシア文字フェニキア文字から発展したもので、線文字とは系統が異なる。

Recognised signs of shape V, CV[note 1]
-a -e -i -o -u
𐀀 Linear B Syllable B008 A.svg

*08

𐀁 Linear B Syllable B038 E.svg

*38

𐀂 Linear B Syllable B028 I.svg

*28

𐀃 Linear B Syllable B061 O.svg

*61

𐀄 Linear B Syllable B010 U.svg

*10

d- 𐀅 Linear B Syllable B001 DA.svg

*01

𐀆 Linear B Syllable B045 DE.svg

*45

𐀇 Linear B Syllable B007 DI.svg

*07

𐀈 Linear B Syllable B014 DO.svg

*14

𐀉 Linear B Syllable B051 DU.svg

*51

j- 𐀊 Linear B Syllable B057 JA.svg

*57

𐀋 Linear B Syllable B046 JE.svg ye

*46

𐀍 Linear B Syllable B036 JO.svg

*36

k- 𐀏 Linear B Syllable B077 KA.svg

*77

𐀐 Linear B Syllable B044 KE.svg

*44

𐀑 Linear B Syllable B067 KI.svg

*67

𐀒 Linear B Syllable B070 KO.svg

*70

𐀓 Linear B Syllable B081 KU.svg

*81

m- 𐀔 Linear B Syllable B080 MA.svg

*80

𐀕 Linear B Syllable B013 ME.svg

*13

𐀖 Linear B Syllable B073 MI.svg

*73

𐀗 Linear B Syllable B015 MO.svg

*15

𐀘 Linear B Syllable B023 MU.svg

*23

n- 𐀙 Linear B Syllable B006 NA.svg

*06

𐀚 Linear B Syllable B024 NE.svg

*24

𐀛 Linear B Syllable B030 NI.svg

*30

𐀜 Linear B Syllable B052 NO.svg

*52

𐀝 Linear B Syllable B055 NU.svg

*55

p- 𐀞 Linear B Syllable B003 PA.svg

*03

𐀟 Linear B Syllable B072 PE.svg

*72

𐀠 Linear B Syllable B039 PI.svg

*39

𐀡 Linear B Syllable B011 PO.svg

*11

𐀢 Linear B Syllable B050 PU.svg

*50

q- 𐀣 Linear B Syllable B016 QA.svg qa

*16

𐀤 Linear B Syllable B078 QE.svg qe

*78

𐀥 Linear B Syllable B021 QI.svg qi

*21

𐀦 Linear B Syllable B032 QO.svg qo

*32

r- 𐀨 Linear B Syllable B060 RA.svg

*60

𐀩 Linear B Syllable B028 RE.svg

*27

𐀪 Linear B Syllable B053 RI.svg

*53

𐀫 Linear B Syllable B002 RO.svg

*02

𐀬 Linear B Syllable B026 RU.svg

*26

s- 𐀭 Linear B Syllable B031 SA.svg

*31

𐀮 Linear B Syllable B009 SE.svg

*09

𐀯 Linear B Syllable B041 SI.svg

*41

𐀰 Linear B Syllable B012 SO.svg

*12

𐀱 Linear B Syllable B058 SU.svg

*58

t- 𐀲 Linear B Syllable B059 TA.svg

*59

𐀳 Linear B Syllable B004 TE.svg

*04

𐀴 Linear B Syllable B037 TI.svg

*37

𐀵 Linear B Syllable B005 TO.svg

*05

𐀶 Linear B Syllable B069 TU.svg

*69

w- 𐀷 Linear B Syllable B054 WA.svg

*54

𐀸 Linear B Syllable B075 WE.svg we

*75

𐀹 Linear B Syllable B040 WI.svg wi

*40

𐀺 Linear B Syllable B042 WO.svg

*42

z- 𐀼 Linear B Syllable B017 ZA.svg

*17

𐀽 Linear B Syllable B074 ZE.svg

*74

𐀿 Linear B Syllable B020 ZO.svg

*20

脚注[編集]

  1. ^ In linguistics C and V in this type of context stand for consonant and vowel.

関連項目[編集]