クセノポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クセノポン

クセノポン(クセノポーン、: Ξενοφών: Xenophon紀元前427年?-紀元前355年?)は、古代ギリシア軍人哲学者著述家アテナイ騎士階級の出身。クセノフォンとも。

クセノポンはグリュロスなる人物の息子で、(古代ギリシアでは父の名を息子につける慣習があるため)同名の息子がいる。息子のグリュロスは紀元前362年マンティネイアの戦いでテバイの名将エパメイノンダスを討ち取ったといわれる(パウサニアス, VIII. 11. 6; IX. 15. 5)。

ソクラテスとの出会い[編集]

クセノポンがソクラテスの弟子になるにあたっては、次のようなことがあったと、ディオゲネス・ラエルティオス著の『ギリシャ哲学者列伝』(第2巻第6章)に書かれている。

青年時代、アテナイの町を歩いていると、ソクラテスがやってきて、杖でクセノポンの行く手を阻んだ。ソクラテスは、青年クセノポンに尋ねる。「○○を手に入れるには、どこに行けばよいか知っているか?」。クセノポンが答えると、ソクラテスは畳み掛けるように、さまざまな食料品についてこの質問を繰り返した。クセノポンがいちいちそれに答えると、最後にソクラテスはこう言った。「では、立派な人になるためには、どこに行けばよいか知っているか?」。クセノポンが答えられないでいると、ソクラテスはこう言った。「では、私のところに来て、勉強しなさい」。クセノポンは、この時以降、ソクラテスの弟子になったという。

ペルシアへ[編集]

クセノポンは若いころ、ペルシアアルタクセルクセス2世の弟キュロスが兄王を打倒すべく雇ったギリシア傭兵に参加した(紀元前401年紀元前399年)。クセノポンがこのことについてソクラテスに相談すると、ソクラテスは「神様にお伺いをたてろ」と言った。しかしクセノポンは「参加するにあたっては、どの神にお供えをすればいいか」とお伺いをたててしまい、その答えを聞いてしまった。クセノポンは参加したくてたまらなかったのであろう。ソクラテスはしかたなく「『参加するにあたっては』、とお伺いを立ててしまった以上、神様にうそはつけない」として、参加を許したという。しかし、このおかげでクセノポンは師の死(紀元前399年)に立ち会うことができなかった。

ペルシアからの帰還とその後[編集]

アナバシス』はギリシア傭兵たちがまとめて小アジアに侵攻したスパルタに雇われることで終わるが、クセノポンは、そのままスパルタ軍の一員として活躍したようである。だが、アテナイの同盟国であったテーベ軍との戦争に加担する事になり、とうとうアテナイ軍を敵にまわして戦うはめになってしまった。

このため、クセノポンはペロポネソス戦争当時の敵国であったスパルタに加担して、祖国に弓を引いたということで、アテナイを追放される。追放されたクセノポンはスパルタからオリュムピア近くのスキルスに荘園をもらって住み、悠々自適の生活を送りつつ、狩猟や著述にいそしんだという。その後情勢が変わってテーベがスパルタを破ってスキルスを占領したためにクセノポンはスキルスを追われる事になる。だが、皮肉にも今度はテーベの台頭を恐れたアテナイとスパルタが同盟を結んだために、追放が解かれたクセノポンはアテナイに帰ることが出来た。没年は定かではない。

著作[編集]

クセノポンの著作全体は、ギリシア語の模範テキストに多く用いられたため、ほぼ散逸すること無く現代に伝承されている。

邦訳文献[編集]

  • 『クセノポン小品集』、松本仁助訳〈西洋古典叢書〉- ※以下の8編を収む
    • 『ヒエロン―または僭主的な人』
    • 『アゲシラオス』 
    • 『ラケダイモン人の国制』
    • 『政府の財源』
    • 『騎兵隊長について』
    • 『馬術について』
    • 『狩猟について』
    • 『アテナイ人の国制』 
  • 田中秀央・吉田一次訳 『クセノポーンの馬術』(荒木雄豪編、新版:恒星社厚生閣)、最古の馬術書としての訳書。

クセノポンの登場するボードゲーム[編集]

  • Strategy&Tactics203号 Xenophon 10000 Against Persia

S&T編集長のジョー・ミランダのデザインした2人用ウォーゲーム。シャルルマーニュシステムの第2作になる。

関連項目[編集]