アナバシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナバシス』は古代ギリシアの軍人・著述家であるクセノポンの著作。アナバシス(古代ギリシャ語 : Ἀνάβασις)とは、ギリシア語で「上り」という意味[1]。クセノポンがペルシア王の子キュロスが雇ったギリシア傭兵に参加した時の顛末を記した書物である。

あらすじ[編集]

ペルシアダレイオス2世の子であるキュロスと兄アルタクセルクセスの兄弟では、弟の方が優秀であったと、クセノポンは云う。キュロスは、共に育ったペルシア人の子供たちで最も優れており、武技・弓術・馬術に並々ならぬ腕前を示し、鍛錬を怠ることがなく、勇敢であったと、クセノポンは云う。長じて父から地方の総督に任命されたが、彼が心がけていたのは、嘘をつかないということであった。このため、個人からも諸都市からも信頼された。また、自分が窮地にあっても味方を見捨てない、不正を許さない、有能な人物を重く用いるなど、統治者としての才能も示したと、クセノポンは云う。

このようなキュロスだったが、兄が王位に就きアルタクセルクセス2世となると、反乱を計画していると讒言されたと、クセノポンは云う。兄はそれを信じてキュロスを殺そうとするが、母の嘆願により、かろうじて思いとどまった。兄弟の母は、兄よりも弟キュロスの方が気に入っていたのである。キュロスは謀反を考えるようになり、ひそかに兵を集め始めた。

このような経緯でキュロスが雇ったギリシア傭兵に、クセノポンは、キュロスと親しかった友人に誘われて参加した。時は紀元前401年アテナイペロポネソス戦争で敗れた紀元前404年から3年後のことである。

キュロスの軍はサルディスを出発(紀元前401年3月)。行軍の後、バビロン近郊のクナクサでペルシア王アルタクセルクセス2世の軍と戦った(クナクサの戦い紀元前401年9月)。キュロスは血気に逸って飛び出し、兄に手傷を負わせるも、結局討たれてしまう。このためキュロスの軍はあっけなく敗れてしまった。これによって彼に雇われていたギリシア傭兵一万は、給料も支給されぬまま、異国に放り出されることとなった。

一向はギリシアに向け帰還を開始するが、撤退早々ペルシア側との交渉に出て行った指揮官が、護衛兵と共に処刑される。傭兵軍団は、クセノポン他の数名を新たな指揮官として選んだ。手持ちの食料が乏しいため、各地の村々で焼き討ち、大掛かりな略奪、奴隷狩り、虐殺を繰り返し、メスピラにおいて住民の大半を虐殺。当然行く先々で敵視され、略奪の際の抵抗も強くなる。クセノポンをはじめとする傭兵軍団は、苦労を乗り越え無辜の民衆へ甚大な被害を与え続けた後、小アジア北西部のペルガモンに辿り着く(紀元前399年3月)。到着時には、ギリシア傭兵一万は、五千にまで減っていたという。彼らはここでスパルタに雇われ、就職することができた。アナバシスが終わったのである。

なお、ソクラテスの刑死は紀元前399年。<アナバシス>中のクセノポンは師ソクラテスの死に立ち会うことができなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 『アナバシス』 松平千秋訳、筑摩書房、1985年

日本語訳[編集]