ヒッパルコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッパルコス

ヒッパルコス(Hipparchus、ギリシャ語綴り Ἳππαρχος紀元前190年ごろ - 紀元前120年ごろ)は、古代ギリシア天文学者。現代にすべてつながる46星座を決定した。

著書が現存せず、どのような説を唱えたのかははっきりしない。トレミーの48星座かみのけ座の合わせて49星座を決定したのもヒッパルコスだと言われるが、はっきりと分かっている業績は、46星座の決定のみである。[要出典]クラウディオス・プトレマイオスの『アルマゲスト』で、最も引用回数の多いのがヒッパルコスであることから、天動説を含む古代の天文学の体系を成立させたのはヒッパルコスであるという説がある。これは広く支持されているが、決定的な証明がなされていない。

年周視差の精密測定を行うため1989年8月8日に打ち上げられた人工衛星は、彼の業績を称えヒッパルコス衛星と名付けられた。ヒッパルコス衛星は予定の静止軌道に乗ることには失敗したものの、1993年6月24日に運用停止するまでに多数の有用なデータを収集した。

主な業績[編集]